2014/11/10

入浴剤は要らない。


昨年から、入浴剤を使うのをやめました。


理由は、入浴剤を使っても「入浴後の肌の乾燥は、変りがなかったから」という理由が一番です。他には入浴剤の多くは色がついています。その中でも白以外のものについては安全性に不安を覚えるものもあったからです。(白ならどれも安全というわけではなく、全般的に比較的マシという意味)

「なら、白い範囲で使えば?」と思われそうですが、結局、入浴後に肌が乾燥するのは変りがなく、色や香りを楽しむといっても、安全性に不安があり、保温効果が高まると言う点では「そもそもお湯に浸かっているんだから、それで十分」と思ったのでした。

一度使うのをやめると、入浴剤入りのお風呂に入るのはきれいに洗った身体にわざわざ異物を付着させるような気がして気持ち悪くなります。

それに入浴剤を買わなければ、節約にもなるし空き容器を処分する手間も要りません。(缶だと不燃ゴミが増える)


秋冬の入浴後の肌の乾燥は、シンプルに普通に、これが一番です。べたべたしませんし、かゆくてボリボリ掻くようなことがなくなりました。

(リンク先楽天)
ニベア スキンミルク さっぱり / ニベア●セール中●★税抜1900円以上で送料無料★ニベア スキ...


2014/09/19

塗り薬はコレで塗る。

ずっと塗り薬は指で塗っていました。


でも、あるときふと思ったのです。自分一人で使っているなら良いのですが、虫刺されの薬とか軟膏のたぐいって家族で共有していますよね。その場合、指で直接使うのは衛生的に良くない気がしたのです。

それだけではありません。

薬を塗ったあとの指は良く洗わないといけません。うっかり目を触ったりするとしみます。主婦である私は食事を扱います。そのため念入りに洗います。洗うのは良いけれど、肌が荒れます。


そこで考えました。


綿棒で塗ろう。


以来、塗り薬は綿棒で塗るようになりました。


結果として、なかなか調子が良いです。塗った手指をいちいち洗う必要がありません。家族で共有する際の衛生面も○です。


ちょっとしたことですが、とても役に立っています。




2014/09/09

真夏でも肌トラブルなしだったシンプルな方法。

お金をかけず、新たに買うものも必要のない、簡単なスキンケア方法があります。以来、とっても肌の調子がよいので紹介します。



「何も付けない」のではないですよ。
以前、試したのですが私には合いませんでした。(その時期を乗り越えると・・っていう話らしいですが中止しました。)化粧水などは普通に使っています。


方法は2つのポイントがあります。

1:湯の温度を限りなく低くする
まず、一つ目はお湯の温度設定です。


身体を洗う。
顔を洗う。
髪の毛を洗う。


これらは普通、湯で洗いますよね。


入浴時には湯船にも浸かります。



このときの湯の温度が大事です。私は、いつもの温度よりかなり低くすることにしました。まず、湯船は限界がありますので真夏はいつもは38度だったところを(真夏でも毎日、湯船に浸かります。)37度にしました。


次に、シャワーの温度です。身体を洗うときの温度です。これも自分が可能な限り低い温度に設定しました。レバーで微調整しますので、「冷たい」と感じず、「温かい、ちょうどよい」よりも低い温度まで下げます。このように、限りなく低い温度設定で身体を洗い、髪の毛を洗い、顔を洗います。



2:石けん(ボディシャンプー)を毎日使わない。
これは、時折芸能人の方が実行している話を聞くことがあります。常在菌を生かすということらしいです。あまり深く考えず「要は洗いすぎると潤いがなくなるので肌のバリヤがなくなるんだろうな。」ということなんでしょうね。毎日、石けんで洗うのをやめて、3日に一回~5日に一回だけ石けんで洗います。(私は、夜の入浴の他に、朝も真冬でも「朝シャワー」も浴びています。)石けんを使い場合はボディタオルを使わずに手で洗います。湯の温度を低くすることによって、洗浄力がマイルドになります。




ボディ用に唯一使っているローション
ちなみに、シャワーと入浴のあとに、朝晩2回、汗をかきやすいところ、つまり肌トラブルかおきやすいところにこれを塗ります。身体のスキンケアは、これだけです。もとは、肌が弱い子供用でした。今は、子供は成長でトラブらなくなり、私だけ使っています。



(リンク先は楽天)
薬用 桃の葉ローション★税抜1900円以上で送料無料★薬用 桃の葉ローション(180mL) 【HLS_DU】 /



ニオイや汚れは全く気にならない。
石けんを使い頻度を減らし、湯の温度を下げることでニオイや汚れは?と、気になると思います。これは、全く問題なしです。むしろ、肌トラブルが今年の夏は全くありませんでした。


こんな感じで一夏経過しました。結果、いつもの年は夏は肌が敏感になり、ときには皮膚科のお世話になっていました。けれども、今年はほとんどトラブルなしだったのです。


嬉しいおまけ
こんな感じで無事に暑い夏を乗り越えたのですが、嬉しいおまけがありました。ガス使用量のお知らせが入っていました。なんと、もしかして今の住まいに来ての最低金額!でした。もちろん、ガスはシャワーだけではありませんが、湯の温度設定を低くしたことが要因の可能性は大きいと思います。



入浴の時間が減った
毎日、石けんを使わないことで入浴の時間も減りました。もともと、「清潔にしないとイヤだけど、長湯は苦手」な私にはぴったりのようです。その代わり、相変わらず、朝もシャワーを浴びています。




肌を良い状態に保つのにお金も手間もいらない
肌を良い状態にするには、特別な方法は要らないのだと実感しました。今、やっている方法を、ちょっと変えてみるだけで好転するものですね。湯の温度設定などは、つい盲点になります。いつも「当たり前にやっていること」に注目するのは良い方法のようです。


最後に注意点

この方法は、全ての方に合うというわけではないと思います。私の場合は、肌が乾燥しやすい性質なのだと思います。そのため、「洗いすぎない」方法が効果が高いのだと思われます。違う肌質のかたには合わないことも考えられますので、十分、吟味して下さい。



2014/09/02

パンを食べるのをやめた。

パンを絶って、約一月半。

子供の夏休みもありましたが、菓子パンも買いませんでした。ただし、類似品はたまに食べました。厳密にはたまにパウンドケーキを作ったり、市販のバームクーヘンを買いました。


とはいえ、とりあえず「パン」をこれほど長く一度も食べなかったのは我が家には画期的でした。こうしてみると、パンって「依存性」があるような気がしています。


食べないでいれば、食べずに済むのですが、ひとたび口にすると、また食べたなるのです。しかも、あまり空腹かどうかは関係ないんですね。


というわけで、はじめは「とりあえずパンを絶ってみよう。」と思ったのですが、気がつけばいつもは立ち寄っていたパンの売り場に寄ることもありませんでした。



過去には連日、手作りパンを作った時期もありますが、当然手作りパンも食べていません。



買い物に行っても、パンという選択肢が一つ減ったのでラクになった気がします。






2014/08/29

自称「虫除け対策オタク」の私の工夫。

もしかすると私、「虫除け対策オタク」なのかもしれません。




以前にも、このブログで書いたことがありますが、以前から蚊に刺されないようにかなり注意を払っています。というのも、20年ほど前から蚊に刺されると腫れがひどくなる体質になってしまったからです。




また、子供の頃には見かけなかった「シマカ」も増え始め、ますます対策には入念になりました。それでは私なりの蚊に刺されない対策です。基本は、テレビなどで紹介されている方法と大差ありませんが、参考になれば幸いです。



①蚊の行動が活発になる時間帯の外出を控える

 蚊に限らないのですが、ハチ、アブ、その他の虫も、比較的行動していない時間帯と天候があります。そうしたときをなるべく避けて行動します。(出来れば・・の話ですが)

時間帯

活発・・昼過ぎ以降
鈍い・・早朝(早朝から午前10時くらいの間であれば比較的鈍い)


天候

活発・・晴天
鈍い・・雨天、曇り



②洋服と小物の工夫

長袖、長ズボン、ストール、ソックス、手袋・・など、紫外線対策になる服装は肌を出さないので虫が寄っても刺されにくい黒っぽい服、黄色い服を避ける・・黒っぽい服に虫が寄りやすいと同時に虫がいても発見しにくいのです。明るい色の服のほうが刺されにくく、仮に寄っても気がつくのが早くなります。黄色は蚊には当てはまらないかもしれませんが、花と間違えて虫が寄りやすい色だそうです。



③虫除けをスプレーする

以前、記事にしましたが、普段はハッカ油をスプレーします。このハッカ油は、薄めないでこのまま使います。



洗濯物を干すため、ベランダに出る直前に自分に2吹き、出入りする付近のレースカーテンに2吹きします。玄関内にもドアを開ける直前に吹き付けます。外出時は、30分~1時間でにおいが飛ぶので吹きつけ直しが必要です。でも、ハッカ油は多分マダニ対策にはなりません。

マダニ対策に唯一効果が期待できる虫除けスプレー

そこで、山に行くときは場所に応じてマダニ対策として唯一効果が期待できるとされるのは調べたところ、この品だけです

(リンク先 楽天)



ディートという成分の配合割合が、市販の虫除けスプレーのうち一番多いようです。(ただし、お子さんなどには注意して使って下さい)私は、このムヒ虫除けスプレーは、直接肌に吹き付けず、バッグ、ザック、靴、帽子、などに吹き付けています。

エアゾール式と液体スプレーの2種類ありますが、私は液体のスプレーを使います。吸い込みにくく、サイズも少し小さめで、うっかり車に置きっ放しにしても危険がないからです。使い残しの処分もエアゾールより簡単だと思います。



④玄関、ベランダ、窓に市販の虫除けを設置する。

 虫○ナーズとかです。



⑤虫を室内や車に持ち込まない。衣類を別にして良く洗う

山、公園など虫が多い場所から帰宅したときは、電車に乗る前、車に乗る前に、小物や服に虫が付いていないか確認する。洗濯は、この外出に着た物は他の衣類と分けてすすぎを大目にする(虫除けスプレーを吹き付けている。虫がいるかもしれないので)




⑥あまいシロップの食べ物に注意

外でかき氷やアイスを食べるときは、ニオイに虫が(スズメバチ、アブなど)寄ってくることがあるので周囲に注意して食べる。




⑦万が一刺されてしまったときのために、常備すると安心なもの(行き先に応じて持って行く)

ペットボトル入りの水(封をきっていないものを常備、清潔な水のない山の中で傷口や刺されたところを洗う)
虫刺されの薬
 普通の蚊で、普通の体質であれば普通のムヒなどで良いが、腫れてしまう体質の場合(私がそうです)、普通のムヒより強いタイプのムヒアルファというシリーズがおすすめです。(以前の記事あり)


・出番がないことを祈りますが山に行くときはポイズンリムーバーも持参しています。(幸い、まだ使ったことがありません)

(リンク先 楽天)



⑧香りの強い柔軟剤、洗剤、シャンプーリンス、石けん、整髪料、化粧品、香水を使わない。

最近、はやりの香りが強い柔軟剤は、虫を呼びます。



⑨外で座るときには周辺に虫がいない事を確認する。
 
山や公園で、お昼を食べようとベンチに座る前に、イスの下、テーブルの下、周辺に虫がいないか見回します。座る前に虫除けスプレーをして、舞い上がった薬が落ち着いてから座ります。


⑩事前にネットで、行き先の虫情報(?)を検索してみる。

 蚊くらいはどうしようもありませんが、ヒル、アブ、スズメバチなどは結構、出かけた人がブログなどに載せていることもあります。







「そこまでする???」

と、思われるような方法を羅列しましたが・・


実際は文章にしたほど難しくもないし面倒ではありません。

薬などは買って保管したり持ち歩くだけです。


10~20年前くらいは、たまに蚊に刺されたくらいでも、ちょっとかゆくなるくらいでしたので平気で半袖を着たり、スカートをはいていました。でも、ここ最近は、無理です。正直熱いですが、生の肌を出して虫に刺される方がいやなので我慢しています。

今年は、数年ぶりに今、ちょっと涼しくなりましたが、本当にここ5,6年は残暑が厳しかったです。虫がいつまでもいるのも、気温も大いに関係あるのでしょうね。






2014/07/08

粗大ゴミを普通ゴミサイズにカットしたら、思わぬアクシデント。

先日、迷いに迷ったリビングのラグも、やっと決定して無事に到着して、気持ちいい~と、ふかふかになった床に、ゴロゴロしてしまうこの頃。

それは良いとして、買ったからには古い物を処分せねばなりません。

Aリビングのラグ
Bダイニングのラグ
Cロングシート(長座布団のもっと長いもの)

今回、新たに買ったラグは底付き感がないので、寝転んでも背中が痛くないのです。座ってもおしりが痛くならない。で、古くなっていたこともありますがCも急遽処分することにしました。(新しく買うつもりでしたが、今回のラグで買わなくて良くなったのです。)


いずれも粗大ゴミサイズなんですね。

どうしようかな~

粗大ゴミに出すと、おそらく

A800円
B400円
C400円

合計1600円

と予想。

それは良いのですが、Cはともかく、下にゴミ収集所に持って行くのも大変。一人では無理。いろいろ考えるとお金がかかるのもそうだけど、面倒だな~と思い、普通ゴミサイズにカットすることにしました。

実際にやってみると、A,Cはそんなに大変でもなかったんです。(軍手をはめ、マスクをして作業しました。)

問題はB。何せ15年間も持ったので、丈夫で分厚いのです。無理する気はなかったのですが、段階を踏めば大丈夫そうで、4,5回にわけて作業することにしました。今朝は、全体の4分の一ほどをカット。右手には軍手を二重にはめました。

「あら、切れたじゃん。」

一度には無理でも何回かにわければ自力でカットできそうです。残り4分の三。



そのあと、スーパーに買い物に行きました。
結構、重い荷物があり、米5キロも含みました。

自転車で帰ってきて、自転車小屋で荷物がはいったエコバッグを持ったとたん・・・・


「チクッ」


一瞬、ハチにでも刺されたかと思う痛みが右手の人差し指関節内側に走りました。

見ると、付近の血管が青くなり、軽く腫れています。

「虫?」

と思いましたが、最近、自転車置場で虫は見かけないし、ハッカ油もスプレーしてたし、指を見ても指されたような跡がないのです。

とりあえず部屋に入り、洗ってもうど一度見ましたが、やっぱり虫刺されの穴が見えません。
まずは冷やせと思い保冷剤で冷やしつつ、「まさか、重い荷物を持って血管が切れた?そんなことあり?」と冷やしながら
ネットでにた事例を検索しました。

するとありがたいことに画像入りで載せている方がいました。


その方は病院に行ったそうですが、やはり直前に指に力を入れるような作業をしたのが原因だそうです。(ただし、繰り返す場合は白血病などの病気が隠れていることがあるので、そういうときは再受診と言われたらしいです。)

で、すっかり忘れていたのですが、最終的な原因は買い物の荷物を持ったことだと思います。でも今朝、軍手はしたものの、分厚いラグを強引にカットするという作業を延々やっていたわけです。

おそらく、その段階で血管がもろくなっていたんでしょう。

1時間もすると、ようやく腫れは収まりましたが、血管はまだ見た目に違和感があります。(力を入れなければ普通に動きます)

やっぱり、急に無理な事をするのは良くないですね。


素直に粗大ゴミに出すべきでした。でも、すでにほとんどカットしてしまったので、残るBのラグ4分の3はどうしようかと思案しています。


皆様も「カットして普通ゴミにしようかな~」と、あんまり無理しない方がいいですよ。




2014/06/28

普段使いにぴったりのファンデーション。

しっかりした外出と、家にいるときやスーパーに行く程度のベースメイクが同じであることが気になっていました。


調べてみると、普段のベースメイクはルーセントパウダー程度で十分らしいといことがわかりました。メイクをするようになって25年以上軽く経過しますが、基本的に固形のファンデーションしか使ったことがありません。ルーセントパウダーとは、いわゆる「粉おしろい」のことです。

ただ、ものによっては白っぽくなりすぎることが気になりましたが、お店でセルフ化粧品をチェックして見つけたのが、今回買ったこれです。

2014062802

資生堂のインテグレートのシリーズです。
資生堂のセルフ化粧品コーナーには、まったくの「粉おしろい」タイプも同じくらいの価格で売られていました。どちらも見本がありましたので、手に試してみました。すると、まったくの粉おしろいタイプの方は、色も薄いピンクで、手につけると日本人形の肌色のようになります。和服などのメイクのときは、それはそれでキレイだと思うのですが、今回の私の目的にはちょっと合わないわけです。

で、ちょっと視線を移して見つけたのが、今回買った方です。


ケースは、コンパクトになっているので、粉おしろいタイプと違い、バッグに入れて持ち歩けます。

2014062803


もちろん、鏡とパフもついています。
パフは片面は、モフモフした素材で、反対側は、普通のスポンジに近い素材です。

2014061804


見た目は普通のパウダーファンデーションのようですが、肌色です。モフモフの方で肌にポンポンとたたくようにして乗せていきます。普通のパウダーファンデーションは、滑らすように塗る事が多いですが、これはたたくように乗せた方がキレイにつきます。

2014062801


で化粧水と乳液を塗ったあとにこのパウダーをポンポンと乗せてみると、普通のパウダーファンデーションと比べて透明感があります。悪く言えば、カバー力がないのですが、普段使いで、しっかりコンシーラーなどを塗らなくても良い場合にちょうど良いと感じました。

これまで、びっちりと地肌が見えないように塗るファンデーションばかり使ってきたので、とても新鮮です。

もちろん、普通にパウダーファンデーションと使っている場合でも、仕上げに使えば、よりきめ細かく見えますし、クリームタイプのファンデーションの仕上げに使ってもキレイだと思うし、外出時のメイク直しに使えばムラになりにくくて良さそうです。

ためにし、2,3日これを塗って過ごしてみました。化粧崩れは特に気になりませんでした。


持ち歩くにも、これまでのパウダーファンデーションのケースより薄くてコンパクトなので荷物も減らせそう。もちろん、しっかりメイクしたい場合は普通のファンデーションも使います。


これだけでメイクしている日は、メイク落としも簡単に済みそうです。






2014/06/23

虫刺され後の腫れに効く市販薬があったのね。

私は、25年前くらいから、蚊に刺されると、収まるまで10日~2週間くらいかかるようになってしまいました。しかも、その間は腫れ、かゆみがひどく、患部が熱を持ちます。ひどいときには、皮膚科に行かなくてはならないほど腫れるときもあります。やっかいなことに、市販の虫刺されの塗り薬は、全く効果がなかったのです。


皮膚科では、たぶん、アレルギー反応が強く出る体質になったと思われるので、蚊に刺されたらなるべく早くステロイド入りの薬を塗るようにといわれていました。確かに、病院から処方されたステロイド入りの薬を塗ると治りが早く、かゆみも早く落ち着きます。


けれども、毎度皮膚科に行くのは億劫ですよね。夏の皮膚科は混雑するので、早いうちに処方してもらいに行っておけば良かったと思うも、忘れてしまうのです。



そんな折、先日、うっかり油断してハッカ油スプレーもせず、半袖で数時間外出してしまいました。すると、早速腕を2カ所指されて腫れています。


「あ~あ。」


また、2週間、かゆみとの戦いが始まり、いらいらするのかとがっくりきました。



が、ふと思い立ったのです。


虫刺されの薬といえば「ムヒ」です。「あれって、他に種類がないのかな?」そう思ってネットで調べてみたのです。



すると、ざっと要約すると、こんな事が書いてありました。

虫刺されには、2種類ある。

①すぐのかゆみ

 数時間で収まる通常の虫刺され

 2,3日で完治する

②ぶり返すかゆみ

 個人差はあるが1~2週間継続的にぶり返す


私のタイプは明らかに②です。

①なら普通のムヒも効きます。

①のタイプのかゆみの原因物質は主にヒスタミンですが、私の場合の②のタイプは不明なんだそうです。

①はヒスタミンの働きを阻害する成分の抗ヒスタミン薬を含む「ムヒS」でOKですが、
ここからが肝心な部分、
②は白血球の活動を抑えるステロイド成分配合の物を使うということ。
具体的にムヒシリーズの商品名では



(クリーム)

ムヒアルファS1

ムヒアルファEX

(液体)

液体ムヒS2a

液体ムヒアルファEX


のいずれかを使うということのようです。


クリームと液体がありますが、成分は同じタイプなら内容もそれぞれ同じのようでした。

S2aとEXの違いは、S2a
用途の目安として、S2aは、主にイエ蚊、ヤブ蚊、ダニ

            EXは、主にダニ、ノミ、毛虫、ムカデ、クラゲ・・と

EXの方が、より強力なようです。


これを知って、私はすぐ薬局に走りました。

両方売っていたので、両方買いました。

とりあえず、今はS2aでよさそうなので、早速患部を洗って乾かしてから塗ってみました。

2014062301


すると・・

数十分経過した時点で、明らかにかゆみが治まったと感じました。

さらに「腫れが引いてる!」

いままで20年以上、蚊に刺されると、しばらく腫れっぱなしでしたので、これには驚きました。


その日の夕方に薬を塗り、夜には、腫れが引いて赤みだけ残っているという感じ。ただ、まだ治ってはいないなという風でした。そのあと、一日3回程度、薬を塗りました。ただ、やはり私の状況はしつこいようで、いったん、このまま沈静化するかに見えて、油断して薬を塗る間があくと、またかゆみが復活しました。同時に、腫れも少し復活しようとするのです。(てごわい)でも、薬を塗ればかゆみも腫れも引きました。こんな風を繰り返し、やっと薬を塗らなくて良くなったのは1週間後くらいです。治るまで1週間かかったというと、「何だ、効いてないんじゃない。」と思うかもしれませんが、全然違います。これまでは、完治するまで約2週間、かゆくてかゆくて、腫れて痛がゆく熱を持ち、ときには水ぶくれもできて(これを掻き壊すと、とびひになったりするらしい。)本当にやっかいだったのです。


ところがところが、薬を定期的に塗ってさえいれば、かゆみはないし、腫れもなく、水ぶくれもできず、本当に楽に暮らせていたのでした。これまでの事を考えたら天と地ほどの差があります。なんといっても市販薬なので、病院に行かなくても良いのが嬉しい。(ひどい場合は行く必要があります。)


ずっと「ムヒは、効かないんだ。」と勘違いしていました。

実は、違う種類を塗ればこんなに効くのがあったのです。


今年の夏からは、安心して過ごせます。

山に行くので、もう一つ強い薬も買っておいたので、常に携帯しておこうと思います。


余談ですがステロイド入りというと、副作用が・・と身構えるかもしれませんね。特別、健康上医師から何か指示されている場合をのぞき、虫刺されに短期に使う分には大丈夫のようです。









2014/05/12

北見ハッカのスプレーで虫除け対策。

暖かくなると気になるのは虫除け対策です。そこで久しぶりに北見ハッカオイルを買いました。


016_201405090759589d2.jpg








玄関とベランダには市販の虫除けを設置したばかりです。




今のところ、まだ蚊は出現していませんが、特に山に行くとアブは見かけますね。小さいお子さん連れで公園に遊びに行く場合にも良さそうです。



身体にスプレーする市販の虫除けスプレーは、およそ蚊対策で、おそらくハチやアブ対策にはならないような。それに、どんな薬品を使っているか気がかりですよね。何か対策はないだろうかと調べてみました。



そこで軍配が上がったのはミントオイルをスプレーするという方法です。一番、身体に優しいのは北見ハッカのミントオイルではないかと思います。これは、ハーブティーとしても使えるので、安心です。



ただし、現在販売されているこの北見ハッカオイルは北海道産ではなく、インドで栽培されたモノをしようしているようです。北海道のお土産品として売られているようですが、そういう裏事情はありがちなので、それほど驚きはしません。



話はそれましたが、ハッカのオイルは、北見ハッカの場合、飲料の香り付けにも使えますが、虫除けとして玄関先やベランダなどの屋外に向かってスプレーするだけならば(身体に吹き付けたり飲用にしない場合)薬局で売られているタイプもあるようです。好みと考え方、用途次第ですが、そちらのほうにすればもっとリーズナブルです。


ただ、北見ハッカの方が、使える用途が広いのでこちらにしてみました。(実際は何が違うかよくわかりません。変わりがないと言う説もあるようです。)北見ハッカの法は直接原液でスプレーするのが一般的ですが(肌が弱い方、初めて使う方は、必ずパッチテストなどをすることをおすすめします)薬局で売られているタイプは精製水(水道水のままでは塩素がよくないらしいので)やエタノールで薄めて使うのが一般的のようです。(何でも、少し前にテレビで放送されて話題になったらしいです。ただし、薄めすぎると効果がないと言うレビューを見かけますので、希釈加減が難しいので北見ハッカにしました。)



北見ハッカは数年前に買ったことがありますが、どうしようかと迷ったあげく北見ハッカを買いました。二回目以降は詰め替え用と買えば割安です。はじめから詰め替え用を買ってスプレーは100円ショップでアトマイザーを買うという手もあります。


私の場合は、持ち歩きように、100円ショップのアトマイザーに少量を詰め替えてスプレーしています。場合によってはサロンパスの香りのような気がしないでもないですが、これで虫除けになるならばそれが一番です。

002_201405120924269af.jpg


003_20140512092425689.jpg



私は、20年前くらいから蚊に刺されると決まって思いっきり腫れるようになってしまいました。アレルギーのたぐいなのかもしれません。そのため、たかが蚊と侮らず虫除け対策にはかなり敏感です。

それから、虫除け以外にも、ルームスプレーとして玄関先にスプレーしたり、リフレッシュしたいときにスプレーすると気分爽快です。工夫でいろいろ使える楽しいオイルです。




届いたらすぐに使えるスプレーボトル入りの基本サイズです。

(楽天)









このタイプの詰め替え用が一番お得です。

(楽天)







セリアで買った、私が持っているモノと同じもののようです。こちらのショップさんはメール便利用できます。

(楽天)








2014/04/06

高いSPF値って本当に必要?

日焼け止めクリーム(ジェルになってました)を買いました。




今回 買ったのは「子供用」と表示がある方です。大人用タイプに比べノンアルコールで肌への刺激が低いようです。

私が買った店に陳列されていたのは大人用のタイプでSPF値が50の商品でした。あとで通販をチェックしたら大人用でもSPF33と低めの品もあるようです。





今時、普通の数値ですが、海山に行くとかスポーツ時に使うなら50がベターでしょうが、普段使いならそこまで数値が高くなくてもいいですよね。



私は大人ですが子供用とされている日焼けどめクリームを使うのに問題はありません。


それに値段も安い^_^




SPF値の数字が高い程、肌の負担も大きい気がするので、用途で使い分けるほうが良いかも。



2014/03/27

シャープ空気清浄機の集塵フィルターを3年目で交換してみた。

先日、注文をしていた空気清浄機の交換集塵フィルターが届きました。さっそく、交換をしました。



a1380_001589.jpg



左が3年超使用したもの、(これでも掃除機をかけたあと)右が新しいものです。

002_201403271753252d2.jpg

裏面

003_20140327175435b44.jpg




使用しているのは2011年に購入したシャープのものです。フィルターは、脱臭フィルターと集塵フィルターの2枚に分かれています。今回は集塵フィルターを交換しました。



このフィルターは「10年交換不要」とありますが、我が家の使用状態は、


場所 リビング

喫煙、ペット飼育なし

冷暖房を使わない時は未使用の時期あり



で、このような状態です。



かなり真っ黒なのですが、このまま本当に10年交換をしなくて大丈夫なのか・・どうも判断基準がわかりません。見ればかなり真っ黒だったので、交換するのに越したことはないと思い、思い切って交換しました。



効果は、すぐにわかるものではないのですが、これを使い始めてから花粉症の症状がかなり軽減されたので(偶然か必然か因果関係は不明です。)少なくとも悪くはないと思っています。



きれいな物に交換をすると気分的にもスッキリしました。





2014/03/17

オシャレは体力勝負

最近、主流のオシャレのポイントは「こなれ感」ですよね。ある意味、服や小物は主張しないような雰囲気作り。


それには風が通り抜けるような「抜け感」が大事とも言われます。


それには首、鎖骨、手首、足首を見せれば良いらしい。



さらには靴はヒールが高いもの程、洗練されて見えるし、ペタンコ靴の場合は、出来るだけ甲を見せると良いとか。


でもね。


これらの部位って全部「冷やしたくない」場所なんですよ。


それなのに「抜け感のために出しなさい。」って。


ヒールの高い靴は足の痛みとの我慢大会。


首周りのアクセサリーは肩凝りと引き換え。


オシャレとは忍耐なんだなあとつくづく思います。


でも周りを見渡すと、特に我慢してる風ではない人も多数見かけます。多分。


そこで気がつきました。


オシャレな人とはつまり、健康で体力もある人でもあるということです。


それにしても思うのは、最近推奨されるオシャレとは欧米のファッションが元になってるということです。

日本の服は元々首も鎖骨も手首も見せずにオシャレを演出できていました。

けれども欧米の服は昔から、これらを出す形だったわけですよね。


現代の服は欧米の形が元になっているから、キレイに見せるにはそれらを出す必要があるのでしょう。

それともう一つ。

一説によると、外国を旅して驚くのは欧米人の体力だそう。東京の真冬並みの気温でも半袖や羽織りものなしの薄着で平気そうに過ごしている様子を見るのは珍しくないとか、こちらは疲れてヘトヘトなのに全くそんな様子もなく歩き続ける姿をよく見るらしい。

これは「たまたま」かもしれないけれど、そういえば、以前観たテレビの話によると「日本人が諸外国に比べ清潔志向が高いのは、病気に対する抵抗力が弱いから必然的にそういう傾向が高まった可能性が大きい。」ということです。


これで納得がいきます。

欧米のファッションはろしゅつが多くても、人はそれに耐えうる体力があってこそのものだったということです。


だから、本来は欧米人と体力その他弱い日本人がそのファッションをソックリ真似しようとしても「冷える」「寒い」「忍耐」という結果になってしまうというわけ。

不評のレギンスなぞは、まさにか弱い日本人女性が生み出した苦肉の策だったのでしょう。





今更、着物を着ようとは思いませんが、自在にジャストサイズに微調整が効いて冷えやすい部位を出さずに済む着物は優秀な衣類だったんだろうなという思いです。


洋服は微調整が効きませんから、サイズが合わないとあっという間に着られなくなります。


日本女性の多くが着られない服をたくさん抱えているのは微調整が効かない洋服になってからなのでしょう。

夏はともかく、冷やしてはいけない部位を出さなければ、オシャレに見えないファッションって本当にオシャレと言えるんだろうか?・・と疑問を抱いています。

これからの季節は日差しがあかるいので油断して薄着をすると風邪をひきます。

皆さん、くれぐれも注意して下さいね。^_^





2014/03/16

『炭水化物が人類を滅ぼす』を読んで食生活の見直し。

先日、書店で目にして買った本です。


これは、「健康面の本では久々のヒットかも。」と思いました。





「人類を滅ぼす」は極端ですが、要は「ちょっとした食事の工夫でストレスなく健康的になれる、結果としてダイエットにつながる。」事が書かれています。



方法の基本は、糖質制限です。これは一般的には糖尿病の方の食事方法のようですが、これを普通の人も取り入れることで誰でも健康的に痩せられるそうです。



ご飯やパン、麺類などは炭水化物でつまり、皆糖質です。この本では、角砂糖に置き換えたたとえで書かれていて、その意味がよくわかりました。



確かに、数年前自分にも思い当たることがあります。節約のため、小麦粉やうどんなどの麺類を多用した時期がありました。この頃、特に食べ過ぎてもいないしお菓子もそんなに食べないのに、なぜか太りました。何気なく実家の母に世間話として話すと「もしかして、最近、うどんとか食べてない?」と言われました。「えっ?どうしてわかるの?」と聞くと「うどんは太るよ~。そうめんとかもね。」と、母に言われ、以後食べるのを控えたところ、元に戻ったという経験があります。


母は糖質制限の知識などなく話をしていたようですが、自分の経験で似たようなことがあったので、、というようなことを言ってました。確かに、今にして思えば、うどんは小麦粉で炭水化物で精製されているので、糖質そのものなんですよね。太ると言えば、油や肉のイメージがありましたが、そうではないということを以前、経験していたのをすっかり忘れていました。太るだけではなく、健康面でも良くないわけですね。


そう言えば、数年前にテレビで一カ月一万円生活で、小麦粉を多用した料理をたくさん作っていました。確かにこういうものは安上がりでボリュームが出ます。でも、長い目でいると、健康の点では良くないのかもしれません。


白米より玄米が良いとされるのは、玄米の方が同じキロ数あたりでもでんぷんの占める割合が少ないからなんでしょうね。(他の栄養等の点もあるのでしょうが)


この方法は、数年前に「炭水化物抜きダイエット」としてブームになったものと類似しているのだと思います。「食前にキャベツの千切りを食べるダイエット」もブームになりましたが、あれも、初めに野菜を食べることで炭水化物(ご飯やパン、麺類)の摂取をできるだけ減らそうという趣旨です。最近では「食べ順ダイエット」などがありますが、これも、最後に主食を食べることで、やはり炭水化物の摂取をできるだけ減らそうという点では糖質制限が基本になったダイエット法と言えます。



炭水化物の摂取を減らすことは単にエネルギー量の問題だとばかり思っていました。けれども、この本によるとそもそも「カロリー計算」と言う概念そのものにも疑問を投げかける話とその説明が記載してあります。




詳細は、省きますが、他には成長期の子供を持つ親として興味深い点は、身体的なことはもちろんですが、学習面で、どのような食事が好ましいかという視点でも興味深く読みました。



食後には眠くなるのは当たり前だと思っていました。ですが、これは炭水化物を食べることによっておこる現象と言うのは目からうろこでした。




「オットや子供が午後の授業、午後の仕事のときに眠くならず、なおかつ腹もちもそこそこ良く、健康に適した物にするにはどうしたらよいか。」


これまでは、とにかく基本は「ごはん」だと思っていました。野菜はともかく肉はできるだけ少なめにするべきだと思っていました。


けれども、オットはもう40代後半に突入したというのに、今でも「肉はいくらでも食べたい。」と言って、たま~に休日の外出のついでにケンタッキーフライドチキンをお土産に買ってきたりします。



これは、ある意味本能というか、自分に不足している栄養を補おうとする行動だったのかもしれません。もしかすると普段、たんぱく質の量が少し足りなかったのかもしれない・・なんていう気もしました。



ちょっと、食事の概念をもう一度見直してみようと思い、関連した本を図書館から借りてきました。(写真右側の3冊)(先日の健康診断でオットの結果は幸いにパーフェクトに近い結果でした。けれども油断せずに食事は注意しようと思っています。一番上右の本は糖尿病用の本ですが、写真入りで基本の知識を得るために借りてきました。)


002_2014031613025751f.jpg


オットに、この話をすると、実は職場でも実践している人が意外に多いのだそうだということです。そしてみなさん、ほぼダイエットに成功しているそうですよ。





2014/03/15

10年フィルター交換不要の空気清浄機の現状と2台目購入レポ。


2台目の空気清浄機を買いました。これまでは、日中はリビング、夜は寝室に移動していましたが、子供部屋が気になるので、最近、夜間は子供部屋に置いていました。というわけで、もう一台の購入です。




我が家は、カーテンを開け放てない住環境ということ、私が春になると花粉症とセキに悩まされやすい事、いくら掃除をしても、何となく家のにおいがすること・・などで1台目を2011年の7月に買いました。それと、当時は地震後の原発事故があり、放射性物質が室内に入り込むのを避けるため、窓を開ける頻度を減らしていました。



気になったのは、これまで使っていた空気清浄機のフィルターの状態です。一応10年交換不要とあるのですが、それは状況によっては交換や手入れが必要なわけです。現在、1台目は3年目です。

そう言えば、最近、帰宅した時家のニオイがまた気になるようになったので、もしかすると脱臭フィルターの手入れ買交換が必要なのかもしれません。


中のフィルターは、脱臭フィルターと集塵フィルターの2枚に分かれています。写真を撮るのを忘れて洗ってしまいましたが、かなり汚れていたのでシャワーで水洗いしました。

これが洗った直後です。ここから乾かします。
013_20140315114117558.jpg

(脱臭フィルター)




集塵フィルターは案の定真っ黒でした。これも最初の写真を撮り忘れましたが、これでも掃除機をかけた後なんです。(手前の方のみ。)


010_20140315114126961.jpg

(集塵フィルター)

買ったばかりの頃は、きれいな水色でしたが、全く面影がありません。真っ黒です。近いうち、集塵フィルターの方を買い替えしたいと思います。脱臭フィルターは、今回の手入れで効果があるか確認して決めます。






さて、次は新しく買った方です。

こちらは、フィルター交換の目安は2年です。この調子だと、毎年買い替えれば良い感じでしょうか。こちらのフィルターは1枚です。


006_20140315114122686.jpg

(脱臭と集塵フィルターが一体になっている。2年で交換が必要)


フィルターの価格は通販で安いところを探せば2700円位で買えるようなので、許容範囲でしょうか。



いずれにしても、10年交換不要とあっても、やはり汚れる物は汚れるようです。フィルターが2枚に分かれているのと一体型とで何が違うのかわかりませんが・・。



空気清浄機を置いてから花粉症の症状がかなり緩和した気がするので迷わず同じシャープの物にしました。ただし以前の機種はもう販売されていないので、一番安い物を選びました。(どちらも加湿機能はないものです。)


最近はPM2・5対応機種とうたっているものがあります。高価格帯のものになるほど、粒子の細かい物まで集塵する効果が高いのでしょうね。ただ、PM2.5と言う表現をするようになったのは、なぜか2011年の地震後からなんですよね。PM2.5は有害ですが、個人的には放射性物質の飛散の方が何倍も気になります。


結局、窓を開けないわけにはいかないし、エアコンや換気扇からいろんなものが入り込むスキはあります。外出すればマスクをしてもいくらか吸い込むし、衣類やものにくっついて室内には結局何かしら入り込むと思うのです。


なので、室内に入る前にブラシをかけたり、こまめに拭き掃除をするということと並行することが一番大事で空気清浄機の性能を過信知るぎるのはどうかなあと思っています。そういう考えから私は現在のお手ごろ機種でも十分と考えているんですね。


1台目と2代目の主な違いについて

まず、フィルターですね。1台目は10年交換不要とうたっていて(現状は3年目で交換検討中)2枚に分かれています。(脱臭と集塵)2台目は2年で交換が必要ですが1枚になっています。


どちらもプラズマクラスター7000で、操作ボタンもほぼ同じですが、ひとつ大きな違いがあります。

005_20140315114120339.jpg



最初に買った方は「シャワー60分強め」のボタンがあります。これがあると帰宅直後の衣類や、においを素早く急いで消したい時などに効果がありそうです。でもこれがなくても普通の「強」ボタンを押しても間に合いそうですよね。(自動で止まりませんが)

009_20140315114124bf3.jpg



今回買ったのはこちらです。こちらが一番安く買えました。到着も早くて代金引き換え手数料も無料でした。





参考までに、在庫はもうありませんが、こちらが2011年に買った1台目です。





2014/02/26

インナーとソックスも、余分な数は必要ですね。

インナーとソックス。


これもタオル同様に少し余分な数は必要です。


具体的な場面では、風邪をひいたりして着替えが多く必要になったり、主婦が体調を壊すと自分の物はもちろん、家族のインナー、ソックスが不足します。

風邪以外では急用ができて洗濯できなかったりという場面は決して珍しくありません。


主婦の場合、家族に女性がいれば、インナーの買い物をたのめますが、我が家のように近くに実家などもなく、オットと息子だけの場合は要注意だと思いました。(買ってきてと頼めないから)


洋服は、何かで代用できますがインナーとソックスはそういうわけにもいきません。


機会が少ないからとミニマム数に厳選するには危険なアイテムですね。









2014/02/05

リビングの朝の室温が2度UPした簡単すぎる方法。

今シーズンの我が家のリビングの朝の室温は、ほぼ毎日、およそ20度ちょっとです。けれども、昨シーズンまでは、だいたい、朝の室温は18度だったのです。今の住まいに越してきて数年、ほぼずっと18度でした。



ところが、今年に限っては、なぜ、いつもの冬よりも室温が2度も高いのでしょうか。「いつもの冬より外の気温が高いのかな?」と思っていました。



けれども、今朝、そうではないということがわかりました。昨日は、夕方から夜にかけて、外は雪が舞いました。今シーズン、初めて本格的に窓が結露していました。なので、昨夜はこの冬一番の寒さだったと思います。それでも、朝、リビングの室温は、いつもと同じ約20度だったのです。



18度と20度では、寒いと感じる度合いが全く違います。2度も室温が高くなった理由は、おそらく単純な「ひと手間」にあると、すぐにわかりました。


まず、夜は12時頃に暖房をオフにします。そのあと、各自、寝室に行くのですが、その際に廊下に通じるリビングのドアを閉める習慣をつけていたのです。


「リビングから、廊下に通じるドアを閉める」


たった、これだけのことです。


以前は、無意識に何も考えず、寝室に行く時にドアを開け放していました。廊下は玄関に通じていますから、冷気が入るのでしょう。



つまり、「一度暖まった空気を逃さない。」事が、朝、何もしなくても2度室温を高くキープできることにつながったようです。



朝の室温が、暖房を付けなくても18度の時でも、現在の20度でも、本当に暖かくてありがたいと思います。これまで住んでいたところは、かなり寒い地域も多く、「冷蔵庫より廊下の方が冷える」ので、冬になると野菜などを冷蔵庫ではなく廊下の隅に置いているような住まいも経験しています。


このような寒冷地では、リビングのドアを閉めるくらいでは補いないほど寒い事は承知しています。けれども、いくらか違いはあるのではないかという気がします。



人が室内にいる時には、当然ドアを閉めますが、夜、眠る前に各自の部屋に行く際は、意外とドアを開けっ放しでも気が付かなかったのですね。本当に、些細なことですが、冬の2度の室温の差は大きいです。





2014/01/21

ブログのおかげです!

最近、ブログから得た情報が実際に役に立つ事が多くあります。




よく「ブログの情報はあてにならない。」って言われています。でも、私はそうは思いません。確かに、中にはそういうものもありますが、それはどの世界にも言えることです。人と同じでいろいろです。





匿名か本名かはそれほど関係ありません。ブログは他の記事や全体の画面の作り等をざっと見れば、だいたいその方の人柄やどういう目的でそのブログが作られているのか見当くらいは尽きますよね。





私の場合、いつも更新記事を確認してまで読んでいるブログは、そんなに多くありません。だいたい多い時で10、少ない時で5くらいです。





ブログが、雑誌やテレビ広告等の情報と違うのは、「この人が勧めているのなら間違いないだろう。」という「信頼」です。





特に、今、一番気に入って必ず読ませていただいているブログで紹介されていた物を真似して買ってきて試したら、長年の悩みが改善したんです。本当に嬉しくて。





また、あるときはこんなこともありました。これは常時チェックしていたブログではありませんでした。たまたまブログ村の、あるカテゴリに並ぶ記事タイトルを眺めていたんです。そこで教育関連の情報を発見し、気になったので開いて読んでみたのです。





すると「え?知らなかった。そうなの?これ、今気付かなかったら困ってたよ。助かった!」なことが書いてありました。念のため、関連の正規の情報を確認すると、やはり書いてあることはその通りでした。





そして、何気なく書いてある方のハンドルネームを見ると、見おぼえがありました。以前、定期的に読ませていただいている方が書いている別カテゴリーのブログだったのです。「あ!この人か!」と。





やはりピンとくるブログは、星の数ほどあるブログでも、何か引き寄せられるような縁があるのだなあと痛感しました。その話をオットに話すと「所詮ブログの情報」な言い方をします。





その教育関連の話をしたら「そんなことあるかなあ~、適当に書いてんじゃないの?」な風に言うのです。そこで、情報の大元のHPを開き間違いがないことを見せるとようやく納得していました。





本来、こうした情報は自分から取り寄せるのが基本です。けれども、気付かないこともあるんです。なので、感性、年代、子供の年齢などでピンとくる方のブログを読ませていただくことは大変参考になって即、役に立っています。





「こんなこと、今更書くまでもないよね。みんな知って居るよね。」と思っていても私は知らない事がたくさんあります。なので、そういう話も多くのブロガーさんにどんどん書いていただきたいです。





たまにすでに知っているような内容があっても、人によって微妙に使い方、とらえ方の違いがあります。全く同じということはありません。なので本当に日常の些細なことほど有意義なものであることが多いと思っています。





ブログは、個人の生の感性が反映された情報です。これほど楽しい物はないなあと思います^^







2014/01/19

空気清浄機があれば、ファ○リーズはいらない

空気清浄機は洋服の手入れに最適です。普通、部屋の空気をクリーンにするものというイメージが強いですよね。


ところが使い道はそれだけではないんですよ。


冬にはコートやニットなど一回きた位では洗わない衣類が多くなりますよね。


そうするとニオイなど色々気になります。もちろんブラシをかけますがそれだけでは物足りない気がします。



そんな時は空気清浄機の出番です。


コート、スーツ、子供の学校の制服、ニットなど頻繁に洗うことがない衣類にブラシをかけてから、これら一連の服を一箇所に集めてハンガーにかけぶら下げます。

その真下に空気清浄機を置いて一晩経過させます。


するとニオその他が一掃されるようです。





今の季節はウィルスなども気になる時期です。我が家で使用している機種は

菌カビ抑制

浮遊ウィルス抑制

浮遊アレルギー物質抑制

付着臭脱臭

静電気除去


などの効果があるとされています。


目に見えるものではないので実際の効果を断言はできませんがニオイに関してはかなり効果があると感じています。

帰宅したときに家のニオイがしなくなりましたので衣類も同様の効果があると思います。


暖房はエアコンなのですが長い間使っていれば、多少ホコリも吹き出してるかもしれません。

なかなか窓とカーテンを開け放つ事ができない環境です。そんなこともあり空気清浄機は欠かせない存在です。


ファ○リーズや静電気防止スプレーを買わなくもなりました。


思った以上に活用しています。