2014/12/12

ベタな行動を避けると、することも買う物もなくなり逆に困るという現象について。


昨日の記事のように、一般的な行事や慣習を減らして行くと、困った現象が起きます。それは「することがない!」「買うものがない!」事態が増えることです。実際にはすることも買う物もあるのですが、一時的にそう感じる頻度が増えます。


例えば、昨日の記事の例で言えば、神社に行っても、縁起物やお守りなどのグッズを買うことは全てスルーということになります。様々な場所で「御利益がある」「パワースポットらしいから行ってみよう」もスルーになります。こうしてみると、もともと買い物好きで好奇心旺盛な私は、観光地で土産物店を見るのが好きだったのに、「買う物がない」ということはお店を見て回っても「全然楽しめない」ということになってしまいます。


と言っても、子供がいるのでだいぶ大きいとはいえ、クリスマス、正月などの行事を思いっきりスルーすることはできません。なので、クリスマスにはクリスマスケーキやそれなりの料理を用意します。プレゼントもです。以前も書きましたが、私個人には必要なくても、子供には社会一般的な慣習に沿って暮らすことを大前提にしているからです。


けれども、子供も成長します。どんどん親が子供に与える割合は減っていきます。なのでますますベタな行動の割合は減ります。となると、ますます「すること」「買う物」がなくなっていき気がつけば楽しみも減っているという事に気がつきます。「定番の行事や買い物をしなくても楽しめるよ~」と言われるのは承知です。ですが、なんだかんだ言って、「子供のためにまあ、やむを得ず」やっていたはずが、実はそうではなくて、結構自分が楽しませてもらっていたのだということに、今更ながら気が付いた次第です。


こうしてみると、一見「ムダ」「意味がない」かに思えるベタな行事や慣習は、もともと昔の人が変化のない日常に変化をあたえて退屈しないための智恵だったのかもしれないな~ということに気がつきます。子供のための行事も、実は「親が子供からベタな行動を楽しむための役割を与えられていた。」のだということにも。



まとめ
なので、頭でっかちにならずに、可能な範囲で素直に行事や慣習を素直に受け入れた方が良い部分もあります。(昨日の記事に書いた件以外で)つまり、少数派の行動を取るというのは精神的にも現実的にも難しい面が多いのです。裏を返せば何も考えず多数の行動と同じ考え、価値観で疑問を抱かず何も考えず周囲に合わせて生きれば浮くことも余計な悩みも生まれません。どちらを選ぶかはその人次第ということでしょうか。






2014/11/13

自転車のタイヤを長持ちさせる簡単な方法。




自転車を長持ちさせるにはタイヤの扱いが重要です。タイヤを長持ちさせるにはこまめに空気を詰めて空気圧が少なくない状態に保つことだそうです。


自転車タイヤの空気が急に抜けたようになるのはパンクだけが理由ではない
以前、自宅まで自転車であと5分ほどのところで、急にタイヤがペタンとなりました。当然、「パンクした!」と思ったのですが後で分かったのですが、パンクではなかったのです。このときの原因は、空気圧が少ない状態で走ったために段差のところで刺激が加わったとき、タイヤの中でチューブがねじれてしまったことだそうです。自転車屋さんが言うには、そういうときは、まずできるだけすぐに空気を詰めることが一番良いそう。場合によってはチューブに破損がなければそれだけで元に戻るそうです。このときは、チューブが破損していたので交換をすることになってしまいました。パンクじゃないのに、空気が抜けたようになるなんて知らなかったのです。


タイヤチューブの破損を防ぐには空気圧を保つこと
パンクの修理代は1000円くらいですが、(店による)チューブの交換となるとチューブ代がかかるので5000円くらいかかってしまいました。以後、こまめに空気を詰めるべく、空気入れを新しく使いやすい物を買ってきました。(以前のは使いにくかったので)

パンクではないのに空気が抜けるのは「虫ゴム」の劣化が原因&要交換
それ以外には、昨年の今頃だったと思うのですが「虫ゴム」という部品も自分で交換しました。空気を詰めても空気がス~ッと抜けてしまうのはタイヤの空気入れバルブ内部の虫ゴムという小さいゴムの劣化が原因なんです。これって実は1年に一回は交換するのが基本なんだそうです。ちょっとコツがいりますがネットで写真入りで紹介されているのを参考に部品代は100均品と、自転車屋さんの200円くらいのを両方一台ずつ使ってみました。(我が家の自転車は2台)どっちも品質も使い勝手も変りがなかったので100均品で十分です。しかも一個だけでなく、数個入っているので残りは翌年使えます。


車の場合はガソリンやオイル交換や車検など燃料代やメンテナンスも手間も費用も大変ですね。自転車は普段の手入れは空気をマメに詰めるくらいなので素晴らしい乗り物だと思います。


(リンク先楽天)
軽くて便利!らく~に空気が入れられるスーパーらくらくポンプ3 PM-BST3 ブリヂストン自転車・...

虫ゴムはタイヤチューブの命【メール便対応】サギサカ 虫ゴムセット



2014/11/11

食器を買おうと思う前に、簡単な手入れをしてみます。





家中の食器を塩素系漂白剤につけ置きしました。(漂白剤可のもののみ)

今、我が家で使っている塩素系漂白剤はセブンプレミアムの品です。ヨーカドーで買いました。セブンイレブンでも買えるかな?この漂白剤は、濃度にもよりますが使用中の塩素臭がほとんどしないんですよ。(ただし、臭いがしないと逆に忘れたり家族が気付かずに使わないように声を掛けるか、誰もいないときに手入れするのが良いかもしれません。)


水に漂白剤を入れて薄めた液を使うわけですが、この液は数回使います!シンクの広さに限りが有るため、洗い桶とホーローの一番大きい鍋に食器を数回に分けて浸します。つけ置きした液の中からゴム手袋や使い捨て手袋をした手で食器を取り出します。


最期にホーロー片手鍋を入れて完了しました。3~4ローテーションしましたよ。


漂白剤に浸した後は食器がピカピカになって新品みたいで気持ちがいいですね。新しく食器を買おうと思っていたら、その前に漂白剤で手入れをするのがお勧めです。




2014/11/08

服を買う前に美容院に行くのが良いかも。


明るい色のニットのカーディガンが欲しくて出かけました。が、自分の髪の毛が微妙に伸びていることに気付いたので急遽予定変更して美容院に行きました。

私が今、行っている美容院の魅力は予約が不要ということです。そのため、こんな風に急に思いついてもふらりと立ち寄ることが出来ます。シャンプーとカットは別料金です。両方お願いすると5千円を超えます。どうやって調整しているのかわかりませんが、ふらりと行っても待ち時間は長くて15分くらいです。美容師の指名もできますが、なるべく待ち時間を少なくしたいので指名をせずお願いしています。私にとっては、ちょっと高いのですが、予約不要できちんと丁寧にカットをしてもらえる店は少ないので本当に助かっています。


前回、その美容院に行ったのは一ヶ月半くらい前でした。ヘアスタイルの関係で、どうしてもこまめに行かざるを得ません。けれども、美容院に行ったあとは、さっきまで買おうと思っていた服も「別に買わなくていいや」という気になったのでした。


ある程度の年齢になると、やっぱり見た目で一番大事なのは清潔感です。なかでも髪の毛は一番そういう意味でも目立つところです。本当は美容院に行くのは好きではないのですが、我慢をしてこまめに行くようにしています。(もちろん、スタッフのかたは皆さん丁寧ですよ。)


新たに服を買いたくなった場合、服という物を増やすよりも、まずは美容院に行くと良いかも知れません。場合によってはヘアスタイルを変えてみるとかも良いのかも知れませんね。私の場合、美容院は基本的に苦手なので、滞在時間が短くて済むようにカットだけで済むへアスタイルにしています。ヘアカラーもしません。本当はヘアカラーで髪の色を明るくした方がいいかな?と思いましたが、一度染めるとエンドレスになりますよね。だからやめておきました。






2014/10/27

針と糸と10分あれば買わずに済む。


正直なところ、食品以外、「どうしても必要」で新しく買わなくてはいけない物なんて、滅多にないのです。けれども、買い物は楽しい。だから、長く使ってボロボロになってきたものがあると「買い替えられる♪」と買い物の大義名分が出来るので嬉しくなるのです。


先日は、子供の傘入れ(内側に水分を吸収する布がついているケース)の外側があちこちほつれてボロボロになっていました。早速、新しく買おうと思いました。けれどもふと考えました。「ほつれているだけだから縫えばまだ使える。」と。そこでミニマムな我が家の裁縫道具と取り出し、針と糸をセットしてチクチク縫うこと約10分。結果、使用には何の支障もない状態に戻りました。



オットと子供がそれぞれ使っている折りたたみカサ用のケース。濡れた傘をカバンに入れてもぬらさず済みます。
SUSU(スウスウ) 傘ケース ブラック/SUSU(スウスウ)/傘ケース/税込1880円以上送料無料SUSU(スウ...