2013/12/30

毎日、同じような服装をしています。

最近、本当に毎日同じ様な服装をしています。


特に秋冬は、その傾向が大きくなります。


というのは、外出時には、コートをぬがない場所へ行くのがほとんどだからです。


それでも、以前は、コートの下もあれこれ考えてコーディネイトしていました。それで、当然なのですが、結局誰にも見えないわけです。なので、なんだかバカバカしくなって、「いつも同じで十分。」と割り切る事にしました。

秋冬は、コート、巻物、靴(ブーツ)、少しアクセントになる色のバッグ(コートの色が地味なので)があれば十分ですね。


秋冬の場合、私にとってコーディネイトよりも重視するのは「汚さない。」「においをつけない。」ことです。真夏の服のように洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えないコートは、何より予防が大事です。

ストールやマフラー、タートルネックのカットソーやニットは、オシャレのため・・と見せかけて、その実、汚れ対策なのです。


幸いなことに、秋冬には首元が暖かそうだと、それだけでオシャレのポイントがアップする気がします。オシャレの基本
・寒い時には暖かそうに、・暑いときには涼しそうに、・・ですよね。



そういえば、先日、気になっていた本を書店でパラパラとザッと立ち読みしたのですが、(図書館で予約待ち中)


本によると、無印良品は店頭に陳列する洋服のコーディネイトの方法もマニュアル化しているのだそうです。たとえば、「シルエットを逆三角形に。」「2体のコーディネイトを並べるときには、一体は無地で、隣には柄物を取り入れたコーデで・・」のような内容だったと記憶しています。


コーディネイトのセンスは、これまでセンスある人の物と思われていた部分もマニュアル化しているというのがすごいですね。


こうしてみると、ミニマムな数の洋服でもセンス良く見せるコツのヒントになる気もします。反対に、どんなに洋服の数や色、デザイン違いのものがあっても、センス良く見えないパターンのコーデをすれば、せっかくの「数」が活かされないということです。



ということは、店頭のディスプレイはもちろん、無印のネットショッピングのコーディネイト事例などをよ~く観察して、好きなコーデを発見したら「なぜ、素敵に見えるんだろう?」と、法則を見つけ出す事が、今後、ミニマムなオシャレのヒントになりそうだな~と思いました。





スポンサーサイト
2013/12/29

家計簿を処分(2012年1月から 2013年 6月分)

すいせん


先日の紙物処分のときに、家計簿をタイトル通りの期間分を処分しました。ただし一部の領収証は保管しています。残したのは、金額の大きいものと、公共料金の、それぞれ一枚と、念のため保管の必要性があると判断したもの・・です。


領収証だけになったものの保管場所は蛇腹式ファイルの中です。家計簿とほとんどの領収証は処分しましたが、少し保管してあるので、それは蛇腹ファイルに年別に放り込んであります。


さて、約1.5年分の家計簿は、保管していたときにはスペースはわずかでした。ところがこの期間は、試験的に全てのレシートをノートに張り付ける方法をとっていたので、いつもの年より処分が大変でした。


今はレシートを撮影しながら集計できるスマホアプリがあります。なので、ノートに貼って残す・・という方法は邪道に思えます。それでも、試験的にそれをあえて行ったのは理由があります。


まず、スマホのレシート撮影機能のあるアプリを使わないのは、レシートはその人の限りなくプライベートな面が見えてしまうので、それをスマホのアプリに撮影した場合、情報漏えいとその他のアクシデントがないのだろうか・・と不安を感じるからです。

ノートに貼って残し、集計する方法をとったのは、日々の支出の意識付けが強化するのではないかと思ったからです。


効果のほどと、感想ですが、結局毎日記録することがなく、まとめて処理していたので、日々の意識付けにつながりませんでした。単に処分の手間が大変になり、ノートを余分に使っただけのような気がしました。

集計は数字をエクセルに入力する形式で行っていましたので、アナログとデジタルの併用でした。


日々のレシートなどはわずかなものですが、一か月・・2カ月・・それ以上・・と重なると紙は、本当にあっという間に増えます。結局、保管の整理も必要になるしで、あまりメリットはありませんでした。

毎日記録できていれば、また違うのかもしれませんが。



来年からは、極力「残さない」方法の家計簿を考えようと思っています。ただし、先ほども書いたように、アプリの類には、若干不安があるので、自分で表を作り入力する方法になりそうです。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
当ブログはランキングに参加しています。

以下のいずれかのバナーを押していただくとランキングに反映されます。
(おひとり様につき一日一回反映されます。)

バナーをクリックすると同時にブログ村サイトに移動します。

参考になるブログがたくさん集合しています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



携帯電話の方はこちら↓からお願いいたします。


片付け・収納(個人)ランキング
シンプルライフランキング
ささやかな暮らしランキング
その他生活ブログランキング
ライフスタイルブログランキング


2013/12/28

年賀状の全捨て

そらとき



年賀状の保管は1年分のみにしています。



今回は、間もなく新しい年になるので2013年一月に受け取った年賀状は、処分しました。今後必要な連絡先などはパソコンにも入っていますが、念のためすぐに見られるようにプリントアウトしたものも保管しています。



年賀状を全捨てしたというと、抵抗があるかもしれませんが、受け取った時に、ありがたく拝見しました。一年間、大事に保管もしました。情報に変更がないかなども入念に確認もしました。住所変更の確認もしました。



以前は、過去に受け取った年賀状を何年分も保管していたこともあります。今、思うに、くれた相手を思って処分がはばかられる・・というよりも、それもありますが、「自分には、こんなに気にかけてくれている人がいる。」と安心できる材料であった面も否めません。



それと同時に、パソコンがなかった時代は、翌年の年賀状を出すための住所などの「控え」や住所録に書き写すのが面倒なので「年賀状=住所録」の役割もあって、処分できなかった時代もありますね。



けれども、今は必要なデータはパソコンに入っているし、住所録は手書きで書きうつさなくても、プリントアウトできるので年賀状が住所録がわりではなくなりました。



ところが、長年の習慣で、どうしても「年賀状は保管すべきもの。」の観念だけはなくならない気がします。もっとも、家族の写真入りだったり、心のこもった手書きの場合は処分がはばかられるものです。そういう気になるものは保管しておけばよいだけです。



わずか一年分の年賀状くらい、保管しておけば・・の声も聞こえそうな気もしますが、その辺は人それぞれで良いと思います。


手元に古い年賀状がなくても、人との関係に変化はなく、処分したからといって人付き合いに影響があるわけではありません。人同士のつながりは大事だと思っていることに変わりはありません。



ただし、年賀状を処分するということで気を付けなくてはいけないことがあります。相手の名前、住所など必要なデータをきちんと正確に整理して保管してあることが条件です。


場合によっては、年賀状を保管しておく方がラクな場合もあります。思うに処分するということは予測できる不便や支障がないように事前に段取りが必要です。今回の場合は、住所などデータの確認などです。









2013/12/27

カウンター下収納とシュレッダーの置き場を改善。

昨日は、大量に「紙もの」を処分しました。ゴミ袋2つ分捨てました。



さて、今回は、紙もの処分のお伴・・シュレッダーの置き場所を変えました。




改善前は、キャビネット上のプリンターの隣に「常に出して」ありました。けれども、よく考えてみれば、シュレッダーを使う頻度は2週間に一回くらいです。たまにマメに使っても週一くらい。ということは・・・





「いつも、出しておく必要はない。普段は、しまっておいて使う時だけ出せばよい。」と、気が付きました。








そこで、収納場所はこちらに移動。カウンター下です。(引き戸の扉がありますが、普段はあけっぱなしです。)




かうんたーした1





幸い、小型のシュレッダーなので、このような場所にもコンパクトに収まります。これからは、シュレッダーは「ここから「使う時だけ」出して使い、終わったらこちらに戻します。



すると「出しっぱなし」のものが一つ減ったので、掃除がラクになり、部屋の見た目もスッキリしました。




ついでに、カウンター下収納の見直しもしました。
「この場所でないと困るものだけ。」を残しました。




(一番上の段)

主に、事務的作業をする物を置いています。
筆記具と電卓です。


隣の空間があいていますが、レシート置き場です。数字をパソコンに入力するまで一時置きするためにあけています。


この場所に残した文具です。頻繁に使うものはこれだけです。(写真、右上)



ホチキス

ふせん

油性ペン

ボールペン




我が家に文具がこれしかないのかと言うと・・実は違います。
ストックの文具は、これとは別にしています。家族がすぐに出せるように雑貨入れ専用の引き出し収納にスタンバイさせています。




(中段)


ノートは通販のメモ用です。
写真に写っている物は何も書いてない面ですが、実際には線を引き、日付、店名、金額、その他注文から決済、到着までの簡単な情報をメモしてあります。




HPからプリントアウトした調べ物の控えの紙がありましたが、今はスマホですぐにアクセスできるので、処分しました。











2013/12/26

「イケア1290円の枕」を買った感想

イケアで枕を買いました。




商品名は「枕横向/仰向33×50硬めAP JP」
購入価格は1290円です。



持参したエコバッグに入らないのでMサイズのキャリーバッグ99円を買って入れて持ち帰りました。(持ち帰り用の別売りの袋のサイズ展開が微妙に新しくなっていました。特にブルーのバッグのMサイズは新サイズでは?今回買った枕が きれいに収まりました。)




この枕は、いわゆる低反発っぽい商品です。(正確には説明が書いてないので、「・・ぽい」としか書けません。)




サイズは、よくある低反発枕とほぼ同じです。今使っている枕カバーをそのまま使えそう。もっとも、この枕の表面はカバーなので、このまま使うことも可能なようです。




シンプルな白に縁は、さりげなく北欧テイストのミニマムなライン・・こういう気のきいたデザインは日本では見つけられないかもしれません。




(真上から)

いけあのまくら2




普通、小さいタグでもメーカーの名前のロゴが入っているのは目にうるさいのですが、この「IKEA」の文字は、不思議にそう感じません。




(真横から)
いけあのまくら1




ところで、本体ってどんなの?と思い、ファスナーを開けようとしました。ところがアクシデント発生。どうやら、内側にタグが縫い付けてあるらしく、それをファスナーが噛んでしまい、こんなことになって、あせりました。こういう時、無理は禁物ですね。




(裏面、カバーを開けて本体を見ようと思ったら、一時的にこんなことになってあせる。)
いけあのまくら3



冷静に静かにファスナーを何とか移動して、タグを引っ張り出してカットしました。


いけあのまくら5009



(タグを引っ張り出して、何とかカット完了、ファスナーは無事正常に戻る。)

いけあのまくら6


いけあのまくら7




洋服でもそうですが、価格が手ごろなものは、ファスナーなど目立たない物のコストが抑えてある場合が多いですね。枕も例外ではないようです。今回は、買ったばかりで、ファスナーを壊しかけてひやりとしました。子供からブーイングを受けるところでした。




元々、この枕は、買った状態に今使っている腹巻型の枕カバーを付けて使うつもりなので、今後このカバーを外す頻度はそう多くないので、我が家の場合は大丈夫です。





肝心の、使用感です。



私が使ったわけではないのですが、子供は「まあまあ」と、特に何も言っていないので、問題はないようです。(子供と言っても小さな子供ではなく、思春期世代で体格は大人といっしょです。)


私がためしに横になってみた感想です。





商品名の通り、沈み込みは少なめで固め。

低反発枕系は、夏には、もわっと暑苦しいが、この枕は沈む込が少ないので真夏も快適そう。
頭を乗せると、ゆっくりと少し沈み込むので高さはちょうど良いところで止まる。






今のところ、耐久性はまだ何とも言えませんが、特に支障がなければ次の機会にリピート買いしても良いかなと思えました。硬めの枕が好きな方にはお勧めだとおもいます。(あくまで個人の感想です。)







2013/12/24

無印BOXで、食品でいっぱいの冷蔵庫の収納が足りない時のクーラーボックスの代用。

今の時期、食品が送られてきたりで急に冷蔵庫の収納場所が足りなくなることがあります。漬物など、においのある物の場合は、冷蔵庫ににおいが移りやすいので保管の方法を工夫しました。



クーラーボックスは、数年前に処分したので、ありません。



そこで、これらを使い、クーラーボックスを即席に作って(というほどではないけど)代用してみました。


・・使ったもの・・


無印の収納ボックス

先日使った押し入れアルミシートの「あまり」

新聞紙2日分

大きめのレジ袋


保冷剤


①まず、無印収納ボックスに、先日洗面台脇の汚れ防止に使用した押し入れアルミシートの「あまり」を敷きます。


1無印代用




②新聞紙一日分をその上に敷きます。(におい、液だれ防止、など)
 その上に食材の下になるように保冷剤を置きます。


2無印代用



③ビニール袋などに入れて食品を②の上に置き、上にも保冷剤を置きます。
 新聞紙一日分でフタをして、押し入れアルミシートの上の部分を閉じます。
 
4無印代用



④大きめのレジ袋をスッポリかぶせて完成です。



50無印代用


この状態で、とりあえずまる一日経過しましたが、翌朝、保冷剤は溶けていますが、まだ少し冷たさが残っていました。においも周囲にもれることがなく、結果は上々のようです。


偶然にも、押し入れアルミシートの「あまり」を活用できました。


今回のように、何か足りないと思った時、すぐにそれ専用の物を買うのではなく、「何か似たようなものはない?」「代用できない?」と、考えて工夫するのが好きです。



なるべく、シンプルなデザインのものを選んでおけば、いざというときこのような事も可能です。










2013/12/23

洗面台わきの壁汚れを防止する工夫。

我が家の洗面台のすぐ隣は「です。普通のクロスが貼られています。入居した時に当座しのぎにレジャーシートを貼り付けました。ちょっと見栄えは良くないのですが、仕方ありません。


先日、家庭用品売り場で、押し入れ用のシートを見つけました。これなら、升目が付いているのでカットが簡単そうです。水はねを通さない事大丈夫そう。サイズもOKなので、早速、貼り直しをしました。



ビフォーの写真も(柄の違う2枚を無理につなぎ合わせていたので、見た目はかなり悪かったのです。)撮影していたのですが、データが消えていたのでアフターだけです。




シートをはがした後の、なにも貼っていない元のの状態です。


せんめんじょのかべ


パッキンが少し黒ずんでいたので拭きました。



シートを新しく貼りました。


せんめんじょのかべ2



使用した押し入れシートはこれ。



裏面は、こうなっています。


しーとのうら




このタイプのシートは、レジャーシートより、湾曲しないのでに添いやすいです。我が家のようにの角がある場合にはその部分も覆ってしまうにも升目の筋があるので、なじみやすいです。



こういうものは、100均でもっと安く調達したかったのですが「ありそうでない」みたい(私がチェックした限りでは)。似たものはあるかもしれないのですが食器棚サイズの幅くらいしかみつかりませんでした。また100均のレジャーシートはに対してサイズが足りないものが多く、あってもキッズ用の柄入りで、無地の大きめのものは、よく良く見ると隙間があり(編んである作りなんですね。)水を通すので目的に合わないし、カットするにも適さないような素材でした。



長年、よい物が見つからず、しっくりきませんでしたが、少しましになったかな・・と思います。今回はり替える直前は100均のレジャーシートと食器棚シートをつなぎ合わせるように貼っていました。それよりは何倍も見栄えも実用も良くなりました。(と言っても、結構生活感ありまくりですが。)




今回は全体の5分の2くらい使いました。次回の貼り替えように保管しても良いのですが、ほかの収納場所に敷いてしまおうと思います。候補はシンク下かな。










今回、使用したのは、これと同じものですが・・こちらは品切れしているようなので・・



今日は、大掛かりな模様替えをしました。と言ってもインテリアにたけている方からすれば「それだけ?」なレベルですが。多物の家具の配置を変えました。近いうち記事にするかもしれません。



2013/12/22

つかみやすい万能トング&フライパン洗いブラシで手を濡らさず洗い物で快適家事

一体、何年使ったのか、はっきり覚えていないのですが、毎日 使っているトングが壊れました。本体はなんともありませんがつなぎ目のバネ代わりのような金具が外れました。


10年くらい使ったかもしれません。



迷わず同じようなものを買いました。日本製です。とにかく、これがない間は不便で仕方ありませんでした。最近はシリコン製のものがありますが、金属とシリコンの境目に汚れが溜まりそうなのと、物によっては滑るような気がするのでやはりオールステンレスにしました。






麺類を盛りつけたり、肉を挟んでキッチンバサミでカットしたり、肉を焼く時にひっくり返したり、サラダを混ぜたり、菜箸では滑り落ちてつかみにくい物を挟むのに最適です。





唯一の欠点は、内側の溝の中は普通のスポンジでは洗いにくいことですが、私は洗いものにコレを併用しているので、問題ありません。






このブラシを使えば、溝の内側も簡単に洗うことができます。弁当箱のパッキンを外した部分の溝洗いにも良いです。もちろん、トングの内側だけでなく、フライパンを洗う時手を濡らさず洗い物ができるので、ものすごく便利です。


食事の支度が終わったら、フライパンと鍋を配膳の前に、このブラシで一気に洗ってしまいます。フックがあるので、つるしておけます。このブラシは、このほかにハードタイプもありますが、私は、こちらのソフトタイプの小サイズが一番使いやすいと思います。これも我が家の定番品です。





2013/12/21

デジタルスケール(はかり)の買い替えで省スペース化。

家にあるものを少しずつ、段階的に小型&軽量化しています旧ブログ記事でも話題にしました。その少し後には、ル・クルーゼの鍋を同等サイズの無印の鍋に換えた話も書きました。



次の見直しは、キッチンスケールです。省スペースを目的に買い替えをしました。



これまで使っていたのは、大きめのレトロな「はかり」です。10年くらい使いました。以前、レトロなものが好きな時期があり中古で買ったものです。



はかり2



以前のものは収納場所から取り出すには下の方を両手でもって出し入れしなくてはなりませんでした。


また、結構かさばるので困るなあと思うようになっていました。


さっそく、新しい方を収納場所にしまいましたが、これはかなりの省スペースになります。



立ててもOKなので、どんな場所にも隙間にしまうことができます。




これまでの「はかり」とは、サイズだけではなく、使い勝手も全然違います。今更ですが、文明の進化を実感します。昭和から一気に平成25年にタイムスリップしたみたいな気分です。



裏面はフックにかけられるようになっています。



はかり1
(写真は横向きです。縦長につるす仕様です。)



まず、器の重さをボタンひとつでゼロにできるし、これまでは目盛りを目視していたので、誤差がかなりありました。なので、レシピ通りに作ってもお菓子などより正確さが必要なものは、その時で仕上がりが微妙に違っていました。思えば、正確に分量を量っていなかったことが原因だったのでしょう。でも、何年も使っているので気が付かないんですよね。



思えば、よくぞこれまで、こんなにアナログな「はかり」で通してきたなあと、あきれるような・・。きっと、多くの方にとっては全然珍しくないと思いますが私にとっては「すごい。」「便利。」と今更ながらびっくり、喜んで使い始めました。




私は近くの店から1200円くらいで買いましたがネット通販では、もっと安く買えるみたいです。



2013/12/21

ストックを持つvs持たない・軍配はどっち?

トイレットペーパー、洗剤、シャンプー、調味料など・・。最近は、このような消耗品のストックを極力 持たない方法を勧める内容を良く見かけます。「家の中の保管スペースにも家賃などのお金がかかっている。だから、多すぎるストックはコンビニを倉庫代わりとした方が得」というわけです。


けれども、実際には近くにコンビニやスーパーがなかったり、買い物をする時間がない場合もあります。このような方法を実践したくてもできない場合もあります。また、災害のことを考慮するとある程度持っている方が良い気もしてきます。



結局のところ、ストック品は、持つ、持たない・・どちらが良いのか考えてみました。



陳列棚



まず、

ストックを極力持たない場合についてです。



メリット


・収納の保管スペースが少しで済みます。

・保管してあるものを整理する手間が少しで済みます。

・期限切れなどで使い忘れによる無駄を予防できます。

・今使っている物を無駄なく使おうという気になるので使用量が減ります。




デメリット


ストックを持たない事についてメリットばかりではありません。当然デメリットもあります。


デメリット


・買い物に行く時間と頻度が増えます。

・買い物に行くための交通費やガソリン代がかかります。

 (ただし近距離であればそれほどかからないかも?)


・買い物の頻度が増えると、ついでに余計なものを買うことがあります。

・割高な価格で買わなくてはいけない事が多くなります。

・買い物に行けない時に不便を強いられます。

 (病気、災害、急用など)

・ストック品の在庫の有無についてマメにチェックしなくてはいけない。

 (いつもストック品の在庫の事を考える必要がある。)






次に、ストック品を多めに持つ場合です。




メリット


ストック品を多く持つことについて整理収納の観点からすれば、デメリットを挙げられる場合が多いのですが、実はメリットもあります。




・買い物に行く時間と手間を省ける

 (ただし、一回当たりの買い物時間は長くなります。)

・買い物に行く交通費やガソリン代の経費を節約できます。

・割安な価格で買える機会が増えます。

・ストック品の在庫のことを考える頻度が少なくて済みます。

・買い物に行く頻度が減らせるので、ついでの無駄買いを予防できます。

・買い物に行けない場合でも対応しやすくなります。

 (病気、災害、急用など)




デメリット



・保管のスペースを多く必要とします。

・保管の整理と手間がかかります。

・使い忘れ、期限切れ、重複がいで無駄が増えることがあります。

・「たくさんあるから。」と、つい使用量が増えることがあります。






結局、どちらが良いでしょうか。




ストック品を少なく持つか、多く持つかどちらが良いかについては、下に書いたことで判断すればよいのではないでしょうか。




判断方法




下のA,Bの項目のうち当てはまる事が多いのはどちらか確認します。







①家の近くにコンビニ、スーパーがある。

②毎日~3日に一度くらいは買い物に行く時間がある。

③家の収納スペースが少ない。

④幼児、介護などが必要な家族がいない。

⑤家事に専念できる時間が割と多くある。

⑥災害時のライフラインや交通に復旧に懸念がある地域に住んでいない。









①家の近くにコンビニ、スーパーがない。

②買い物に行く時間は限られている。

③家に収納スペースはある。

④幼児、介護など世話が必要な家族がいる。

⑤家事に専念できる時間は少ない。

⑥災害時のライフラインや交通に復旧に懸念がある地域に住んでいる。


 ⑥は、これひとつでも当てはまればBとします。



A,Bのうち当てはまる項目が多い方がお勧めの方法となります。(あくまで目安です。)




・Aが多かった方。


ストックは少なく持つ派



・Bが多かった方


ストックを多く持つ派



最近気になるのは、何でもお金の価値に置き換えてしまう傾向です


。たとえば収納スペースに対して家賃がいくらとか、リサイクル店に売っても○○円にしかならない・・というようなことです。


一理あるとは思いますが、貨幣価値に置き換えるだけが全てではない事を念頭に置きながら判断した方が良いですね。




もちろん、無駄なものを置かなければ狭い家でも十分という考えには賛成です。我が家もなるべくそうしていきたいと思います。けれども、あくまで判断材料に一つに過ぎません。たとえリサイクル店で買い取り価格ゼロ円でもその人にとって価値があるものもあるし、逆に高値であっても自分に不要なものに価値はありません。




スッキリした暮らしのためには、無駄を省くことは有効ですが、必ず「そうでなくてはいけない。」ということはありません。その点も踏まえて自分に合う点を上手に取り入れることが大事のようですね。









2013/12/20

給料日は自分で決められる。

お札と電卓






我が家は給与収入で暮らしています。けれども、給料日は自分で決めます。もっとも、勤務先から給料が銀行口座に入金になるのは、毎月25日です。ですが、我が家の給料日は15日です。自分で決めました。




以前は20日でしたが、少し前に15日に変更しました。勤務先に申請しているのではありません。家計を管理するためのサイクルは給料日を基準にしている方が多いと思います。我が家もそうです。




一体どういうことかというと、「給料日」として家計の起点になる日を15日に設定し、その日に現金を引き出しているということです。給料が振り込まれる口座の普通預金には、何かあった時のために、ひと月~ふた月分の生活費を余分に入れています。なので、25日でなくても現金を引き出しても支障がありません。




25日にATMに行かないと、メリットがたくさんあります。まず、混雑するATMに並ぶ必要がありません。また、スーパーの食料品売り場は、25日から月末あたりにかけて、大きなチラシが入ったり、セールを行うことが多いので、つられて買い物に行くと買い物客も多くて賑わっているのでつい、雰囲気にのまれて買いすぎてしまいます。




多くの人の普通の流れに乗らないことで、混雑を避け、時間とお金の節約をしています。これは一円もかからず手間もゼロです。15日と書きましたが、きっちり15日にしているわけではありません。実際は15日前後の外出の予定に合わせています。




また、その日が金曜日、月曜日、連休明けやその前の場合は日にちをずらしていきます。ATMが混雑するからです。時間外の引き出しなども手数料がかからない基準を満たしておくことで、余計な手数料や時間を気にしなくても良い工夫もしています。このように、混雑による時間のロスは、ある程度ちょっとした工夫で避ける事は簡単です。特に技術も努力もいらないので、お勧めの方法です。






2013/12/20

カップ一杯のお湯を沸かすのに便利なもの。

ぬいぐるみのツリー




コーヒーを飲むために、一人分や二人分の少量の沸かしたてのお湯が欲しいときがあります。その時にお湯を沸かすのは、この小さいミルクパンです。





コーヒーと砂糖


コーヒー用には、先が細いもので注ぐのが本来の方法ですが、我が家ではレギュラーもインスタントも、このミルクパンでお湯を注ぎます。






一応、保温ポットに沸かしたお湯をスタンバイさせていますが、タイミングによってはぬるくなっていたり量が足りない時があります。そんな場面で、少しのお湯を手早く沸かすのには小さいミルクパンが最高です。


やかんと違い、フタがないので、サッと水を入れてサッと火にかけられます。フタがなくお湯が沸く様子が目に見えるのでタイミングもはかりやすいです。ひとり分のお湯なら、水を入れて火にかけて、その辺のシンク周りなどをササッと拭いたりしているうちに、あっという間に沸騰します。(ただし、ガスの五徳に対して小さめなので、傾かないように注意が若干必要です。)


最近は、「カップ一杯のお湯が○○秒で沸く」といううたい文句の電気ポットが人気のようですが、一人分のお湯ならば、先ほどの話のように小さめのミルクパンなどで沸かしても同じくらいだと思います。電気ポットはコードがあるし、フタの開け閉めが必要です。さらに、手入れも、ミルクパンのようにササ~ッと洗う・・というわけにはいかないのではないでしょうか。



このミルクパンは、基本的にお湯を沸かす専用にしているので、手入れもラクです。





2013/12/19

キッチン小物を減らす簡単な判断のコツ。

使い勝手を変えずにキッチンの物を減らしてきました。方法は、
サイズ違いで複数持っている物を減らす事です。



サイズ違い1
(フリー素材です。)






たとえば、鍋、フライパン、おたま、さいばし、まな板、ザル、ボウル、トング、包丁・ナイフ・・など。



「サイズ違いで2つ以上 あるもの」を厳選します。





もちろん、それぞれ、どうしてもサイズ違い、または複数を持たなくてはいけない物は無理をしなくても良いです。



鍋のフタ

サイズ違い4
(フリー素材です)


はじめに「鍋のフタ」についてです。鍋を買うと、もれなく「フタ」がついてきます。鍋の数だけ「フタ」も増えます。でも、フタはもとの組み合わせ以外にも使えます。

Aの鍋のフタがBの鍋とCの鍋に使えることがあります。我が家の場合はA,B,Cの鍋に、フタはAの鍋のフタ一つで事足りると気が付きB,Cのフタは処分しました。
  

(2つの鍋のフタを減らしました)





おたま

サイズ違い3
(フリー素材です)





以前は、大小2つの「おたま」を持っていました。けれども、洗いながら使えば、2つはいらないと気が付きました。小の「おたま」は処分をしたので現在は大の「おたま」ひとつだけです。

(1つのお玉を減らしました)




ザル

サイズ違い2
(フリー素材です)




以前は、大、中、小の3つのサイズ違いのザルを持っていました。このうち、小サイズのザルはなくても支障がないと判断し処分しました。現在は大、中の2つのザルだけです。

(1つのザルを減らしました)



同じように考えて、ボウル、菜箸、トング、やかん、保温ポットなども減らしました。このように、サイズ違いのものを支障のない範囲で厳選すると用途を変えずに数を減らすことができます。


「使っている?使っていない?」「いる?いらない?」「好き?嫌い?」いずれも漠然としています。このような判別方は要不要の判断が鈍ります。


キッチンのものは、どれも使っているようで使っていない、あれば、まあ使う、好きか嫌いかと言われても・・そんな感じだからです。




ところがサイズ違いの複数持ちの数の中から選びとる・・方法であれば、決断しやすいのです。その用途のグッズが全てなくなるわけではないからです。



キッチンをスッキリさせたい。物を減らさなくてはと思うけれど何が余分なのかわからない。そんな場合は、今回の方法もお勧めです。





2013/12/18

書類の断捨離・処分の目安。

紙物&書類の断捨離をしました。



①まず、取りかかったのは、家電のトリセツからです。





処分したもの

確認すると、トリセツのなかでも必要なページは一部だけということがあります。一枚だけ切り取って他のページは処分したり、気になる個所だけマホのスキャナーアプリでスキャンして他は処分しました。






扇風機

アイロン

電気カミソリ

処分したアイロン

自転車

掃除機

充電式掃除機

ホットカーペット

自転車の空気詰め

保証書いろいろ



残したもの



今、トリセツを見ながら使っているものは、ほとんどありません。なので、本当は「全捨て」したいのですが、勇気がありません。メーカーのHPからトリセツを見られる事が多いですが、古い、製造停止になったものが公開されていない場合がよくあるので、念のため。。でも、実際には古い家電=使い慣れている家電なのでトリセツが必要になることはまれなんですけどね


そこで、操作が複雑なものだけ、残すことにしました。




残したもの


テレビ

電話&FAX

洗濯機

エアコン

パソコン

プリンター

ステレオコンポ

空気清浄機


これらのトリセツは冊子になっています。かさばるのですが、たま~に使い方を確認するために見ることがあります。これらは保管することにしました。






②学校関連のプリント


前の学年の時のプリントを9割くらい処分しました。残したのは、日程が記されたものです。本来、過去の日程は不要ですが、たまに「あれは、いつだっけ?」ということがあります。なので念のために保管しておきました。



③生活関連のプリント


郵送されてきた書類関連


B4~A4サイズ位の茶封筒で郵送された書類が、封を切った状態で、保管してあるものが5,6点ありました。中身を確認すると、これがまあびっくり。単にパンフレットだけだったり、期限切れの書類だったり、保存の必要があるものは1割程度の「中身」だけでした。


同様に、一般封筒サイズの封筒のまま保管してあるものも10点くらいありました。これも中身を確認するとパンフレットや説明書き、定期的に郵送されるものについては毎回同じ内容の添付書類などが9割でした。保管の必要があるものもまた1割程度でした。



念のため保管してある書類


実際には必要になることはないけれど、念のため保管してあるものがありました。こういう微妙なものこそ「スマホのスキャナーアプリ」の出番です。ただし、広い画面を撮影すると、読めないので、小さい範囲でスキャンする必要がありますが・・複合機にスキャン機能もありますが、手軽で良いです。






このような調子で、ざっと書類を確認したところ、全体の2割くらい減らせたと思います。




今回は、部分的にスマホアプリで簡易的にスキャンしましたが、B5やA4のサイズ全体を納めるには一般のスキャナーの方が良いみたいです。


我が家で使っているのはこの複合機です。プリンターとして、家庭用には十分な仕上がりです。(完璧さを求めるなら別のものを・・)インクの減りがゆっくりなのでランニングコストが少なくて済むのがうれしいです。先日は喪中のはがき印刷も一気に終えることができました。


 ブラザー PRIVIO D...

 ブラザー PRIVIO D...
価格:9,980円(税込、送料別)







2013/12/17

手帳を持たない暮らし

私は、以前から手帳を持たずに生活しています。


ここでいう「手帳」とは、年末にデパートや書店、雑貨店の店先にズラリと並ぶいわゆる「スケジュール帳」が中心となったタイプのもののことです。(今は記録していませんが、読書メモやウォーキングの記録を記したようなものは自宅から持ち出さずに手帳サイズのノートに書いていた時期はあります。)


では、何で日時の管理をしているかというと現在は、スマホと卓上カレンダーです。


スマホは自宅でも外出でも使えます。卓上カレンダーには自宅で、特に重要なスケジュールを確認のため書いて目に入るようにしているものです。


最近は、スマホを持つ人が圧倒的に多いと思いますが、いまだ今の時期には店頭の手帖が消えることはないようです。私の場合ですが、以前のガラケーの時代から、ずっと「手帳は持たない派」でした。スマホほどではありませんが、ガラケーにもメモ機能やスケジュール管理機能があったからです。

さらに、私は小心者なので紙の手帳は、万が一「誰かに中身を見られる」「落とす」「なくす」リスクが怖くて持てません。それが一番の理由です。


携帯電話やスマホも同じリスクはあります。けれども、手帳は開けば見られてしまいますが、スマホやガラケーは暗証番号、パスコードの設定をしておけば少なくとも、中身を見られることは紙の手帖より少ないわけです。


それから、バッグの中身をミニマムにできる効果もあります。


今は、スマホなのでガラケー時代よりさらに手帳の機能がアップして使いきれないくらいです。スキャナーの無料アプリがあるしカメラ機能もあるので、手書きのメモを手間無くスマホに取り込むことができます。単にメモ機能関連も相当充実しています。




紙の手帳は、毎年、紙の手帳を新しくして手書きすることで、スマホに記録するのとは違う楽しみがあるのだと思います。けれども、私の場合は、手持ちのものをあまり増やしたくないので、現在はスマホの機能で事足りています。



気になる本


【送料無料】PCアイグラスつ...

【送料無料】PCアイグラスつ...
価格:980円(税込、送料込)







2013/12/15

結局、無印の風呂イスに戻りました。

浴室のプチストレスを改善しました。



と言っても実は浴そうのフタ、風呂イス、フロ桶を買い替えただけです。それでも、入浴も掃除もラクになりました。






これまで、従来のものでも生活できてはいました。なので、「気づかないふり」「がまん」をすればスルーする道もありました。


けれども、毎日のことです。思い切って改善を試みました。




初めに、浴そうのフタはこれです。


ふた010





同じものはこちら。







これまでのフタは、入居当時からの備え付けのもので、3枚の板タイプでした。それが重いし、立てかけにくいし、けっこうカビも生えるしで、プチストレスだったのです。


今度、あたらしく買ったふフタは、立てて乾かすにもラクです。




念のため、気になる点です。


・以前のフタよりは扱いやすいですが、実際は期待したほどにはそんなに軽くなかったのが、ちょっとだけ誤算で す。でも、「重い」というほどではありません。


・フタをした状態のままだと、溝の部分に水滴などが溜まりそうですが、床に立てておけば大丈夫そうです。






次は風呂イスです。



おふろようのいす



一年前に少し大きめの風呂イスに買い替えたのですが、浴室の中で邪魔で使い勝手がよくありませんでした。我が家の浴室のドアを開けたときにぶつかりやすかったり浴室内の水道の蛇口にぶつかりやすかったりしたのです。



それでも、一年は我慢して使いました。新しく買ったのは、その大きな椅子の前にずっと買い替えながら使ってきた無印の風呂イスです。無印の風呂イスは2種類のサイズがあります。そのうち、小さいほうです。座面の高さが約23センチです。






やっぱり、これが一番良いです。





ついでに、風呂桶無印で買い換えました。



おけ1024



久しぶりに我が家の浴室に無印の風呂イスを置きました。やっぱり、スッキリして良い大きさです。色もきれいな白です。





風呂フタ、風呂イス、風呂おけ・・この3つを買い替えてプチストレス解消です。浴室は家族以外、、見られることが少ないので、後回しになりがちだと思います。でも、リラックスするために毎日使う場所なので少々の「投資」は必要経費と思っています。






気になる本










クリックしてもらえるとうれしいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



携帯電話の方はこちら↓からお願いいたします。


片付け・収納(個人)ランキング
シンプルライフランキング
ささやかな暮らしランキング
その他生活ブログランキング
ライフスタイルブログランキング



参考にしています。

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品

にほんブログ村 トラコミュ 無印PPケースを使った収納へ
無印PPケースを使った収納

にほんブログ村 トラコミュ 100円ショップ L O V Eへ
100円ショップ L O V E

にほんブログ村 トラコミュ 100円shop*セリア(seria)へ
100円shop*セリア(seria)

にほんブログ村 トラコミュ キッチン雑貨へ
キッチン雑貨

にほんブログ村 トラコミュ 掃除&片付けへ
掃除&片付け

にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ イケアへ
イケア

にほんブログ村 トラコミュ Francfranc フランフランへ
Francfranc フランフラン

にほんブログ村 トラコミュ シンプルライフへ
シンプルライフ
2013/12/13

洗面所収納。ストック品は横向きに並べる。

我が家の洗面所収納現状です。


かなり奥行きが浅いので、収納できるものは限られてきます。



こだわりポイントは、極力「ワンアクション」で出し入れできること・・です。なるべく、プラかごなどに入れずにスッと楽に取り出して戻せる収納にしています。



せんめんじょ3



真ん中の段の左側は、このハンガーです。







(6本セット420円、1本あたり70円激安なのに、シンプルで丈夫で扱いやすい。我が家の定番です。)




さて・・私なりの洗面所の収納のポイントです。



ストック品は、横向きに並べる。


クローゼットにかけられた洋服をイメージして下さい。
洋服は横向きに並んでいますよね。
だから、限られたスペースでも、どの服なのかすぐにわかって出し入れできます。

ところが、仮に、洋服の向きが前を向いていたらどうでしょうか。
入っている事は入っているけれど、奥に何があるのか見えないし、取り出しにくいですよね。


洋服はこのように横向きに収納して効率よく出し入れ&収納しているのに、なぜかストック品などは前を向かせて前後に並べているケースかほとんどではないでしょうか。



パッケージが見えるような前を向いた並べ方は横幅を多く必要とします。
横向きでも、何の品物かわかるので、OK
横向きに並べれば横幅のスペースが少しで済みます。
その分、収納スペース全体の横幅に対して、数多く並べられます。



一般的な「パッケージの向きを前にして、前後に並べる方法」の場合、奥のものが取り出しにくくなります。何がどれだけあるかも見えにくいです。(それで多くはプラかごを使うのだと思いますが・・)



すると・・
ストック品を前後に重ねなくて良いのでプラかごなどの収納グッズは不要です。
プラかごなどが必要になるのは、「奥のものが取り出しにくい。」「そのままでは自立しない(倒れる)」「小さいので、そのままでは埋もれてしまう。」場合ではないでしょうか。他には?見た目?




なるべく、プラかごなどを使わない。




プラかごを使うということは、たいていの場合、いったん「引き出す」事が必要になります。プラかごに入っている物によっては「重さ」がネックになることがあります。片手でズズ~ッと引きずるように手前に引いた場合・・収納場所の下にキズがつくこともあります賃貸住まいの方は要注意です。



カゴを使うものは「軽い、小さい」物にしておいた方が良いです。
我が家の場合、写真の収納でいえばプラかご(元は使わなくなったタッパーの再利用品)に入れてあるのは、歯磨き粉、香水、オロナイン、石けん、ボディローションなどの小さくて軽いストック品です。


それ以外は、カゴに入れる必要がないのでそのまま収納しています。





2013/12/12

ふち裏磨きがラクなトイレブラシとトイレ収納現状

我が家のトイレ収納現状です。


どうってことない収納です。




トイレ収納






snap_kantankurasu002_20131249728.jpg
トイレットペーパーは、パッケージから取り出して、一番上の段に。



トイレ掃除シートは、ケースを引き出さずにシートを取り出せるように、上の空間を十分に開けて一番下に置いて取り出しやすく。100均のケースに詰め替えています。中身の容量は一目でわかります。



トイレ掃除の洗剤は、結婚以来、いろいろ試しましたが、これが一番良いと思います。



トイレ掃除ブラシは、ちょうど一年前に買ったので、そろそろ買い換えようかと思います。かなり使いやすかったので、次もリピートしようかと思っています。どんな点が良いかというと便器の縁裏部分にも、しっかりブラシがあたることです。前に、最近はやりの形なんでしょうか。まんまるい形のブラシを買ったのですが、便器にブラシが当たりにくいので買って一週間で買い替えたことがあります。






このトイレ掃除ブラシのグレーの部分がありますよね。この毛が上を向いているのがポイント。下の部分は普通に便器の面をこすり、グレーの上向きの毛の部分が縁裏を同時に磨くことができるんです


他の部分も磨き残しがなく、よく考えられている作りだと感心します。



年末の掃除に時に縁裏を見て「ギョッ!」の心配がありません。



以前エコっぽい掃除などにはまっていたことがあります。その時に「薄めた酢だけ」とか「重そう水だけ」とか「水だけ」のトイレ掃除を試みたことがあります。結論から言うと、これらは毎日掃除しても汚れるときは汚れました。



やっぱり日本のメーカーの市販の洗剤って、よく作られているなあと思いました素直に、普通のトイレ掃除洗剤を買って普通にトイレ掃除ブラシを使う(ただし、形は選ぶ)方法に戻しました。すると、簡単に確実にきれいになります。



考えてみれば、洗剤を作っているところの開発している人は、研究に研究を重ねて、一般家庭の人がだれが使ってもきれいになるように研究して製品化されているわけです。物によっては、必ずしも市販の洗剤に頼らなくても十分なものがありますが、トイレの洗剤は「餅は餅屋」だと思いました。




拭き掃除ははじめに、ブラシで便器を磨いた後、トイレットペーパーで一番汚れている部分をざっと拭きます。(我が家はオットとむすこがいるので、どうしても汚れます。)そのあとに、100均のトイレ掃除シートを使って仕上げています。




100均のトイレ掃除シートは、枚数がいろいろありますよね。多いのは50枚、40枚、たまに30枚です。私は、その日、買い物に行った時の店頭にあるもので、容量の枚数が一番少ない物を2個買ってきます。


なぜに「枚数が少ない物」を選ぶかと言うと、その方がシートが厚い傾向にあるからです。枚数が多いと一見、得なようですが、薄くてすぐに切れるようでは掃除がしにくくてトイレットペーパーを使うのと変わりなくなってしまいます。


以前、30枚入りで使いやすいものがあったのですが、しばらくすると扱いがなくなってしまいました。たいてい置いてあるのは50枚入りなど枚数が多いものです。枚数の多いほうが売れるのでしょうね。



トイレは、収納に関しては比較的、迷いが少ない場所です。それは場所柄から「トイレに関するもの以外」を収納する気になれないので自然と「ここに必要なものだけ」に限定されるからなんですね。


その原則を家じゅうの全ての場所に応用すれば、きっと使いやすくスッキリとした収納になるのだと思います。掃除に関しても、試行錯誤してきましたが、最近は現在の方法に落ち着きました。





2013/12/11

冬でも洗濯を効率的に行う方法。

クリスマスツリー フリー素材より



街中には、クリスマスのディスプレイが華やかな時期です。



さて、毎日の洗濯ですが、この季節は外干しできる時間が短いですよね。お住まいの地域によっては、全く外に干せない方もいることと思います。



我が家では、外干しでよく乾く季節は、朝にメインの洗濯をします。夜には、サブの洗濯です。本当は、朝の一回だけで済ませたいのですが、そうすると、我が家の洗濯機の容量では一回で終わりません。そこで、2回洗濯機を回すと、完了時間が遅くなるので、家事の効率がよくないのです。



そこで、夜のうちに、出た洗濯物は、夜に少しでも洗ってしまい、室内に干しておくという方法にしています。たったこれだけでいろいろとメリットがあります。



普段の季節は、この割合がメイン:サブで4:1くらいです。

これを、今の季節は逆にします。(1:4)




まずは、夜の間は家族が在宅しているので、暖房を使います。我が家はエアコンの暖房なので空気が乾燥します。そこで、秋冬の間は、夜の洗濯物の割合を多くして室内干しにすれば、加湿効果が得られます



さらに、室内干しは見栄えが良くないですよね。ところが、夜~朝の間は来客はありません。なので、室内干しの洗濯ものに、あたふたしなくても良いわけです。




それから、朝は時間に追われやすいですが夜は比較的、ゆとりがあります。この時間帯にメインの洗濯をすることで朝の時間にゆとりができます。






少し前から、よく耳にするようになった「時短」という言葉があります。一般には、たとえば家事などの効率化を目指して、裏技的な方法で、時間をかけずに早く済ませる方法という意味で使われているようです。このように一般的な概念の「時短」も良いですが、テレビでやっている方法を真似してみたら結果として雑になったりしてやり直しをしたことがあります。どれだけ不器用なんだか・・って話です。



時間を短縮する方法は、「時短」的な裏技だけではありません。今回の話のように、朝と夜にやっていた家事の配分を季節に合わせて替えてみたり、少し前の旧ブログ記事のように、重い鍋を軽い鍋に替えることで、洗い物のフットワークをよくする・・というように、これまでの「当たり前」を一歩引いて見直しすると意外な効果が得られることがあります





ランキング参加中です。
クリックしてもらえるとうれしいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



携帯電話の方はこちら↓からお願いいたします。


片付け・収納(個人)ランキング
シンプルライフランキング
ささやかな暮らしランキング
その他生活ブログランキング
ライフスタイルブログランキング



参考にしています。

にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品

にほんブログ村 トラコミュ 無印PPケースを使った収納へ
無印PPケースを使った収納

にほんブログ村 トラコミュ 100円ショップ L O V Eへ
100円ショップ L O V E

にほんブログ村 トラコミュ 100円shop*セリア(seria)へ
100円shop*セリア(seria)

にほんブログ村 トラコミュ キッチン雑貨へ
キッチン雑貨

にほんブログ村 トラコミュ 掃除&片付けへ
掃除&片付け

にほんブログ村 トラコミュ 収納・片付けへ
収納・片付け

にほんブログ村 トラコミュ イケアへ
イケア

にほんブログ村 トラコミュ Francfranc フランフランへ
Francfranc フランフラン

にほんブログ村 トラコミュ シンプルライフへ
シンプルライフ
2013/12/10

「紙の箱がないトップバリュのティッシュ」と他の比較をしてみた。

トップバリュの、このようなティッシュがあるのを知り、買ってみました。




006_201312090930547d9.jpg





ごらんの通り、紙の箱に入っていません。
似たようなものは、もしかしたら、生協などで扱ってそうですが、一般のスーパーではあまり見かけたことがない気がしています。




150組300枚です。



ボックスティッシュの規格は、このように150組300枚入りのものと、200組400枚入りの物に二分されるようですね。どちらを選ぶかは好み次第ですが、私は前者のタイプで良いと思っています。





ちなみに、ちょうどセブンプレミアムのティッシュと、同じ規格のティッシュの両方が家にありましたので比較してみました。




まずはセブンプレミアムとの比較です。こちらは、200組400枚入りです。



真上からの比較

008.jpg




横から見た比較です。



009_201312090930592f1.jpg





ティッシュの比較


010_20131209093052737.jpg

(左、セブンプレミアム  右、トップバリュ)







次に、トップバリュと同等の枚数入りの規格のティッシュとの比較です。



真上からの比較


ティッシュ13



横からの比較


ティッシュ14




ティッシュの比較


ティッシュ15


(左・一般品  右・トップバリュ)






これは、たまたま我が家にあったティッシュとの比較なので、商品によっては全てが同じような違いではないと思います。上記の商品は、我が家で、購入する機会が多いティッシュです。(セブンプレミアムと下の写真のもの)




セブンプレミアム品は、そもそもの紙の枚数の容量が多いのに加えて、ティッシュそのもののサイズも少し面積が広いようです。





後半の写真のティッシュは、トップバリュ品と枚数が同じものです。こちらはティッシュのサイズもほぼ同じでした。パッケージのサイズは、やはり紙の箱に入っていない分、一回り小さいようです。一個だけではそれほど差がありませんが、5個セットになると、もっと差が出ると思います。




トップバリュ品の5個セットを持った印象は「軽い」「コンパクト」です。これまでティッシュを買いに行くときは他の買い物が少ない時に限っていましたが(もしくはネットスーパーなど)このサイズなら、「かさばる」「ちょっと重い」事がこれまでより気にならないかもしれません。




箱に入っていると、横向きにしたり、便利な点もありますが、我が家では特になくても支障がありません。何より箱を捨てなくて良いのが助かります。




ちなみに、今回、このトップバリュのティッシュは、ダイエーネットスーパーから買いました。仮にイオンが近くになくても、イオングループのスーパーなら、扱いがあると思います。




セブンプレミアムのシンプルな箱ティッシュも良いですが、紙の箱がないティッシュは、購入、保管もかさばらなくて軽いので、これからの定番にしようかと考えています。



それから、お値段も安いです。今回の購入価格は178円でした。後半の写真のティッシュは、底値で198円です。普段は230円~250円位です。178円という価格は特にセール価格ではありませんでしたので、お財布にも優しく、捨てるものが減らせるのもうれしいですね。





2013/12/08

スマホのアプリはミニマムに。

私がスマホを持ったのはまだ数ヶ月前です。初めは多くの無料アプリに「すごい」と感激さえしていました。


けれども、現在は次々とアプリを削除しています。残っているのは、消せない基本のアプリとバスと電車の時刻表、Google、ヤフー、ブログ、アマゾンと楽天、このくらいです。(厳密には、いったんインストールしたアプリは画面から削除しても画面から消えているだけで別の設定が必要なのかもしれません。)



ライン、スカイプは、初めからアプリも入れていませんので使いません。




スマホのアプリは、初めのうちこそ便利と喜んでいましたが、しばらくすると、これらは全て「あれば便利」なものに過ぎないと気が付きました。




「あれば便利」は、「無くてもよいもの」のだと耳にタコが出来るほど聞いた気がします。(読んだというべきでしょうか。)




そうです。




多すぎる過剰な不用品の中には、必ず「あれば便利」なもので占められている確率が高いのです。思い切って、手放してみても何ら困ることはありません。




困るどころか、過剰なものを手放したあとは、必要なものが明確になり、ラクに行動できるようになることは身を持って経験しています。




ところが最近では、スマホのアプリのように必ずしも物理的スペースを占めない「あれば便利なもの」も身の回りに存在するようになりました。また、普段使わない書類や情報は、スキャンしたり、ネット上に保管するなどできるので、必ずしも捨てる作業が必要ではないといわれることもあります。




身近な例をあげれば、Gmailなどは、基本的に定期的に完了したメールを削除しなくても良いそうです。メールのやりとりは、その人のライフログである側面もあるので、全て削除せずに残しておけば、あとで必要な時に簡単に検索などで探せるので、メールは捨てずに取っておくものだと主張する方もいます。




確かに、何等かの業務を行っている方などには、そうした方法は有効かもしれません。また、わざわざ日記を付けなくてもメールのやり取りを見れば、その日、その時間、どんなことをしていて、誰と会っていたのかも詳細にわかるので有意義な面があるかもしれません。または業務などをしていなくても、趣味の範疇として自分の個人的なライフログがわりとしても面白いかもしれません。




このような方の場合をのぞき、私は、「物理的なスペースを占めなければ、たとえたいして必要でないものでも「とりあえず」持っていれば良いものなのだろうか。」と疑問を抱きます。




昔読んだ、カレン・キングストンの本に「たとえ目に見えない場所にしまっていても潜在意識が覚えている。それが知らず人をひどく疲労させる」という内容が書いてあったと記憶しています。







この本が書かれたころには、まだデジタル化した情報の保管は一般的ではなかったと思います。ですから、著者が言っているのは全て目に見える物理的な「物」についての話です。けれども、改めて内容を思い出してみると「見えない場所に保管してあるもの」とは、今の時代にあてはめると、スマホのアプリやネット上に保管してある情報、データ、電子化して保管してある書籍、記録媒体に保存したデータなども同じ事ではないかと思ったのです。





つまり、スマホのアプリのようにスペースを占めない物でも、削除しない限りはスマホの画面に「とりあえず」残したままでいる限りは「押し入れの天袋などに入れっぱなしの不要な物」と何ら変わりはないのでは?ということです。




アプリと同様のものに、先ほど触れたメールの記録、電子化した書籍、スキャンしたデータ、ネット上に保管したデータ、パソコンや記録媒体に保存したデータ・・などがあります。結局のところ、明確な理由があって保管しているのでない限り、これらも全て実のところは「押し入れの天袋」に押し込んだ「とりあえず見えない場所に保管したいらないもの」と同じではないのかと思うのです。



現実には、周辺から紙の本はなくなっていないし、電子書籍の出版物はかなり少なめです。メールがあっても、相変わらず連絡には郵便で紙の書類で送られてくるものが多数ですし、学校関連の連絡は、ほぼ高い確率で紙のプリントと固定電話の連絡網が使われます。(一部、緊急連絡などには、連絡網と併用してメールを扱っているところもあるようですが、まだ少数だと思われます。)



本を読めば、ほぼ書いてある事と内容は同じ・・とわかっていても、著者の講演会に行くことは別・・とお金を払って出かける人は多数です。書面で連絡すれば済む内容でも、日時指定された日に説明会などの集会を設け、結局のところ配布された書面をほぼ読み上げるだけの様なものも多数存在しますが、これに異を唱える人は稀でしょう。




このように、私たちは、結局のところ、データを必要としているのではなくて、何か実際に手に触れることができるもの、目の前に見えるもの、実際に生の人の姿を拝見したり、生の声を聞いたり、周囲の人との直接の交流をすることに喜びを覚えるのですね。




だから、どんなにデジタル化されたスペース不要の機能が充実した時代になっても、これまでのアナログな手法は消えないのでしょう。




これほど紙のものをスペース不要で保管できる技術が一般化しても、いまだ、収納達人の多くは「いかにして紙の書類を効率的の保管するか」について力説します。これは、デジタル化した情報は、省スペースの点についてはメリットがあるけれど、必要な時にすぐに取り出せること、つまり「アクセス」のフットワークの良さについては断然、紙の書類の方が、予め整理さえしておけば「一番早い」ことを多くの人がメリットと感じているからにほかなりません。



もちろん、デジタル化した情報でも、企業レベルの量になれば、別です。紙の書類より、デジタル化したもののほうがスペースもアクセスも少なく、素早くできます。けれども、一般家庭レベルとなれば話は違ってきます。




私も、家電のトリセツや、念のため保管してある学校のプリントなどの書類を、スキャンしてデジタル化してネット上か記録媒体に保管しておこうかと考えたことがあります。けれども、結局のところ、必要な時にすぐに取り出せる自信がないので、やめておきました。




我が家で保管してあるトリセツや学校関連のプリントなどは、せいぜいファイルボックス2個分程度に過ぎないからです。仮にデジタル化して保管したとして、いざ必要な時に、果たしてすぐにアクセスできるか・・私はその手のものの扱いにあんまり明るくないので、結局、時間がかかりそうなのでやめておきました。




それよりも、必ずしも必要ではないものをスペース不要だからと、とりあえず持っていることをやめた方が、ずっと有意義だというわけです。





このような考えから、私のスマホのアプリは、ごく限られたものだけになっています。






2013/12/07

『部屋を活かせば人生が変わる』

アマゾンで、偶然見つけた本です。





著者は「部屋を考える会」ですが、代表は、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら』の著者、岩崎夏海氏です。関連サイトも見ました。「もしドラ」は読んでいませんが、(追記:後日、読みました)あの著書を書いた人が代表ということで、主婦目線や家事の一環としての話とは違う視点を得られるかもしれないと思い、中身を見ないまま注文をして購入しました。





部屋を活かせば人生が変わる部屋を活かせば人生が変わる
(2013/11/05)
部屋を考える会

商品詳細を見る




さっそく、読み始めてみると、さすがに「マネジメント(読んでませんが)」を基にした本を書いた方が代表の本だなと思いました。


特に印象的なのは


変えるのは「部屋」であって、
「あなた」ではありません。
(本文より引用)



という冒頭の文章です。



このスタートラインの意識の違いが従来の多くの片付け本との違いです。もっとも、この本には、こんなことも書いてあります。



本書は「片づけ術」「掃除術」の本ではありません。部屋に「道」を通し、「流れ」と作り、活力を与える''ヘヤカツ,,(部屋活)の指南書です。(本文より引用)




この本は、従来の片付け本と似ているようで、大きく違う点があります。
それは、先ほど書いたように、部屋に住む「人」を責めない点です。多くの片付け本にかなりの割合で共通している内容は、「自分が(家族が)だらしない、意欲や意識が足りない結果、部屋が散らかる。自分の意識を変えて部屋をきれいにすれば人生が良くなる。」という流れが主流でした。

ところが、この本は、いっさい「人」が原因だとは言いません。「部屋」に原因があると言いきっています。この一言で、多くの人が自虐感から解放されるだろうな。そして「ヘヤカツ」をしてみよう。という気になるだろうなと思いました。


さらに、この本の特徴として、具体的に何をどうすれば良いのかという点が図解と具体的な商品名が載っているので迷いなく、すぐに行動に移せそうな点です。

例として取り上げられている間取りは「子供なしの夫婦二人暮らし1LDK38平米」なので、「子供の持ち物が増えて困る」という例には対応できないかに思えるかもしれません。・・が、そうではないと思います。



部屋が散らかったり、ついだらだらした生活になってしまう家具の配置、掃除や食器洗いが滞ってしまう配置などの原因と改善策がわかりやすく図解入りで説明されています。


これらは従来「片付けが得意な人」の企業秘密のようなもので、あまり表面化されていなかったのではないでしょうか。おそらく「片付け上手」な方も意識して企業秘密化していたわけではなく、わかりやすく表現して公開すべき事だとは思いもしなかったのだろうという気もします。



他には、「掃除道具は、部屋の中心近くに置く場所を決めて、掃除機は良い物を大事に使う。家の中心部のコンセントを掃除機のために開放しておく。」などは確かにそうだと思いました。


実際に、私も、一年前くらいに、思い切って掃除機を使いやすく吸引力のあるものに変えたところ、モチベーションがアップしたからです。


さらに大事なのは掃除をしやすくするための「道」を作ること、具体的には掃除機が通ることができる空間を開けておくイメージですね。これも思い当たることがありました。


キャビネットなどの家具は壁にくっつけるしかないので、やむをえませんが、テーブルやいすなど、どうしても壁に付けなくても良い家具は、できるだけ壁にくっつけず、周辺を楽に掃除機が通れるように配置を変えたことがあります。


家具を壁につけると壁と家具の間は掃除ができません。となるとほこりもたまり、流れが悪くなり、物も増えて停滞していくということですね。





このように、この本は今すぐにでも部屋の状態をよくするために「行動できること」が中心に書かれています。とても興味深く、わかりやすい本だと思いました。




追記


後日、この本を読了しました。










2013/12/06

床のワックスがけに初挑戦しました。

今の住まいに住んで、早 数年過ぎました。


入居当時から、若干、気になっていたフローリングの床に、初めてワックス塗りに挑戦しました。




これまでは、シートタイプの簡易的なワックス?を塗るだけで、こういうものを使うのは初めてです。



はじめ、すごく手間がかかるのかとかなり身構えていました。
けれども、実際はあっけないくらい簡単でした。




もっと早く使っていれば良かった~。



今回、使ったのは、オーソドックスなこちらです。





我が家の床は、入居前にワックスを塗った形跡は「なし」でした。



そんな状態で、特に南側の窓の前が色あせとカサカサ感がありました。







今回は、住まいを3回に分けて塗ります。


ビフォー


写真ではあんまり違いがわかりませんが・・
窓近くのカサカサした床です。

内側の方は、これほどではないのですが。



006.jpg



1回目 リビング、ダイニング、の半分
    台所全部

2回目 リビング、ダイニングの半分
    廊下




アフター


(カサカサと色あせが大きかった窓付近)




(部屋の奥の方)
009.jpg




3回目 洗面所、トイレ(このワックスは「ビニール製の床」もOKです。)




現在は、「2回目」のところまでです。


廊下は、縦に半分ずつ塗りました。

(移動できなくなるので) 




予想より、においもきつくなくて、簡単に終わりました。




家具などは、テーブルやソファー、いすの移動までの範囲です。



でも、床がつやつやになったので、テンションあがりました。








2013/12/05

裁縫箱と、中身はこれだけで足りています。

裁縫箱と中身は、現在これだけです。


容れ物は、約20年前の某化粧品の景品の小さな古いケースです。なぜか、愛着があって、捨てられません。




さいほうばこ1




中身は、これだけ。




さいほうばこ2







もう、ミシンは処分したのですが、なぜかボビンとケースは残しています。これも、何となく捨てる気になれないのです。まあ、いいかなと。





ついでに、右に移っている糸は処分しました。



針刺しには、2本の針にそれぞれ黒と白の糸を通してスタンバイしてあります。急に、ボタンが取れているなど、気付いた時に、すぐ対応できます。





中身は、ボタンがとれた、服の裾がほつれた・・という程度に対応するには十分です。そういえば、糸きり鋏が入っていませんでした。いつも、その辺から普通の鋏を出して切っていました。



この裁縫セットは小さくて軽いので、どこにでも手軽に移動できます。玄関先で、ちょっとボタンと付けたいなんていう場面にも、フットワーク良しです。







2013/12/05

ブログを,移動しました

別のブログサイトでブログを開設して3カ月が経過しましたが、本日より、こちらのFC2ブログに移動しました。

読者様には、お手数おかけしますが、これからはこちらで更新をしていきますので、よろしくお願いします。

(追記・2013年12月31日をもって、旧ブログは終了しました。ありがとうございました。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。