2014/07/30

床の傷防止にスッキリ見えるこれを買ってみました。

ダイニングテーブルに敷いていたラグを処分しました。スッキリはしましたが、床の傷が気になります。100均や3COINSのグッズを買ってみたりはしました。でも、何か心元ないんですね。

毎日のことなので、傷が増えた場合賃貸には厳しいなと感じました。

そこで、手入れが簡単で、お値段安くて、見た目スッキリな物がないかな・・と探してこれを買いました。





デスクマット1


上にする面はザラザラしています。

デスクマット2

裏面は、つるつるしています。

デスクマット3


サイズは、我が家ではこの2つのいすの分で十分なので、机下のサイズ半分程度を選びました。本来は、デスク下に縦に使うサイズですが、ダイニング下に横にすると我が家に欲しいサイズにぴったりでした。

デスクマット5

透明なので、見た目に暑苦しくなく、ちょうど良い感じです。
ただ、フローリングの床に比べてイスのすべりはあまり良くないかも。

でも、これで傷を気にしなくて良いので、よかった。


楽天はこちら。



スポンサーサイト
2014/07/29

子供の思い出品は、これを残しています。

子供の思い出品の扱いは、デリケートです。

自分の物であって、自分の物ではないから。

処分を考えたとき、こう自問します。

「今は、子供の持ち物を管理する権限があるけれど、親だからと言って、勝手に処分して良いものか?」

そこで、私の場合は、大きく2つにわけています。



①自分(子供の親である自分)が、とっておきたいもの。

②子供が、将来、思い出品を見て良い思い出がありそうなもの。
 好きだったものなど。


・②に関しては、子供が「もう、いらない。」と言っても、逆にこっそり拾い上げて保管してあるものもあります。

・通知表などは、全てを保管してはおらず、節目の学年程度です。

・服は、基本 全捨てしていますが、1歳の頃の服を1枚だけ保管しています。+帽子

・幼稚園の時の親の手作り布リュックは、結局小学校でも体操服入れに使ったので、思い出が多いため保管してあります。

・ベネッセ子供チャレンジの3冊程度

・作文、絵日記、特に印象的な物、5,6点



以上、無印のトタンふた付きボックスに入る分だけ。



・小学校で描いた絵、綴じてある1冊分(30枚分程度)

・おもちゃ類2L×6本入りの段ボールに収まる分だけ。(子供が気に入っていた物)
 +野球盤   

・グローブ、バッド

・写真 無印のアルバムに保管、


思い出品と別枠なのは本です。(漫画含む)
子供専用本棚はH180×W120の本棚に収まる分には あえて処分は促しません。過去に処分した本もありますが。

私の本は少なく持つことにしていますが、子供に関しては制限は設けていません。


子供の物は、やみくもに保管しすぎてはキリがないですが、相手があることなので処分しすぎても悲しいですよね。

我が家の量は、たぶん少ない方かもしれませんが、収納スペースなどを考慮して、現状に至ります。

思い出品を残す基準は、基本的に、「それを見たときに元気になれる物」だと思います。


2014/07/28

3年半使用してもまだまだ使える丈夫なハンカチ

オットが仕事に行くときに持って行くハンカチです。

これを買ったのは2,011年の1月です。

同じシリーズのハンカチは全部で5枚あります。
fogのリネン100%のハンカチです。




「傷んできたら、他の用途に使い回そう。」と、思っていました。

ところが、購入から3年半、フルに使っているのに、全くその気配がありません。



メンズ用のハンカチは、タオル地はかさばります。

一般的なデパートで売られているようなハンカチは、「これしか布を使っていないのに、この値段?」と思うほど高いです。柄選びも結構迷いますし。

その点、このハンカチはお値段は私にとっては安くはないですが、デパートのブランドハンカチよりお手頃です。

たぶん、これからもこのハンカチにすると思います。







2014/07/26

ハサミでは切れにくい「ラグ」のカット。

ハサミ(布切り用)では簡単に切れない丈夫なラグを簡単に切る方法が分かりました。


数日前、「少しずつ切れば大丈夫だろう。」と、無理にハサミで切ったところ、力が入りすぎたのか指の血管にアクシデントが起きてしまいました。(すぐに治りましたが。)



で、まだラグが残っていました。



何か、方法はないものかとググってみました。




すると、ネット内の情報で「パンスライサー」を使う方法を発見しました。



早速、ものは試しと家にあったパンスライサー(パン切りナイフ)でラグをカットしてみました。すると・・うわ~楽に切れる!ちなみに我が家のパン切りナイフは、10年前くらい(もっと前だったか?)景品でもらったものをもらった・・というもらいもののもらいもの・・の、かなり簡素なものです。


らぐのかっと





右側のカットした断面は、写真のパンスライサーでカットしました。これを燃えるゴミサイズ(1辺50センチメートル未満)にカットして無事、普通ゴミに出すことができました。



カットの方法として、私の場合は、のこぎりで板を切るような要領で行いました。カッターのようにするのではないですよ。ちなみに、ラグを配達される状態のように丸めた状態にしたものを、のこぎりで一本の木を切るようにカットする方法もあるみたいです。

この際も、念のため右手に軍手を三重にはめましたよ。パンスライサーは、ものすごく切れやすいので、床、手足をうっかり傷つけないように注意しました。


あんなに柔らかいものをカットしている物が、実は堅牢なものをカットするにも適しているとは驚きです。


これでやっとスッキリしました。



楽天で一番安いのは、現在これかな?
100均品でも十分みたいですが。

黒プラ柄 パン切りナイフ 30891

黒プラ柄 パン切りナイフ 30891
価格:350円(税込、送料別)




2014/07/25

帰省の服。

帰省の服は、意外と難しいですね。



優先すべき相手は誰かということを考えます。


今は、プチプラでもオシャレできる時代です。けれども、親世代はそうは思わないもの。

特に注意すべきはオットの実家に行く時の服です。


何と無く、目線で品定めされてるのがわかります。そこで私は3年前から、オットの実家に行く時は、同じ服を着ることにしました。


自分の実家も油断できません。


バッグや靴は、私の親もオットの親もブランドには疎いので、黒無地系のものにしています。


例えばプチプラでも、華やかな色はNG。


実家の母親から「来るたびに違うバッグを持ってくるね。」と言われる始末。


その時、持っていた小さいサブバッグは楽天通販で買った515円送料別のなんちゃってエナメルバッグ(マゼンダ色系)でした。


「いったい、いくらしたの。」

と心配顏で聞かれたので



「5万円」



と、答えたんです。


笑ってくれるだろうなと。


ところが「やっぱりね」と言い、ため息をつきオットに「ごめんなさいね。全く。」と謝るのです。


オットそのバッグの値段を知ってるので返事に困ってました。


冗談が通じなかったので、慌てて本当の値段を教えました。


するとビックリしてましたが。


ともかく、うちの親だけかもしれませんが特に地方に行く場合は例えプチプラでも目立つ色はあらぬ誤解の元のようです。


実家の場合は率直に値段を聞いてきました。でもオットの親は口に出さず「うちの息子の稼ぎで〜」と思われないと限りません。

最後に実家に行った時には、実は買ったばかりの黒無地系のバッグを持って行きました。

また何か言われるかと思いきや、地味色のせいか何も言われませんでした。


やはり黒無地系は、余計な詮索をされず相手の感情をゆさぶらない色です。(使い方次第で最も派手な色ではありますが。)

帰省するときは、毎年ワザと同じ服。(ただし主婦のみ)オットと子供には意識してキチンと。


これが我が家の帰省服の定番です。


2014/07/22

本を処分できない本当の理由って。

世の中の人は、次の2つに大別されます。


A 本を読む、買う習慣がある人

B 本を読む、買う習慣がない人


どちらのタイプの人が本を処分できなくて困っていると思いますか?一部の極端な読書家のような人をのぞくと、たぶん、実は本の処分に迷い続けるのは実はBの人が多いのです。


というのは、Bの人にとって、本を買うのは「特別なこと。」だからです。滅多にない「本を買った。」という事実を処分したくないから本を処分できないのです。






①記念・・本を買ったという事実は滅多にないので記念に残しておきたい。

      要は、旅行のお土産を飾っておくようなものです。本当は、これが目的だったりしませんか。


②また読みたくなるかもしれない。・・三ヶ月、開かなかった本は、経験上再び開くことはあまりありません。

手に入りにくい雑誌などは「これまで、ずっと保管してきんだから、今更処分なんてできない。」という心理が働くんですよね。たとえば私はだいぶ前に、かつて隔月発刊のたびに買っていたあるインテリア雑誌をずっと持っていました。けれども今現在、この雑誌のようなインテリアを目指している?と自問したら、NOでした。では、どうしてずっと持っていたのかというと冷静に考えてみれば習慣と執着ですね。それと手放すことの恐れ、不安です。


過去のダム工事建設の問題と、よく似ています。

ダム「これまで、ずっとお金をかけてきたんだから、今更やめたらもったいない。」
雑誌「これまで、ずっと保管してきたんだから、今更捨てたらもったいない。」


ダム「無駄だと気づいたら中止することで、本来の正しい方向性を考えることができる。」
雑誌「今の自分には必要なかったと気づいたら、処分することで、あらたなインテリアを考えることができる」






紙、本そのものが貴重だった時代はいざ知らす・・

今は、その書いてある内容が大事です。

新聞紙は気兼ねなく処分できる人が本はできないはずがありません。


時代はどんどん変化しています。

本は基本、中身が勝負です。


古い本を処分できないと、新しく本を買ったり読んだりする気力が減ります。






2014/07/20

使い切れる量を買う。防水スプレーはこれ。

たまにしか使わないものを買う時ってありますよね。
そういうときは、使う頻度と使い切る期間を考慮した方が良いですね。

つい、お得だからと大容量や2本セットなどをうっかり買うと、なかなかなくなりません。
それでも「腐れないから。」と、放置するほどに余計な物が増えてしまいます。

普段は、「見ないふり」をして放置しておいても良い気がしてしまいます。
ところが、引っ越しのときには、「簡単に捨てられない物。」がいろいろ出てきて本当に困ります。

その中でも、過去に我が家で処分に苦労したのはガス式のスプレー類です。
さらに、防水スプレーを空にするのには本当に大変でした。

(毎日、少しずつ外でスプレーをして空にしました。)


同じ用途で液体のスプレー物が商品としてある場合には、なるべくそれを買います。

どうしてもガス式のスプレーしかない場合は「本当に必要か。」
よく考えます。

防水スプレーは、残念ながらガス式のスプレーしか商品化されていません。
さらに、たまに必要なので、やっぱり買うしかありません。

普通にホームセンターや、スポーツ用品店から買うと一本あたり300ミリリットル前後もあります。
そこで、役に立つのは100円ショップです。

100円ショップなら、小さいサイズの物が売られています。
先日、買ってきた防水スプレーは70ミリリットルです。

防水スプレー


このくらいの容量で、我が家では、だいたい一年くらい持ちます。
だから、ちょうど良い容量です。

収納も省スペースですしね。

他にも、どうしてもガス式のスプレーが必要な物は、我が家では全て100円ショップで調達しています。

ちなみに、我が家にあるガス式のスプレー類です。
全部100円ショップ品です。)

・防水スプレー
・円滑油スプレー(さび止め)
・静電気防止スプレー

そうそう、常備している殺虫剤のキンチョールは、100円ショップにはないので(虫除けは売っていました。)一般的なサイズより少し小さいサイズがあります。あまり扱っているお店が少ないのですが、近所に一件だけ扱っているところを数年前に見つけました。以来、キンチョールは100均ではありませんが、小さいサイズを買うことにしています。そのサイズも、だいたい1年で使い切れる量です。



買い物をするときには、後々のことを考えて少し割高かな~と思っても使い切れる量のサイズを買う様にしています。



2014/07/19

ガーゼハンカチ、使えます。

ガーゼハンカチを買い足しました。

昨年は、たまたま店頭にあるのを見つけて買えましたが、今年は売っていませんでした。近くのお店のベビー用品売り場を探すも、売っていませんでした。

無駄足を踏むなら、はじめから通販で買えば良かったです。


結局、よく利用するケンコーコムから買いました。


がーぜ3


10枚入りで、このお値段です。

がーぜ2

白無地に、縁の色が、違うのが3種類です。
薄手です。

がーぜ1




さて、これを何に使うかというと・・

まず、家族全員共通の使い道として・・

 洗顔後の顔を拭くのに使います。
 実際は「拭く」のではなく、そっと水分をとる様に使います。
 たくさん用意しておいて、常に清潔な物で顔を拭けるように多めにスタンバイしています。
 どんどん使っても、洗濯物のカサも増えません。


②私の肌荒れ対策として・・

 夏の間限定ですが、BURAの下半分に縦半分に折って挟んでいます。
 汗の状態に応じて、何度か入れ替えします。
 この方法を初めてから、MUNEの下の肌荒れがかなり軽減しました。




このほか、ケンコーコムさんからは、毎年恒例の桃の葉ローションも買いました。
すでに、腕の肘の内側や、首、デコルテ部分がヒリヒリしたり、かゆくなりはじめていました。
お風呂、シャワー後に、これを塗っておくと軽いうちなら治ってしまうし、予防になります。




 これは、もともと、子供の肌が弱くて毎年夏に買っていたものです。

子供の方は、幸いに成長とともに、段々この手のケアが少しずつ不要になってきているようです。

それに対して、私は平行線ですね。

夏は肌荒れしやすいのですが、激混みの皮膚科に行かずに済むように、注意してケアしています。





2014/07/16

土産が入っていた保冷袋の活用。

食品の買い出しには保冷バッグが欠かせなくなりました。


でも、その保冷バッグ、かさばりませんか?
私は、徒歩や自転車で買い物に行くので大きい保冷バッグは、重いし邪魔なのです。



そこで、今シーズンは、こんな使い方をしています。



用意するのは、生もののお土産などが入っていた簡易的な保冷袋と保冷剤です。


保冷1


保冷袋の中に、保冷剤を入れます。

保冷2

バッグの大きさに合わせて2回折りしています。

保冷3

スリムでコンパクトなので、バッグの中にラクラク入ります。


買い物をしたら、たとえば肉、魚をポリ袋に入れてこの袋の中に入れます。口は折ってスーパーにおいてあるセロハンテープで留めます。


あとは、レジ袋なり、エコバッグなりにこの保冷袋を入れて持ち帰ります。



大量にあるときには、とても無理ですが、日常のちょっとした買い出し程度なら、この程度で十分です。足りない場合は、スーパーで氷をもらって別にするだけです。


あらかじめ保冷剤を入れて行った方が、スーパーで氷を詰める手間がなく、さっと帰ることができます。


買い出しだけではなくちょっとした外出にも、この方法は役に立ちます。


私は、とにかく荷物がかさばるのが苦手です。小さいお子さんを連れて公園に行くなら、濡らしたおしぼりをポリ袋に入れて・・凍らせた小さいゼリーを入れて・・など、この簡易的な保冷袋はいろいろ使えて便利です。


ファスナー付きの保冷バッグは、中身がなくなってもかさばりますからね。


暑い夏は身軽に外出したいものです。




2014/07/14

3COINSのルームフレグランスといす脚カバーを買いました。

3COINSにて、こんな物を買いましたよ。


いすの脚カバーと、ジャスミンの香りのルームフレグランスです。


さっそく、使ってみました。


いすの脚カバー

14071401

いすには、買ったときに、業者さんがつけてくれた傷カバーが着いていました。が、経年の使用でフェルト部分がなくなっていました。これまで、ラグを敷いていたのですが、最近撤去したので、100均品を張っていましたが、ずれてくるのです。そんな折、脚カバーを見つけたので、使ってみました。どのくらい持つかな?


14071402



次はルームフレグランスです。
今は玄関においています。

14071403

安い芳香剤は、時折、強烈な香りだったりします。でも、これは大丈夫です。近くに行かないと香ってきません。たぶん、玄関を開けたときにほんのり香りがする程度だと思います。このくらいがちょうど良いですね。見た目もかわいくて涼しげで気に入りました。



2014/07/13

服の断捨離

要らない物は、まめに処分しているので、「余分はない。」と思っていました。


でも、なんだかクローゼットの中身がモヤモヤしているのです。



そこで、「モヤモヤ」する服を、とりあえず全部出してみました。



結果、モヤモヤ服の8割は、着ていないのです。
1割は、着ているけれど、着て落ちつかないもの。
1割は、着ているけれど、見た目に腑に落ちないもの。


・・でした。



モヤモヤの理由を羅列してみました。




処分を迷うのは、まず「着ていない8割です。」


・全然、ほとんど着ていないのに、捨てるなんて罪悪感。
 


・昨年は、着ていたけれど、今年は着る気になれない。


・丈が短いので気を遣う。
 胸元の開きが広いので、インナーに工夫がいる。


・ブラックのテーラージャケットは万能だと思っていたけれど、娘の就活スーツを借りたみたいに見える。


・速乾性があるパンツと思ったけれど、汗を吸わないので暑くて仕方がないから履かなくなった。


・デザインが若すぎる気がする。



・・と、まあ結構疲れますね。



で、なくても困らないと判断した服は処分することにしました。
今回は、ジャケット以外は半端な安っぽい普段着・・が多くありました。

普段着とはいえ、カットソー素材の霜降りグレー系は危険アイテムだと思います。
それから、シンプルな白いカットソーというのも同様。


洋服の指南書にはシンプル白のカットソー、Tシャツ、襟付きシャツを勧めるのですが、あれは人を選びますね。


よほど雰囲気のある人でないと、私のように体型もしまりのない体型の者が着ると、えらくチープ感が倍増します。自分で着ても気づきません。

以前、たまたま街でそういう同年代の人を見かけてハッとしたのです。


それから、仮にスリムでも、パンツスタイルはお尻部分の見せ方は鏡でチェックしないといけないと痛感したことがあります。

というのはある程度の年齢になると、パンツスタイルのスリムな女性のお尻と足の形に注意がいるんだと思いました。


というのはスリムな50歳くらいの女性はファッションもオシャレだったのですが、お尻のラインというか、骨の形が年齢を表しているんです。もっと年齢が上になると、膝が曲がった人も見かけます。

逆に、ふくよかな女性の方が、お尻のラインの崩れが気にならない事が多いと思います。


日本では、スリムであることが最高のように思われますが、年齢がある程度以上の場合は、骨ベースのラインが崩れている人を見かけます。そのことが、かえってふくよかな人よりも年齢を感じさせてしまうこともあるんだなあと感じたのでした。


洋服を着たら、後ろ姿や膝が曲がっていないかなども考慮して似合う服を選ばないと行けないのだと感じた次第です。


20140713001





今回は10枚前後、処分しました。ウエスにできるものはそうしました。









2014/07/11

新しいラグの使い心地。

7年ぶりにリビングのラグを買い換えました。


これまでは、実用重視で毛足が短くベーシックな色味でした。今回は冒険しました。毛足は2.5センチのグリーン系ですが、濃いモスグリーンから明るい黄緑色までのグランデーションの色味です。





こんな感じで届きましたよ。

2014070705

2014070702



と言っても、他の家具が垢抜けないせいか、「冒険した!」と思ったほどには「変わった!」という感じはしませんでしたけど・・。商品画像のイメージと同じ色味でしたが、我が家には、無難なブラウンの方が合ってたかもしれません。もしくは、全体が均一のモスグリーンとかだったら合っていたかも。でも「日だまりの芝生の上」にいる感じはそれはそれで良いです。


物自体は商品説明のイメージ通りです。ショップの応対も迅速でメールの文面の雰囲気も良かったですよ。思ったより早く届きました。


(ローテーブルを置く前)

2014070703


このラグにして良かったな~と一番思うのは、座り心地です。


これまでは、何かしかないとお尻が痛くなるのでロングシートクッションを常備していました。(&ごろ寝用)



けれども、このラグは、適度にふかふかしているので、何も敷かなくても良いみたい。「ごろ寝」もそのままOK(ちょっとだらしないですが)


くつろぎという点では二重丸です。でも、油断するとダラダラを助長するかな?まあ、「人間をダメに」まではしないと思います。^^



ラグのクレームにありがちな抜け毛などは今のところ全くありません。




ただ、掃除は念入りにしないといけないですね。


ハウスダストセンサー付きの掃除機を使っているので、それを目安に掃除しています。



届いた直後、2,3日はニオイがしていましたが、今は(1週間くらい)全く気にならなくなりました。(ハッカ油をスプレーしたら気が紛れましたよ。)



あとは、時間の経過でどのくらい持つかなあというところです。



昨日、はじめて冷房を入れました。


冷房による冷えが緩和される感じです。冬は暖かく過ごせそう。



本当は、画像のスミに見えているだましだまし使っているソファを黒のミッドセンチュリー系のソファかいすに変えたいんですよね。ローテーブルも。


でも、まだ使えるのでずっと悩んでいます。



こういう場合、洋服なら「ときめかないから処分しましょう」と割と決断できます。でも、家具は処分するにはエネルギーがいるし買い換え費用も大きいので決断がにぶります。


さーて、どうなるんでしょうね。







2014/07/08

粗大ゴミを普通ゴミサイズにカットしたら、思わぬアクシデント。

先日、迷いに迷ったリビングのラグも、やっと決定して無事に到着して、気持ちいい~と、ふかふかになった床に、ゴロゴロしてしまうこの頃。

それは良いとして、買ったからには古い物を処分せねばなりません。

Aリビングのラグ
Bダイニングのラグ
Cロングシート(長座布団のもっと長いもの)

今回、新たに買ったラグは底付き感がないので、寝転んでも背中が痛くないのです。座ってもおしりが痛くならない。で、古くなっていたこともありますがCも急遽処分することにしました。(新しく買うつもりでしたが、今回のラグで買わなくて良くなったのです。)


いずれも粗大ゴミサイズなんですね。

どうしようかな~

粗大ゴミに出すと、おそらく

A800円
B400円
C400円

合計1600円

と予想。

それは良いのですが、Cはともかく、下にゴミ収集所に持って行くのも大変。一人では無理。いろいろ考えるとお金がかかるのもそうだけど、面倒だな~と思い、普通ゴミサイズにカットすることにしました。

実際にやってみると、A,Cはそんなに大変でもなかったんです。(軍手をはめ、マスクをして作業しました。)

問題はB。何せ15年間も持ったので、丈夫で分厚いのです。無理する気はなかったのですが、段階を踏めば大丈夫そうで、4,5回にわけて作業することにしました。今朝は、全体の4分の一ほどをカット。右手には軍手を二重にはめました。

「あら、切れたじゃん。」

一度には無理でも何回かにわければ自力でカットできそうです。残り4分の三。



そのあと、スーパーに買い物に行きました。
結構、重い荷物があり、米5キロも含みました。

自転車で帰ってきて、自転車小屋で荷物がはいったエコバッグを持ったとたん・・・・


「チクッ」


一瞬、ハチにでも刺されたかと思う痛みが右手の人差し指関節内側に走りました。

見ると、付近の血管が青くなり、軽く腫れています。

「虫?」

と思いましたが、最近、自転車置場で虫は見かけないし、ハッカ油もスプレーしてたし、指を見ても指されたような跡がないのです。

とりあえず部屋に入り、洗ってもうど一度見ましたが、やっぱり虫刺されの穴が見えません。
まずは冷やせと思い保冷剤で冷やしつつ、「まさか、重い荷物を持って血管が切れた?そんなことあり?」と冷やしながら
ネットでにた事例を検索しました。

するとありがたいことに画像入りで載せている方がいました。


その方は病院に行ったそうですが、やはり直前に指に力を入れるような作業をしたのが原因だそうです。(ただし、繰り返す場合は白血病などの病気が隠れていることがあるので、そういうときは再受診と言われたらしいです。)

で、すっかり忘れていたのですが、最終的な原因は買い物の荷物を持ったことだと思います。でも今朝、軍手はしたものの、分厚いラグを強引にカットするという作業を延々やっていたわけです。

おそらく、その段階で血管がもろくなっていたんでしょう。

1時間もすると、ようやく腫れは収まりましたが、血管はまだ見た目に違和感があります。(力を入れなければ普通に動きます)

やっぱり、急に無理な事をするのは良くないですね。


素直に粗大ゴミに出すべきでした。でも、すでにほとんどカットしてしまったので、残るBのラグ4分の3はどうしようかと思案しています。


皆様も「カットして普通ゴミにしようかな~」と、あんまり無理しない方がいいですよ。




2014/07/04

家族の衣類、持ち物、靴、費用対効果。

気に入る服や小物、靴がなかなか見つかりにくい年代ですが、一つ注意していることがあります。


それは、主婦である自分の服装や靴、バッグなどの持ち物にばかり注意が向き、オットや子供とのバランスがとれていない状態になることです。

具体的にですが、奥様はいつもオシャレで流行のものや高価なものを身につけているとします。ところが、そういう奥様のダンナ様を見かけたときに「え~っ」という印象で驚いたという経験はないでしょうか。または、奥様は衣装持ちの印象なのに、ダンナ様は、いつ見ても同じ物しか着ていないということも。

奥様はリッチでオシャレな雰囲気なのに、ダンナ様がそうではない。それはひとえに、その方のダンナ様がそういう人というわけではないのです。着ている物、靴、持ち物に「テキトー感」があるからそういう印象になるわけです。

それって、そのダンナ様の自己管理が良くないのでしょうか。そうではないと思います。奥様が、きちんと定期的にチェックして買いそろえてあげる必要があるわけです。

「大人なんだから、自分の物くらい自分で買ってよ。」というのはちょっと違うと思うんです。実際、友人にも、いつもそう言っている人がいます。「自分で服を買ってくるけれど、いつも安っぽく見えるようなセンスないものばっかり買ってくるの。」と。

奥様でさえ、そう感じるのであれば他人ならもっとそういう印象を与えていることでしょう。そういうことを言うのは自分とダンナ様は別物と思っているんでしょうね。確かに、本当は大人なんだから自分で買ってくれば良いのでしょうね。でも、それが上手な買い物でない場合や、そもそも買い物に行くのが嫌いと言うダンナ様も多いのではないでしょうか。

そういうときは、奥様が買うしかありません。試着しないとわからない服でも、事前に手持ちの服と本人のサイズをはかりメモを持って行きます。一番良いのは、今着ている服のサイズで同じメーカーの服を買うことです。それも難しい場合はセール品でなければ、返品、交換はほとんどの店で受け付けてくれますから、面倒ですが、それ覚悟で買えば良いのです。



世間では夫婦単位、家族単位での印象で判断しています。どんなに奥様がオシャレをしてもダンナ様の服装の印象が良くないと、かえってアンバランス加減で、妙な印象を与えてしまい大損なんです。

だから、やっぱりダンナ様の服装は、「大人なんだから」と言わずに、奥様が納得のいく服や小物をそろえてあげないといけません。メンズ物は、流行のサイクルが短くアイテム数も女性物より少ないので、一度ちょっと良い物を買うと次の流行サイクルくらいまでは長く着られます。

すると、ダンナ様も自信がつくし、嬉しいし、他人から見た印象も家族単位で良いものとなります。着る服がない。と思ったら、いったん、自分の服を買うのは延期にしてみませんか。その代わりダンナ様の服や靴、小物をチェックして、先にそちらを買ってみてはどうでしょう。

すると、買い物欲も満たされるし、ダンナ様も喜んでくれるし、費用対効果は主婦の自分の物を買うよりもずっと大きいのです。




2014/07/03

飾るだけの物は、要らない。

何せ、ずぼらなものですから、マメにホコリを払うことが苦手です。


なので、飾るだけのインテリア装飾品は、我が家にほとんどありません。かつては、いろいろ存在もしていました。けれども、段々、ホコリっぽくなってきて愛着も薄れ・・結局は捨てる。そんな経過をとることが多かったのです。


観葉植物や花なども私にとっては「装飾品」の部類です。あれば確かに雰囲気が良いのですが、水を替えたり、葉のホコリを取る手間が苦手で。


それから、理由がもう一つあります。


何せ、用心深い性格なので、地震が来たときに物が落ちたり倒れてけがをすることは避けたいのです。そうなると、必然的に装飾品は、「ないにこしたことはない。」ってことになるんです。


植物もそうです。


部屋に土を持ち込むと、それだけ、カビ、その他の雑菌が繁殖する可能性がより高くなります。なので、部屋に鉢植えあまり置かない事は、衛生面の都合もあります。


一本だけある私の身長より背が高い観葉植物が唯一の装飾品です。





2014/07/01

リビングのラグ、どうしてますか?

実は、冬から迷ってまだ決めていません。

リビングのラグです。

ダイニングのラグは、今年15年目にもなっているので、とりあえず撤去するだけにします。
久しぶりにラグをはずしたら、いすを引くたびにギーギー言ってうるさいのです。

100円ショップに行き、フェルト素材の足底用シールを買ってきて貼りました。
少しだけサイズが大きかったですが「大は小を兼ねるでとりあえず問題なしでした。

今度はす~っと引けます。




さて




問題はリビングです。



こちらのラグは7年目。


スミノエのダイニングラグというものを敷いているのですが、とりあえず見た目はへたっていません。というか、もともと毛足がないループ状なので、変化はありません。


とはいえ、さすがに7年も経過すると、丹念に掃除してもいろんな汚れが蓄積していそう。


目には何も見えませんが買い換えることにしました。




ラグで悩むのは、



見た目か実用性か。


です。




最近はやりのモップのようなシャギータイプは見た目がオシャレですね。でも、どう考えても掃除が大変そうです。



じゃあ、実用重視?と思い、いろいろ見るのですが、どうもピンときません。



じゃあ、ラグを敷かないという選択は?



となると、我が家はリビングは床に座るスタイルなので、くつろげなさそうです。




じゃあ、じゃあ、いっそ、リビングに、もう1セットダイニングセットを買って、床に座らないスタイルにしたら?


・・な~んてやったら、物を増やすだけですよねえ。


それに、古いソファーにカバーをつけて使っている大物もいますし。


オットに相談したら、
「第一印象で決めればいいんだ。
 機能とか、使い勝手とか細かいこと考えないでいいんだ。
 どうしても気に入らなかったら、買い換えられない訳でもないし。」

そこで、
おもわず、
「そっか~
結婚相手を決める時と一緒ね~。
いちいち細かいスペックまで考えたら、決まらないもんね~。」

と、
つい
墓穴を掘ってしまいそうな妙な返事をしてしまいました。


それで
「わかった!
じゃあ、
機能は考えないで
見た目だけで決めるよ!
なんだかわくわくしてきた!」


と、
見た目重視のものを買おうと思ったのですが
いざとなると
「待てよ。やっぱり掃除が大変なのはイヤダ。」
と、迷いのスパイラルに入り込んでしまいました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。