2014/08/31

当分、服は捨てない。

そろそろ、手持ち服の所有量は、落ち着きました。外出するときに、以前ほど迷いがなくなったし、多くもなく少なくもなく、ほどよい量になりました。



「数」ではなく「量」と書いたのは適切なのは「数」ではなく「量」だからです。私の場合は、現在のクローゼットに収めても、スムーズに取り出せることと、記憶できる量であることが目安です。



私に限ったことですが、何を着るか、迷いのスパイラルにはまるのは、「実際以上に自分をよく見せよう。」としているとこだと気がつきました。もちろん、わざわざ変に見せる必要もありませんが、もう少し肩の力を抜いてみようと思ったのです。



一流ホテルや高級店では、その人の服装や靴、小物を見て、どの席に案内するかとか、接客の善し悪しに影響するそうです。けれども、私はそんなところに行く機会など滅多にありませんから関係ありません。仮に行く機会があったとしても、所詮、「物」で判断しているだけです。一流とか高級と言っても、所詮はその程度なのだという事に気がつけば、何も恐れる必要はありません。


ましてや、普段会う人たちも「同じ穴の狢」・・といったら失礼かもしれませんが、そんなにビクビクするように逐一気にする必要があるんでしょうか。清潔であり、場に合った服装でさえあれば。



もちろん、実際には一流といわれるような人は、持ち物に限らず、立ち居振る舞いや、ぱっと見た雰囲気が独特です。それは、生まれたときから現在に至るまで、長い期間をかけて培ってきた教養や、習慣、場数を踏んだ事の結果です。ですから、一般人であり庶民の私が、昨日今日の付け焼き刃で仮面をかぶることなどできはしません。反対に、「同じ穴の狢」の範囲でオシャレ上位を目指しても。


女性のオシャレは、男性、女性、どちらを意識するかで方向性が変わります。私のように既婚、子持ちとなれば前者を意識する機会はゼロです。となると、既婚女性世代が服装で迷いのは「対女性対策」という結論が出ます。


女性同士の交流において「ダサイ」は深層的カーストの下になりやすいのでしょう。かといって、いわゆる男性受けするようなファッションでは反感を持たれます。対女性対策のファッションとして、無難なのは無彩色と寒色でしょうね。暖色を使った場合はデザインをシンプルに。基本、フリル、レース、リボン、花柄は女性受けが良くないですが、色を無彩色か寒色にして、他のアイテムをシンプルに徹すればほどよい感じになるのかなと。



コンサバ過ぎると世間一般受けでは無難でも女性受けはいまひとつ。「自分は誰に受け入れられたいのか?」をポイントにすれば着るべき服の傾向を絞ることが出来ます。


最近は、あれこれいろんなテイストの服を買うのをやめました。結果、洗い替えと色違いを兼ねた同じシルエットの服を3セット・・のような組み合わせが中心です。調子が良いみたいなので、あとはしばらく服を捨てず増やさずキープしてみようと思っています。






スポンサーサイト
2014/08/30

「お気に入り」はない。

考えてみれば、私には特に「お気に入り」の物と強く実感するものはありません。



なぜなら、物は物以上でないと思うからでしょうか。それから、どんなに見た目が良くなくて妥協して使っている物でも自分の暮らしを支えてくれる物であることに違いはありません。



もちろん、ほどほど「使いやすいなあ」とか「まあまあ好き」と思うものはあります。「買って良かった。」と思う物もあります。けれども、そこまで・・ですね。



たとえば、洋服の取捨選択をしているとき、「好き」ってわけではないけれど、必要な服って、必ずありますよね。たとえばフォーマル用の服とか。それから、本当は、カジュアルな服で365日暮らしたいと思っても、現実は無理です。子供の学校に行かなければならなかったり、何らかのお祝いの席に出席したり、仕事で着る服などもそうです。



そういうときは「お気に入り」も何もありません。客観的な視点のみです。物は、時として自分のために使うとは限りません。


物には2種類あります。




①自分のために使う物

②自分以外のために使う物




①に限っては「お気に入り」を貫けば良いですが、②はたとえ着るのが自分でも相手がある場に着ていくような服も含みます。そういうものは、お気に入りを優先してはいけません。




自分ひとりで生きている人は皆無です。だから、「お気に入り」にとらわれない事が大事です。



もちろん、お気に入りだろうが、そうでなかろうが自分が買った物は大切に使います。けれども、たとえ物であっても「お気に入り」を強く意識することはなかったなあ・・と改めて思います。



たとえ物でも普段から、あまりに「お気に入り」と「嫌いな物」を明確にしすぎることは、その習慣がそのまま人との関係にも表れると思うのです。


考えてみれば、子供は好き嫌いがはっきりしています。ところが、成長するうちに、妥協できるようになります。食べ物の好みから始まり、洋服の好み、小物の好み、人の好み・・子供はこの区分けが明確です。けれども、好き嫌いの差を他人に感じさせない人ほど、紳士、淑女であり、上品な人と写り、それが暮らしぶりの余裕を感じさせます。けれども、好き嫌いの差を周囲に感じさせてしまう人は子供っぽく写ります。もちろん、本当は好き嫌いがあっても、大人はその存在を認める余裕はあります。

けれども、最近の傾向は、どうも好き嫌いを明確にして、嫌いを排除する傾向が多いですね。それは何となく大人げないと思うのです。ミニマム志向になろうとすると、どうしても好き、嫌いを意識せざるを得ないように錯覚しそうになります。物を厳選するのは好き嫌いではなく必要か必要でないかなのです。




2014/08/29

自称「虫除け対策オタク」の私の工夫。

もしかすると私、「虫除け対策オタク」なのかもしれません。




以前にも、このブログで書いたことがありますが、以前から蚊に刺されないようにかなり注意を払っています。というのも、20年ほど前から蚊に刺されると腫れがひどくなる体質になってしまったからです。




また、子供の頃には見かけなかった「シマカ」も増え始め、ますます対策には入念になりました。それでは私なりの蚊に刺されない対策です。基本は、テレビなどで紹介されている方法と大差ありませんが、参考になれば幸いです。



①蚊の行動が活発になる時間帯の外出を控える

 蚊に限らないのですが、ハチ、アブ、その他の虫も、比較的行動していない時間帯と天候があります。そうしたときをなるべく避けて行動します。(出来れば・・の話ですが)

時間帯

活発・・昼過ぎ以降
鈍い・・早朝(早朝から午前10時くらいの間であれば比較的鈍い)


天候

活発・・晴天
鈍い・・雨天、曇り



②洋服と小物の工夫

長袖、長ズボン、ストール、ソックス、手袋・・など、紫外線対策になる服装は肌を出さないので虫が寄っても刺されにくい黒っぽい服、黄色い服を避ける・・黒っぽい服に虫が寄りやすいと同時に虫がいても発見しにくいのです。明るい色の服のほうが刺されにくく、仮に寄っても気がつくのが早くなります。黄色は蚊には当てはまらないかもしれませんが、花と間違えて虫が寄りやすい色だそうです。



③虫除けをスプレーする

以前、記事にしましたが、普段はハッカ油をスプレーします。このハッカ油は、薄めないでこのまま使います。



洗濯物を干すため、ベランダに出る直前に自分に2吹き、出入りする付近のレースカーテンに2吹きします。玄関内にもドアを開ける直前に吹き付けます。外出時は、30分~1時間でにおいが飛ぶので吹きつけ直しが必要です。でも、ハッカ油は多分マダニ対策にはなりません。

マダニ対策に唯一効果が期待できる虫除けスプレー

そこで、山に行くときは場所に応じてマダニ対策として唯一効果が期待できるとされるのは調べたところ、この品だけです

(リンク先 楽天)



ディートという成分の配合割合が、市販の虫除けスプレーのうち一番多いようです。(ただし、お子さんなどには注意して使って下さい)私は、このムヒ虫除けスプレーは、直接肌に吹き付けず、バッグ、ザック、靴、帽子、などに吹き付けています。

エアゾール式と液体スプレーの2種類ありますが、私は液体のスプレーを使います。吸い込みにくく、サイズも少し小さめで、うっかり車に置きっ放しにしても危険がないからです。使い残しの処分もエアゾールより簡単だと思います。



④玄関、ベランダ、窓に市販の虫除けを設置する。

 虫○ナーズとかです。



⑤虫を室内や車に持ち込まない。衣類を別にして良く洗う

山、公園など虫が多い場所から帰宅したときは、電車に乗る前、車に乗る前に、小物や服に虫が付いていないか確認する。洗濯は、この外出に着た物は他の衣類と分けてすすぎを大目にする(虫除けスプレーを吹き付けている。虫がいるかもしれないので)




⑥あまいシロップの食べ物に注意

外でかき氷やアイスを食べるときは、ニオイに虫が(スズメバチ、アブなど)寄ってくることがあるので周囲に注意して食べる。




⑦万が一刺されてしまったときのために、常備すると安心なもの(行き先に応じて持って行く)

ペットボトル入りの水(封をきっていないものを常備、清潔な水のない山の中で傷口や刺されたところを洗う)
虫刺されの薬
 普通の蚊で、普通の体質であれば普通のムヒなどで良いが、腫れてしまう体質の場合(私がそうです)、普通のムヒより強いタイプのムヒアルファというシリーズがおすすめです。(以前の記事あり)


・出番がないことを祈りますが山に行くときはポイズンリムーバーも持参しています。(幸い、まだ使ったことがありません)

(リンク先 楽天)



⑧香りの強い柔軟剤、洗剤、シャンプーリンス、石けん、整髪料、化粧品、香水を使わない。

最近、はやりの香りが強い柔軟剤は、虫を呼びます。



⑨外で座るときには周辺に虫がいない事を確認する。
 
山や公園で、お昼を食べようとベンチに座る前に、イスの下、テーブルの下、周辺に虫がいないか見回します。座る前に虫除けスプレーをして、舞い上がった薬が落ち着いてから座ります。


⑩事前にネットで、行き先の虫情報(?)を検索してみる。

 蚊くらいはどうしようもありませんが、ヒル、アブ、スズメバチなどは結構、出かけた人がブログなどに載せていることもあります。







「そこまでする???」

と、思われるような方法を羅列しましたが・・


実際は文章にしたほど難しくもないし面倒ではありません。

薬などは買って保管したり持ち歩くだけです。


10~20年前くらいは、たまに蚊に刺されたくらいでも、ちょっとかゆくなるくらいでしたので平気で半袖を着たり、スカートをはいていました。でも、ここ最近は、無理です。正直熱いですが、生の肌を出して虫に刺される方がいやなので我慢しています。

今年は、数年ぶりに今、ちょっと涼しくなりましたが、本当にここ5,6年は残暑が厳しかったです。虫がいつまでもいるのも、気温も大いに関係あるのでしょうね。






2014/08/28

1年以上使う物は、ロングセラー品から選ぶと良い理由

1年以上使う物を買うときには滅多にセールにならないものから選ぶと失敗がありません。

いわゆるロングセラー品から選ぶと良いです。


たとえば、台所用品、文房具、バッグ、小物・・
生活に必要なものはいろいろありますが、選択肢が多すぎます。


一見、流行があるバッグでも、ある程度の定番品というかロングセラー品はあります。
長い間、販売されているということは、作る企業の姿勢もよいということですし、品質や使い勝手にも定評がある証拠です。


世の中に、いろんな物が販売されています。けれども、ロングセラー品はそう多くありません。その範囲から選ぶようにすると、そう簡単に物も増えないはずです。



2014/08/26

ズボラーな子供でも、ぐちゃぐちゃにしない洋服管理。

子供の衣類が、ぐちゃぐちゃで困っているということはありませんか?



我が家の子供は、かなりのズボラーです。(母親に似た?)
でも、服がぐちゃぐちゃ・・ということは全くありません。


毎日、1~2枚の服が、床に落ちていたりはしますけれどね。


なぜ、ズボラーな我が子でも服がぐちゃぐちゃにならないのか?
理由は簡単です。

持っている服(オンシーズン)を全部出さない。
から・・なのです。

たとえばTシャツを7枚持っていても、常時出してあるのは、そのうち3枚です。


ちなみに、今、出してあるのは

・学校の制服
・トップス3枚
・ボトムス2枚
・薄手中ソでパーカー1枚
・部屋着ボトムス2枚
・パジャマ2組



・・です。



実際には、洗濯中の服がここから減りますので、実際に掛けてある服はこれより少ない数であることが多いです。


服は、大きく2種類に分けられます。


①普段、よく着る(ヘビロテしている服)

②滅多に着ない
  ・①の予備
  ・フォーマルなど

一見、②「①の予備」を処分しても良さそうに思えます。
けれども、そうはいかないことがあります。

旅行、帰省、洗濯をマメに出来ない・・などの事情で、予備の服を持たなくてはいけないことがあるんですよね。
(もちろん、予備も多すぎたら処分が妥当ですが。)

だいたい、服がぐちゃぐちゃになってしまうのは、①も②も同じ場所に収納しているからに他なりません。


普段良く使う場所には①だけを収納すれば良いのです。
数が少なければ、ハンガー同士が引っかかることもないので、ズボラーな我が子でもきれいをキープできるわけです。


更に、私はたたむ収納が苦手なので、インナー以外は原則服は掛ける収納です。(常時出してある服)
掛ける収納は収納量が少なくなります。
けれども、その分、余分な物を持たない効果が生まれます。





つまり、子供の服は、①だけを出しておき②の服は(予備)別に収納してあります。
子供が自分ぐちゃぐちゃにしない数のギリギリだけを出してあるというわけです。
それ以外のスタンバイ服は、100均のレジャーバッグに入れて押し入れにスタンバイさせています。

れじゃーばっぐに


シーズンオフではないけれど、季節が半端な時期にきる服や、ハーフパンツで出かけるにはちょっと・・な場所に行くときのためのフルレングスパンツなどをも、この中に入れてあります。Tシャツも、普段は3枚もあれば洗濯に間に合いますが、帰省や旅行などでそれ以上必要なこともあるのです。けれども、普段は必要ではありません、。なので、予備の分は、この中です。

洋服は、普段は3枚で間に合うけれど、たまに6枚とか7枚必要なときもありますよね。そういうときのための予備の服は普段は別にしておけば良いのです。



掛ける収納を基本にしているので、洗濯物を取り込んだあとの「塚」もズボラーな私の住まいに出来たことがありません。「たたむ収納」にしていると、どうしても、取り込んだ洗濯物をいったんハンガーから服をはずしてから「たたむ」動作が必要なので、やる気が起きなかったり時間がないと、つい「塚」を作りそうですね。けれども「掛ける収納」は、ハンガーにかけたまま収納スペースにノンストップで戻すだけです。





2014/08/25

アクセサリーは、これだけ。

普段、アクセサリーって、どのくらい使っていますか?



私は、最近は全く使うことがありません。



10年ほど前からは、結婚指輪すらしなくなりました。
(実家の母からは、「未婚と思われるから付けなさい。」と忠告されています。)



一度、アクセサリーを使うのをやめると、もう以前には戻れません。


アクセサリーって、ないとダメですかね?


使わないので、数年前に、一部をのぞき、ほとんどのアクセサリーは、リサイクル店に売ってしまいました。


今、手元にあるのは、パールのネックレスとイヤリング、

あくせ2


結婚指輪と婚約指輪・・くらいのものです。



このうち、パールは冠婚葬祭や行事で、たまに使います。
けれども、結婚指輪も、婚約指輪も出番なしです。


実は結婚指輪をしなくなったのは、ちょっとした笑っちゃうアクシデントがきっかけなのです。なぜか、結婚指輪をはめた指を引き戸に挟んでしまい、ちょうと指輪の位置に当たり変形してしまったのです。

今にして思えば、指輪のおかげで大事に至らなかったとも言えます。でも、変形した指輪を修理に出すのも面倒で外したまま放置してしまったのでした。

いったん、指輪を外したら楽ちんなのです。私が外したらオットも外しました。




結婚するときは、母の強いすすめで訪問着(着物の)とか、買わされましたが(自腹)訪問着なんて、結局ほとんど着る機会がなくて無駄でした。訪問着を買うくらいならパール3点セットにすれば良かったです。つくづく買い物の要領が悪かったと思います。


それから、なぜか婚約指輪はダイヤ!みたいな雰囲気がありますよね。これも当時、何も考えず、世間の慣習にのって選んでしまいました。



(パールのネックレスは、結婚してから家計費で買ったものです。)余談ですが、これから結婚する方は何か頂く場合はダイヤより、パールの方が断然実用的ですよ。(ネックレス、指輪、イヤリング)多分、結婚してから家計費の一部で買うよりも予算が多いでしょうからその分、良い物を選べます。


私が結婚をしたのは、まだバブルの名残があったので婚礼ダンスセットも買いました。これも数年前に処分してありません。様々な大型家具も買いましたが、ほとんど処分してありません。


結婚した時に、随分いろんなものを買いました。当時は結婚時に買うものは実家が嫁ぎ先に「見せるため」の意味もあったのです。

随分、無駄な事をしたと思います。でも、時代の価値観がそうなのでやむを得ませんでした。

随分、お金を使ったのに結婚後 間もなく何度か必要になったパールのネックレスは持っていませんでした。初めは若さで許容されるだろうとフェイクで間に合わせました。でも、ほどなく、それでは済まなくなりました。

こうしてみると、女性とミニマムって案外相性が良くないですね。
女性らしさを表現するものって、何かをプラスする物が多いですから。


リボン、フリル、レース、柄、
アクセサリー、
化粧、
ウェーヴがかかったヘアスタイル・・・・




そういえば、化粧はともかく、私はそれ以外は全部苦手かな。
でも、そうすると、女性らしさがなくなってしまいますね。



以前、何かで読んだのですが、ミッキーマウスとミニーマウスの顔の違いって
「まつげ」だけなんだそうです。


女性を表現することって、つくづく何かをプラスすること・・なのね~と
感慨深いです。






2014/08/23

愛用シンプル100均タッパーを選んだポイント。

2,3年前くらいからでしょうか。やっとこのタッパーに落ち着きました。ただし、メーカーの定番品ではなく、100均で売られているものなので、いつまでも確実に手に入るとは限らないことが唯一の欠点です。


これはセリアから買っています。
実は同じような記事をこのブログの第一弾だったseesaaブログで発信していたときに書いたことがあります。けれども、あれからだいぶ月日が経過して、このブログに載っていないと気づきました。


自分では、とても使いやすいと思っているので、せっかくなので参考までにもう一度改めて記事にしてみました。

まずは、一番使用頻度が高い2つのタッパーです。

たっぱー5

左は800ml、右は380mlです。

左は、その日のおかず類を一時的に冷蔵庫に保管したり、切った野菜の一時おき用に使います。ボールやざるよりも幅が狭いので狭いシンク上でスペースをとらないのです。

右の小さい方も、同様に使いますが、それとご飯を一時的に保管するのにも使います。普通の茶碗一膳分には容量が多いのですが、子供の大きめ茶碗に合わせるとこちらがちょうど良いのです。以前、「ごはんの冷凍は好きではない。」と書きましたが、全く冷凍しないわけにはいきません。家族が、予想よりご飯を食べないで残すこともあるし、アクシデント対策に、気が向いたときに少しだけご飯を冷凍していることもあります。

このタッパーは食器戸棚の私が一番使いやすい位置に、このように収納&スタンバイしています。

たっぱー2

以前書いた記事から(現在、その記事はありません)全く変わっていません。



それから、このサイズでは足りないものは、こちらの大きめタッパーを使います。

たっぱー7

たっぱー6

このタッパーの容量は2.4lです。こちらはキャン・ドゥからかいました。
見かけの割にたくさん入ります。
底にキッチンペーパーを敷いて野菜をカットした物を入れたりと、重宝しています。

このタッパーを選んだ理由は我が家の冷蔵庫に収まりが良いことです。購入前に綿密にサイズを測り、店でもタッパーのサイズを測りながら、慎重に無駄のないサイズを選びました。

その結果、こんな風に、横向きでも・・

たっぱー4

縦向きでも収まりが良くて冷蔵庫に無駄なスペースが出ません。

たっぱー9

冷蔵庫の入れた時の収まり感を考えてこれを選びました。


一般に好評の琺瑯のタッパーなどは、ズボラーの私には不向きです。琺瑯は確かに見た目がよく、におい移りしないなど利点が多いです。けれども、中身が側面から見えないので、うっかり食べ忘れそうだし、重いので洗うなどの手間が億劫になりそうなので私は使っていません。


その点、これらのタッパーは、軽くてどの面からも中身が見えて洗いやすいのです。我が家の冷蔵庫の収まりが良いサイズなので収納のストレスもおきません。380mlのを除いてどちらも直方体なので、幅が狭い分、容量の割にちょっと置くのにも場所を選びにくいことも狭い台所の我が家にはぴったりです。

参考になる関連トラコミュ
トラコミュ
100円shop*セリア(seria)


トラコミュ
100円ショップ


2014/08/22

子供と「フツー」の狭間のミニマムライフ

子持ちファミリーがミニマムライフを実行しようとすると、大きくはだかるハードルがあります。それは、大人である親の価値観と、子供を通して関わる一般的な物の持ち方には大きなズレがあるからです。



なんだかんだ言って、世間はまだ「フツー」に物を持っています。当然、学校から指示される持ち物などにも、それが反映されます。


今回の話は「子供がいるから物が減らせない」とか「子供がいるから片付かない」という話とは全く別の話です。

さて、子供が友達と関わる事でもそれは実感します。子供の友達の家庭の多くも、「フツー」に物をたくさん持っています。

極端に物を少なくした家庭では、子供が一歩外の世界に出たときのギャップによる戸惑いも想定できます。だから、子供が関わる物は一般的な量にしています。



たとえば、こんなことがありました。学校から林間学校の持ち物に「バスタオル」と書いてあったのです。持ち物は忘れ物があると困るので前日に学校に持参してチェックするといいます。子供が使うようなものは「フツー」に徹しているつもりでしたが「バスタオル」には「やられた!」と思いました。

というのも、我が家では、何年もバスタオルは持たずにフェイスタオルのみで生活していたからです。

さて、どうするか。バスタオルを持参する目的は、単にお風呂上がりに身体を拭くための物です。他の用途の目的はないようです。だから、フェイスタオルでも本来かまわない。大人だったら「私はこれで間に合うから。」と言い切って、使うことができます。

けれども、子供はどうだろう?「誰に迷惑掛けるわけでもないのだから、フェイスタオルでいいんだもん!」と、フェイスタオルで強行突破(?)させるか?いや、子供同士のことだから、ほんの些細なことでどんなトラブルがあるかもしれやしない。バスタオルごときで?大人の世界ならあり得ませんが、子供の世界はちょっとした「違い」が何を引き起こすかわからないものがあります。

それより以前に、持ち物に「バスタオル」と書いてあるのに、バスタオルを拒否(?)してフェイルタオルを持って行くことは「忘れ物」扱いになりやしないか?先生もいろいろだから「例外」は認めてもらえないかもしれない。(バスタオルごときでも)

かといって、わざわざ電話をして「バスタオルではなくフェイスタオルではだめでしょうか?」と質問をしたとする。すると電話を受けた先生は「???バスタオルがないのか???」と思うだろう。そういうとき「いや、うちは余計な物を排除するためにバスタオルではなくてフェイスタオルで身体を拭くんです。全然支障ないんですよ~ホホホ(と言うかわからないけど)と言うわけで、別にバスタオルを買えないとかそういうんじゃなくて、とにかくないんです。このためにわざわざバスタオルを買わなくちゃいけませんか?」なんて聞くのも・・。

で、少し迷った結果「このため」にバスタオルを1枚買いましたよ。結局。



・・と、バスタオル一枚のことで長々と書いてしまいましたが、要は、全てがこの調子だということです。カップ麺の空容器とか、イチゴのパックとか、ペットボトル容器とか、何かのお菓子の箱とか、そういうものを我が家ではとっとと捨てることにしたような物を、突然「明日持ってくるように。」と言う先生もいましたっけ・・。

その先生はたまたまで、全く悪気がないのはわかるんです。わざわざ買って用意しなくても(と先生が思っている)良い物をセレクトしているのですから。「本当に、明日もってきていって今日言われたの??」子供がもしかしたら言い忘れて、怒られるのがイヤで「明日もってきて」と言われたのではないかと ほんの少し疑ってみたり。(後に親同士の話で嘘ではないとかわった)とにかく、そういうときは、夜、コンビニに走ったり。そういう傾向のある担任の先生のときには、空き容器とか、おそろしくてスッパリ捨ててしまうことができませんでした。


また、あるときは新聞を取っていない時期のことです。「新聞紙を3日分」持ってくるように。と言うのです。そのときもコンビニに行って3日分(3紙とか)買ってきたり。


学校関連だけではありません。子供同士のやりとりもそうですね。まあ、いろいろあります。とにかく、子供とミニマムライフというのは非常に相性が良くないです。


子供目線では「持っていること」よりも「持っていないこと」のリスクが大きいんですね。なかなかデリケートな問題です。私は、本当はもっといろんな物を減らして行きたいのです。けれども、それでは子供が絡む「フツー」から脱してしまいます。すると「違和感のある変わった家庭」と見られて良いことは何もないのです。大人はそれでかまいませんが、子供にそれを良くない意味で影響させることはできません。


物を減らすとは言っても、子育て中ファミリーは、ほどほど「フツー」を越えない事が前提かもしれません。






2014/08/21

カバンは、仕様をそろえて効率的に。

このカバンは同じメーカーの品、同じシリーズのもので、厚みが違うだけで縦横のサイズも同じものです。


さらに、ポケット類の位置も全く同じです。



そのため、出張の時でも、普段使っているカバンと物を入れる場所が同じなのでオット曰く、「凄く便利で使いやすい。」そうです。






オットが、仕事に使うビジネス用カバンは2つです。

1つは日常の通勤用、
もうひとつは出張用です。

bkaban

サイズは縦30cm、横40cmとコンパクトです。

出張用も、ご覧の通りキャリータイプではありません。日常用のバッグより、厚みがあるだけです。周囲のファスナーを開け閉めすれば、容量を多少調整できます。それでも、2泊までなら十分間に合うし、この方がフットワークが良いので「キャリータイプは要らない。」そうです。



そういえば、このカバンを買った頃は、まだノートパソコン全盛期でした。同じシリーズにもパソコンを入れる仕様付きのカバンもありました。オットが言うには、「パソコンを必ず持ち歩くとは限らないので、パソコンを入れる仕様のカバンは必要ない。パソコン持参の時は、専用のカバンがあるから2個持ちになるが構わない。」と言って一番シンプルな仕様の物を選んだ記憶があります。

それから、わずかの間にipadの時代になりました。あのとき、パソコン入れのついた物を選ばなくて良かったようです。日経新聞の土曜版日経プラスにも、ビジネス鞄のサイズと仕様の売れ筋の変化について書かれているのを読んだことがあります。それによると、やはり、ノートパソコンから小型で薄手のipadが主流になった今、カバンも以前より薄く小さいものが主流になっているとのことです。


ビジネスマンは、だいたい似たような物だと思いますが、これらはちょっと厚みがあるビジネスバッグに全て収まります。たまに海外、その他国内の長期出張があります。そのときは(キャリーケース)レンタルしてしまいます。


そういえば、戦場カメラマンの渡部陽一さんが、テレビに出演している際、こんなことを言っていたのが印象的です。「戦場で撮影をしているとき、「決まった場所に決まったものがあることが重要なんです。そうすることで、見えない場所でも、急いでいるときにも、手探りでも、必要なものをすぐに取り出せるのです。」正確にはちょっと違うかもしれませんが、記憶ではそんな内容だったと思います。


オットの場合は戦場・・とは違いますが、それでも仕事の時には「決まった場所に決まったものが同じように収納してあるバッグ」の方が効率が良いのは同じです。仕事の時に、どこに何が入っているかがわからなくなって、もたもたする姿はスマートではありませんしね。


2つのうち、最初に買ったのは出張用で、「使いやすい」と言うので、1年後には日常用のバッグも買った次第です。


女性の場合は、このようなバッグの買い方はあまり好まれないかもしれません。けれども、「違うこと」よりも「同じが多いこと。」の方が何かと使い勝手が良いという例です。


スッキリと暮らすことは物事態の数を最小限に持つ事にとどまらないのだと思います。


例えば、カバンによって、違うサイズ、違う位置のポケットと「違い」があれば、その都度収納の仕方、使い方、出し入れのタイミングに違いが生まれます。その違いことが物事を複雑に面倒にしていくのでしょうね。

ミニマムを目指す目的は、面倒なことを排除して、その分 本来手間をかけたい事に集中するためです。


たかがカバンですが、選ぶ視点の工夫で使い勝手の手間に差が出ます。





2014/08/20

カード類のシンプル収納。

カード、増えますよね。ポイントカードは最小限にしていますが、避けられないものもあります。病院の診察カード、美容院の会員カード・・これらは、頻繁に必要ではありませんが、捨てるわけにもいきません。


我が家では、頻繁に使わないカード類を、こんな風に収納しています。方法は至ってシンプルです。


使うのはこれです。
かーどしゅうのう4


定期券サイズのものです。

このケース1つに1人分のカードを全部入れてしまいます。
これは、私の分です。


かーどしゅうのう3

何枚あるか、数えてみたら20枚でした。

病院の診察券
美容院の会員カード
現金値引きになる会員カード

・・などです。

(ポイントカードは、原則、作らない、使わない主義です。けれども、例外として作っているものもあります。)




我が家は3人家族ですので、これが3つ分あります。
ちょうど、無印クリアケースの引き出しに3つ並びます。


かーどしゅうのう2





必要な時は、この中から自分のカード入れを取り出して、一枚ずつめくって目当てのカードを取り出します。帰宅したら、戻しておきます。滅多に行かない病院の診察券も、この中にあります。


通常、カード類の収納に使われているのは、ペラペラとめくるタイプのものです。私が、そうした物を使わないのには理由があります。カード類は増減するものです。ペラペラめくるタイプのものは、ポケットの数が固定されています。そのため、普通は、カード入れを買う時に持っている枚数より、少しポケット数が多い物を買いますよね。これがくせ者だと思うのです。ポケット数に「空き」があると、何となく「もっと増やしても良い」と思ってしまいます。それから、逆にカードを減らしたとしても、収納してあるカード入れの外寸は同じです。だから、結局、カードは減らしても増やしても同じという妙な状態になりやすいのです。その点、現在の方法なら、増減にも柔軟性があります。突然、たくさんカードが増えることはないですから多少、増えても大丈夫ですし、減らせばその分、薄くなります。たまにしか使わないカード入れなので、「めくる手間」は、ポケットに入れてある物をめくるときと、一枚ずつ直接めくるのと、たいした違いはありません。



かーどしゅうのう1

このカード類は、この引き出しの2段目です。
この無印引き出しは家族全員の「あれどこ?」と聞かれそうな細かい雑貨などを収納して、リビングの目立つ場所においてあります。




つめきりとか、ばんそうこうとか、自転車の鍵の予備とか、体温計などですね。中身が見えるので「ここにある」と、物が常に主張しているので、家族が各自収納場所を忘れずにいられるようにしています。


2014/08/19

荷物を減らしたい日の極小財布

少しでも荷物を減らしたいときに、この極小財布を使っています。



小さいですが、必要なものは全部入ります。
サイズの比較にスイカを並べてみました。


赤い数字はカード入れの数です。


ミニ財布2


この位置は、小銭入れです。


ミニ財布4

大量に収納するのは無理ですが、そこそこ枚数が入ります。


その他の仕様はこんな風。


ミニ財布1

カードは全部で5枚収納できます。

お札も結構入ります。



この財布のデメリットがあるとすれば

・小銭が「大量には」入らない。通常の量程度は大丈夫ですが、 うっかり大量に小銭が増えてしまったときに備えて、この 財布を使うときには、ジッパー袋を持参します。こんな風に一時 的に小銭を移します。

 ミニ財布3


・お札が三つ折りになる(折り目は緩いカーブです)。

 レジに出すとき、軽くお札が丸まった感じになるので、手で広げて出しています。
 

の2点です。



財布は、何でもいろんな物を入れっぱなしにしがちです。けれども、この財布は容量が限られています。そのため、今日の行動を考えて必要な物だけを入れるようになります。



小銭がたくさん必要な場所には、予備の小銭を上記のジッパー袋に入れておきます。


似たようなサイズ感の極小財布は、ピンからキリまであります。その中で、この品を選んだポイント

・牛革なのに価格が手ごろ
・色を気に入った
・カード入れの数が十分にある
・小銭がほどほど入る
・お札がきちんと収まる


という点です。

ちなみに、レビューを読んで知ったのですが、この手の財布はブラックを持っていれば、フォーマルバッグに入れることもできるので重宝するみたいです。フォーマル用のバッグって思いの外容量が少なくて困ることがありますからね。


(この品です。現在、同じ色は販売していないみたいです。)



金運アップには「長財布」が良いらしいけど、どうなの?

少し前に「長財布ブーム」の風潮がありましたよね。いえ、実は私もその考えを取り入れてメインの財布は長財布を使っています。それ以前はずっと二つ折り財布でした。その結果、お金の出入りはどうなったか・・。私だけかもしれませんが、長財布に変えたところ、かえって支出が増えた気がしています。



理由として「お札を出しやすい。」事が挙げられると感じています。何となくスッとお札の出し入れをしやすいので、使いすぎてしまうような・・。それから、長財布は良くも悪くもお札がたくさん入ります。良い方に考えれば、「お金が入る」と思えます。でも・・


財布にお金を入れる=お金を使う準備
財布にお金を入れる行為とは、現実的には「お金を使う準備」であるわけです。ということは「たくさんお札が入る」ってことは「これからお金をたくさん使う」と同じことなんですよね。はじめから余計なお札を入れなければ良いのですが、つい、「万が一のため。」とか「念のため」のつもりで入れてしまうのです。なので、容量が多すぎる財布は、適当に何でも入れてしまいやすく、計画性がなくなりますので注意が必要だと思っています。









2014/08/17

大きい炊飯器は要らない

我が家の炊飯器は3合炊きを使い始めて1年くらいになります。3人家族ですが食べ盛りの息子がいます。それでもこの容量で十分間に合うのです。


すいはんき
(サイズ感の比較をしやすいようにボールペンを置きました。)






なぜ、小さめの炊飯器を使うのか?そのメリット
はっきり言って、3合炊きの炊飯器と5合炊きの炊飯器は、それほど価格差がなかったりします。物によっては5合炊きの法が安い物が見つかることもあります。それは、5合炊きの方が売れ筋だからでしょう。(炊飯器そのものの構造は、製造コスト的にそれほど差がないという理由もあるでしょう。)小さい炊飯器をあえて選んだのには理由があります。それは少しでも家事の手間を楽にするためです。大きいということは、場所を取るし、重さもあります。洗う面積も使う水の量も多く必要です。けれども、小さく軽い物であれば、それらが軽減すると考えたのです。実際に使ってみると予想通りでした。



ご飯は炊きたてが一番美味しいから「その都度炊く」派
それから、もう一点理由があります。第一、ご飯は炊きたてが一番美味しいのです。ですから、朝に一日分をまとめて炊くよりも、なるべく食べる直前にその都度炊く方が良いのです。となると、一日分をまとめて炊く必要がありません。となれば小さい容量でも十分間に合うと言う結論がでます。


学校があるときは、弁当を持たせています。




炊飯器を使う流れをざっくり書いてみました。


(弁当が必要な日)

・朝 2~2.5合

  子供の弁当
  3人分の朝食のごはん


・夜 2~2.5合
   3人分の夕飯

・レジャー、その他で、おにぎりを多めに作ったり、稲荷寿司、手巻き寿司の時は3合


以前は、5合炊きの炊飯器を使っていました。けれども、

・ご飯は炊きたてが一番美味しい
・冷凍して解凍したご飯は好みではない
・一回の食事で3合以上食べることはない
 (弁当が必要な日を含む)

・少量だけ炊きたいとき5合炊きでは無駄
・小さい方が扱いが楽(内釜や内蓋を洗う手間など)



ということを考えて、我が家の場合は3合炊きでも大丈夫!と判断しました。




ファミリーが3合炊きで、間に合うのか
家族の人数や、食欲によって全ても家庭が同じように出来るとは限りません。けれども、特にたくさん食べる家族がいるということがなければ、「その都度炊き派」であれば4人家族くらいまでなら3合炊きでも間に合う家庭が多いのではないかと思います。



何も考えずに大きい容量の炊飯器を選んでいないだろうか
思えば、結婚したときに結婚祝いに親類からいただいたのが5合炊きの炊飯器でした。当時は二人暮らしのスタートです。子供がいても食べる量が少ないのですから、本当は当時から3合炊きで間に合っていたはずなのでした。当時、その親類から「5合炊きが良いか、1升炊きが良いか?」と聞かれた記憶があります。考えてみれば3合炊きという選択肢もあったはずですが、当時の私はそれすら思いつきませんでした。


当初、3人家族とはいえ、「食べ盛りの息子がいるファミリー世帯で3合炊きの炊飯器だけで暮らしていけるものだろうか?」と少し不安がありました。けれども、結果として「足りない」と感じたことは今まで一度もありません。


少数派ゆえ?のデメリット

ただし、実際に3合炊きを使う際に、少しだけ妥協しなくてはいけない点があります。3合炊きの炊飯器を買うにあたり、気がついたことがあります。それは3合炊きの炊飯器に、購入当時は本格的な仕様の商品が見当たらなかったことです。そもそも、本格的な高価な炊飯器を買うつもりはなかったのですが、それにしても3合炊きはあくまで「間に合わせ」の仕様になっている物が多いと感じます。


3合炊きは単身者限定?
それは、3合炊きの炊飯器を買うのは単身者と想定されているからでしょう。けれども、単身者でも、ファミリー世帯の人でも「美味しいご飯を食べたい」と思う気持ちは同じです。ですから、3合炊きの炊飯器でも5合炊きや一升炊きと同じような整った仕様の商品が増えて欲しいと願っています。


価格上のお得感というハードル
どういう点が違うかというと、内釜に取っ手がついていないとか、内釜にごはんがくっつきにくい加工の程度とか、そういうところです。つまり、3合炊きは5合炊きに比べて割高に感じる事が多いのです。結局、5合炊きを買ってしまう人が多いのは、その点にも理由がありそうです。「本当は3合炊きでも間に合うけれど、細かい仕様を比較すると5合炊きの方が安定している」という点ですね。


結局、メリットがデメリットを上回っていた
私も、購入時はちょっと迷いました。けれども、内釜に取っ手がついていなくて、熱い炊飯器を取り出す必要があるときには鍋つかみを使えば解決することです。そんな調子で「絶対的に使いにくい」というわけでもありません。慣れてしまえばコンパクトで軽く扱いやすいので、やはりそちらの方が上回っています。

(楽天はこちら)








2014/08/16

冷蔵庫の中身は、ここまで使い切ってから買い物へ。

今日は、食品の買い出しをします。と言っても、あまりに暑いのでネットスーパーに注文を入れました。ちなみに、これが、食品を買い足す直前の冷蔵庫です。


れいぞうこ2

ドアポケットには、それなりに入っています。


何もなくなった状態なので、冷蔵庫内をきれいにするのも簡単です。最近使っているのは、100円ショップで買った(セリアだったかな?)日本製の除菌スプレーです。内部や表面の取っ手など、その他気になる箇所に使っています。この商品「除菌、消臭ミスト 『アルコールでは除去できない強い菌やウィルスに対応』」と書いてあります。サイズが小さいので、外出に持って行くにも良さそうです。


れいぞうこ1


冷凍庫の中は、

鶏肉
豚肉
イカ

がわずかに入っているだけです。


後は保冷剤と氷ですね。


野菜室は

米少々と
大豆が少々です。

たまに、食べきれなかったものを冷凍することがあっても、1週間を経過したら処分してしまいます。食べ残しの冷蔵は、当日食べなかったら処分します。

調味料は、一ヶ月に一回くらいはチェックして、その時点で半端な物は処分してしまいます。

飲料は、1リットルのピッチャーにお茶と麦茶をそれぞれ入れてあります。以前は2リットルを使っていましたが、持ったときに重いのと、洗うのが大変なのでサイズダウンしました。

お盆休みで家族全員が家にいるときは、一日に何度か作り直さなくてはいけません。けれども、その方がこまめに水を交換することになるので衛生的で良いのではないかと思います。






2014/08/15

大きいテレビは要らない。

今回は、テレビ環境についてのお話です。


テレビは19インチ1台のみ
我が家のテレビは、19インチです。家にあるのは、これ1台です。以前、アナログだったものは30インチくらいのを使っていました。けれども、地デジ化で買い換えをしたときに、サイズダウンをしました。


てれび

あ、テレビを観るのは好きですよ。


ドラマを観たり、バラエティ番組を観たり、生活関連の情報番組を観たりと、リラックスするのに良いですからね。ただし、どんなに楽しいものでも「ほどほど」が大事だと思っています。


臨場感と真の感動をテレビには求めない
どんなに大好きなスイーツでも、「少量を じっくりゆっくりと味わうからこそ楽しい。」それと同じ感覚です。だから、テレビも楽しいからといって、とことん大きい画面を用意する必要はないと思っています。



というのは、たとえばスポーツ観戦は大きい画面ほど迫力があるのですが、それは本物の生の観戦をするときの感動にとっておけば良いと思うからです。



ドラマや映画をテレビで観る事も同じです。自宅で「映画館のような臨場感」を得る必要はありません。それは映画館や生の舞台を観るときの感動にとっておけば良いだけです。




このように、感覚的な理由にとどまりません。


大きなテレビは家具を置く位置が限定する
大きなテレビを置くと、その分、テレビから離れないといけなくなるからです。となると必然的に家具の配置もテレビに左右されます。そういえば、この話は「部屋を活かせば人生が変わる」という本にもわかりやすく書いてありました。


大きなテレビを観るためには、テレビの画面の大きさに比例して離れて観なくてはいけなくなります。つまり、テレビの画面が大きくなると、家具の配置や人がいる場所も限定されてしまうのです。


実際には、現在のリビングに大きい画面のテレビを置くことは可能です。けれども、テレビが家の中心のような住まいは求めていません。だから、現在のようになりました。


小さいテレビは見えにくいことがあるが、支障はない
実は、我が家のように小さい画面のテレビは、少し離れると見えにくくなります。けれども、「そこまでして、部屋のどこからでも見えるような重要な内容をテレビから得ることがどのくらいあるのか。」ということを考えると、「見えにくかったら、それで仕方ない。」程度でしかありません。本当に観たければ録画をしておいて後で観れば良いことです。


テレビまわりのミニマムな使い方
我が家でゲームをするのは子供だけです。今時は、テレビを使ってゲームをするのに必ずしも「物」としてのソフトが必要ではない時代になりました。それでも、今のところソフトはなるべく現物で買う事をルールにしています。どうしてもインストール形式で購入するときには詳細を親に報告&承諾を得てからというルールです。ここにあるソフトはそんなに数があるわけではありませんが、よく使う物はかつて無印のふた付きケースを使っています。(かつて薬入れに使っていた物です。サイズがちょうどよいみたいです。)ゲーム機本体は、購入時の箱をそのまま使っています。床に直置きして、掃除の時はちょっとずらすだけです。


リビング学習にはコードレスの充電式ライトを使用
それから、子供がリビングでも学習したり、家族それぞれが本を読んだりするとき、部屋の照明だけでは足りないと感じることがあります。ダイニングスペース側のダイニングテーブル用ではコード付きのデスクライトを用意してあります。けれども、リビング周辺は人の出入りが激しいので、コード付きでは引っかけてしまうこともありそうです。ですから、それを防ぐためにコードレスの充電式ライトを用意しています。(以前の記事



専用のテレビ台は持たない
ここに越して来たとき、引っ越しの業者さんから「テレビ台はどこですか?」と聞かれました。当時は30インチだったか32インチだったかのアナログテレビだったからです。「テレビ台はないんです。床にそのまま置いて下さい。」と言ったらちょっと驚いてました。そのあと、しばらくしてダイニング用のベンチをテレビ台にしました。テレビ台って、単にテレビを置くために使うだけなのに、たいして収納力もありません。その割に値段はしっかりします。そういうものは無駄だと思っていたので、以前の住まいから使ったことはありません。その代わり、住まいに応じてダイニングのベンチを使ったり、床に直置きしたりといろいろな方法を試みました。大きさの割に収納力とか使い勝手とか、何か明確なメリットのない家具は、それ専用の物ではなく、このベンチのように使い回しが効くシンプルな物を選ぶと無駄がないかと思います。





2014/08/14

リビング学習しても散らからない、食事の支度もしやすい工夫。

ようやく、リビングダイニングのテーブルの問題が解決しました。



先日、リビングに2つめのダイニングテーブルを買いました。


むじるし タモダイニングテーブル・・


それ以前は、ローテーブルの利用です。元のダイニングテーブルはオットが書斎机として占領(?)しているため、食事も、子供がリビングで勉強するのも、ここです。


これまでの様子は、こんな風でした。




ビフォー

子供がリビングのローテーブルで勉強中。

テーブルは110センチ×70センチほど。そのため、面積の3分の2ほどにノートや問題集、筆記具が乗っています。そこに食事を持ってくると、いったん、それらをどかす必要があります。テーブルに料理を並べるにも、ここで中断。

テーブルの図2


食事を並べると、3人分ではぎりぎりの広さなのです。



テーブルの図3


         ↓



アフター


そこに、今回、無印のダイニングテーブル(140センチ×80センチ)を購入して置き換えをしました。(写真、奥が無印テーブル)


りびんぐだいにんぐ

すると・・

(奥の方がリビング側で、無印のダイニングテーブルを置いてあります。)


テーブルの図1


このように、勉強道具を出している状態でも、空いたスペースに余裕で料理を並べることができます。子供は、ざっくり片付けて、隣の席に移るだけです。


ちなみに、無印のダイニングテーブルの周囲のイ4脚の内訳は

3個 アマゾンから購入の不二貿易のスツール
1個 数年前に買った、子供部屋、机用のワークチェア(無印良品)

です。



背もたれのないスツールにした理由とメリット、実感

子供は、必ずしも無印のワークチェアに座っておらず、気分次第で場所を変えています。


このスタイルを実際に行ってみると、背もたれのないスツールのメリットもヒシ・・と感じます。というのは、掃除の時に移動するのがとってもラクだからです。片手でひょいと引きずることなく持ち上げられます。


テーブルの上にひっくり返して置いてから一気に掃除をすることもあります。




従来のテーブルより高さのあるテーブルは意外にも子供に好評だった。その理由とは。

それから、元のダイニング側のテーブルは、当時、高さを65センチでに作ってもらいました。そのほうが部屋が広く見えるし、床に座っている人との違和感が少ないからです。それに対して無印のテーブルは高さが72センチと普通の高さです。実際に到着して使ってみると子供は開口一番に「ちょうど良い」と言いました。実のところ、元の高さ65センチのテーブルは低くて使いにくいと思っていたそうです。




リビング学習の散らかり問題とその対策

オットは特に支障がないようです。実は、これには思い当たる理由があります。それは足の長さの違いなんです。オットと子供の身長差は約2センチで、まだオットがわずかに背が高いのです。ところが、足の長さは子供の方が圧倒的に長いのです。それが、机の使い勝手に影響していたようです。結果として偶然ですが、オットにはオットに、子供には子供に最適なサイズのテーブルとなりました。


一つの空間にダイニングテーブルが二つあるという状態は、滅多にないのかもしれませんが我が家のライフスタイルを考慮した結果、このような選択肢となりました。



基本的に、子供の持ち物は、子供部屋ですが、それでは散らかってしまいます。そこで、写真に写っているキャビネットのテーブルのすぐ隣のものを子供用にしました。それで、就寝前には必ずその中に自分のものを収納するルールを設けています。中身の4分の一は学習関連ですが、4分の3は趣味のものです。ゲームソフトとか。寝る前にリセットするルールさえ守れば扉を閉めてしまえばスッキリするので、中身の整理にまでは口を出さないことにしています。


片付けなさい。



と言う前に、子供の片付けのハードルを低くする事も大事だと思っています。さすがのずぼら息子も、テーブルのすぐ隣のキャビネットに就寝前に戻す・・ルールは現在のところ守られています。



リビング学習の机(テーブル)の配置と心理

ちなみに、「リビングで勉強したいなら、壁際にテーブルを置けば良いのでは?」と思わないでしょうか。実は少し以前に子供部屋から机をリビングのキャビネットがある箇所に置いたことがあります。結果として落ち着かなかったようで、だめでした。理由は「背後に空間があるところに背中を向けるのは本能的に落ち着かない。」ということなのだと思います。オットも「壁に向かうのは好きではない。」と言い、子供も「落ち着かない。」と言っていました。


はじめから、そのつもりであれば壁に対して横向きに机を配置する方法もありました。けれども、子供の机は幅が120センチもあるので(奥行きは45センチしかありません)どうしても無理があったという次第です。



学習に必要なテーブル(机)のサイズとは

もし、今後、お子さんの学習机をリビングに置く事を検討しているならば・・スペース、間取りにもよりますが、背後に空間があり壁に向かう配置は落ち着かないので避けた方が無難です。そうすると、おのずと机の天板のサイズも考慮が必要です。それから、以前も書きましたが、やはり今はやりの奥行きの浅い机はせいぜい大人用のパソコンデスク程度が許容範囲だと思います。奥行きが45センチでは使い勝手が良くないです。



さいごに

無印良品のダイニングテーブルを買った・・という現象だけを見ると、なんということのないことです。けれども、これが最適かどうかは各家庭によって違います。



家具を買う時に考えるべきことは


・何のために必要なのか

・代替えできるものはないか

・予算

・配置

・サイズ

・使った場合のシミュレーション

・それを使うことによって家族全員にメリットがあるか



などを色々考慮して考えて考え抜かなくてはいけないと思います。
なぜなら、家具は不要だからとすぐに処分できるものではないからです。

家族全員にとって最適な条件に合いつつも、過剰な物がない状態・・が本当の意味でのファミリーのミニマムライフだと考えます。





2014/08/13

無印タモ材テーブルの品質と構造、手持ち家具との比較。

先日、購入した無印良品のタモ材ダイニングテーブルの品質についてのレポです。



はじめに
家具の品質についての感じ方は、これまで持っていた家具や、それぞれの立場、必要性によって変動します。たまたま比較の対象にしたものより良かったりそうでなかった場合、それはたまたま比較したものとの違いであり、だから良いか良くないかというのは、それぞれの状況によって変わります。



今回比較した家具について
家具の品質や価格は、ピンキリです。今回、このブログ記事で無印良品のタモ材ダイニングテーブルと比較したものは、我が家で約15年ほど前に購入しました。メーカーは柏木工です。当時の記憶では飛騨高山国産なら材使用です。サイズはセミオーダー可能でした。当時の我が家にとっては「一生物」のつもりでかなり思い切って予算を出したものです。はじめから、価格も違いますし、国産で家具店が販売店である家具と、価格も製造国も全く違う無印の通販で買う家具とを比較するのは本来の筋ではないのかもしれません。けれども、私もそうだったように、若い頃や家具を買った経験が少ないと、その違いは全くわからないのです。そこで「何を基準に選んだら良いのかわからない。」となってしまいます。きっと同じような方がいると想定して、何も分からなかった若い頃の自分が参考になるようにとのつもりでレポをまとめてみました。



結論として、普通は価格差が品質に反映されている事が多い
すでに約15年使用している柏木工のテーブル、いすは、(ダイニングテーブル、いす2脚、ベンチ1脚現在はテレビ台に使用)は、何度かの引っ越しのたびに分解、組み立て(脚部)を繰り返しました。けれども、全く品質が劣化することなく安定した使い心地です。



では、早速、細かい箇所を比較してみます。今回購入した無印のテーブルは、偶然か必然かわかりませんが、手持ちの柏木工のテーブルと構造が似ていることにきづきます。もっとも、形が同じようなテーブルはだいたい似たようなものなのかもしれませんが。



天板と脚部の連結部
脚部と天板の連結部を見てみます。


無印良品

テーブル裏2


柏木工

テーブル裏4



構造がそっくりですね。
写真で見ると同じように見えますが、実際は木の太さが全く違います。





次は、脚部です。


無印良品


HPの商品説明のサイズに足の太さの記載がありません。もっとも、それは無印に限りませんが。無印のこのテーブルの足の太さは約4.5センチです。(素人採寸のため誤差あり)

更に、もっと言うと、この脚部は2本、もしくは3本を貼り合わせて一本の脚になっています。

無印 脚



次は、柏木工の脚部です。
足の太さは、約8センチです。
こちらは、いずれも3本の木を組み合わせて1本の脚になっています。

柏 脚


単純に、幅の差を比較すると2倍くらいの違いがあります。これが、断面の面積では


無印   4.5×4.5=20.25    20.25㎠
柏木工  8×8=64           64㎠

無印1:柏木工3

と、約3倍の違いになります。


ただし、これは天板の重量も関わることなので、無印は柏木工よりも天板が薄いので、それでも十分であるため・・との見方もできます。


天板の木の貼り合わせについて
何も知らなかった頃は、テーブルを選ぶときには表面しか見ませんでした。けれども、テーブルの天板の質は真横の断面図を見ると違いがよくわかります。(突き板、合板、塗装がしっかりされてある物は、この限りではありません。)天然木、無垢材と記載が合っても、その内容はピンキリです。無垢材と言っても一枚板から貼り合わせてある木の幅が限りなく細くて集成材に近いのではないか?と思われる家具も存在します。家具を選ぶ際は天然木、無垢材の表記にとらわれず、どの程度の天然木なのか、無垢材なのかを自分の目でじっくり確かめることです。天然木と書いてある廉価番のテーブルもあれば合板や突き板でも高品質のテーブルもあります。


では、無印の天板の断面です。


木のテーブルは、一枚だと沿ってしまうので、何枚かの木を横に貼り合わせて一枚の板に仕上げられています。

ついでに、天板の厚みは2.5センチです。

ムジ 天板横


この、横に貼り合わせてある木は18本。両端は0.7~1センチずつで、それ以外では一番狭いものは幅が2センチ、広いものは8.5センチでランダムです。




こちらは柏木工です。
横に貼り合わせてある木は全部で8本。両端は、片方が8センチ、もう片方が8.5センチずつ。それ以外では一番広いものは13.5センチ、一番狭いものは5.5センチです。

板の厚みは3センチです。

かしわ 天板横


いろいろな店のテーブルを見ると、一枚板、無垢材、天然木、集成材、・・と、いろいろな表記があります。おそらくですが、この表記には厳密な決まりがないのかもしれません。この、横に貼り合わせてある木の幅と数が、どの程度までなら無垢材で、どこからが集成材なのか?私の感覚ですが、柏木工の方は無垢材と表記して良いと感じますが無印の紺テーブルの場合は無垢材と表記するのは、あり得ないだろうな・・と感じます。実際、無印はこのテーブルを「無垢材」とは表記していませんし、カテゴリも別にしてあります。こう言う点も正直だなと感じます。

ところが、いろんなお店を見ると、無印の、このテーブルより木の幅のピッチが狭く一本が全て5センチ以下の細い物を合わせたものでも「無垢材」と表記してある物も見たことがあります。それは「集成材」だろうな・・と思うのですが、この辺は、比較しなれていないと「そんなもんだろうな。無垢材だから良いものだ。」と思ってしまいそうです。



今回、比較したテーブルは、たまたま塗装がされていないタイプですので、このように明確に比較ができています。けれども、そうでないものはぱっと見た目ではこのような構造の違いがわかりません。もし、見えるテーブルの場合は、このように比較をすれば、どちらが品質の良い物か、はっきりと見分けが付きます。もっと高級なオーダー良心的な職人気質のかたが作ったテーブルなどになると、貼り合わせてある木の年輪の向きも交互になるようになっていたりしますが、通常はそこまでの品を見かけることはないかもしれません。



天板の裏を見る
激安家具通販のレビューに多いのは「テーブルの裏、イスの裏の作りが雑だった。」というものです。製造コストを下げるために見えない部分にしわ寄せが来るのでしょうね。裏を返せば見えにくい部分に、その家具の素顔が現れているといえます。家具店に行ったら、不振に思われない程度にさりげなく裏を見てみると良いです。

無印のテーブル裏です。

天板裏2


こちらは柏木工のテーブル裏です。



かしわてーぶるうら2

柏木工のテーブルは裏面も太い木が通してあります。





最後に
ちなみに、こうした家具の見分け方は、少しずついろんな情報を調べて自分なりに覚えていきました。家具は、木という生き物を使っているために、一概に「こうだから良い」「こうだから良くない」とは言えない側面もあります。


ただ、いろんな家具を見に行って思うのは、その家具をぱっと見たときの直感です。やはり適当に儲けるために作られた家具は、何となくそういう印象を受けます。反対に、使う人の気持ちを思って作られたであろう家具は、そういう顔をしています。家具に「顔」というのは変ですが、わからないときは、とにかく実際に家具店をまわっていろんな家具を見て回る事だと思います。そうしているうちに、段々、自分の好みもはっきりしてきます。同時に、どういう家具が安くて、どういう家具が高いのかがわかってきます。時には張りぼて風の家具でも良いから、とにかく雰囲気が欲しいということだってあるでしょう。反対に、張りぼて風の家具ではなく、素顔にこだわりたいということもあります。自分が求めているのはどちらなのか?それを見極めることにもなります。


私の場合は、どんなに雰囲気が良くても張りぼて風の家具は苦手です。今回は、セカンドダイニングテーブルということで、予算もだいぶ低めでした。けれども、張りぼて風家具は避けたい・・販売店は信頼のおけるところから買いたい。・・シンプルで飽きの来ないもの・・そんなわがままな条件がたくさんあったので、決断するまでにだいぶかかりました。最終的に選んだのは無印のテーブルです。結果として大変満足しています。


使い勝手については後日、記事にする予定です。




(我が家で使用の柏木工のテーブルに一番似ている物はこれだと思います。サイズ、材質で価格は変わります。15年前に購入したので、当時と変更があることも考えられます。)







2014/08/12

無印良品のタモ材ダイニングテーブルを買いました。注文~組み立てまでのレポ

リビングに無印のタモ材ダイニングテーブルを買いました。


まずは、~組み立てまでのレポです。品質や、使い勝手については後日、紹介します。少しでも購入を検討されている方の参考になればと思います。


今日の記事は、注文から到着して実際に組み立て完了までのレポです。



購入方法
通販
公式オンラインショップから


注文から配送まで要した時間
4日


支払い方法
代金引換(手数料無料)


購入サイズ
140センチ×奥行き80センチ×高さ72センチ



購入価格
税込み     ¥37,000
送料       ¥1,080
代引き手数料    ¥0(無料)



今回は利用しませんでしたが、オプションでテーブル組み立てを依頼すると税込み¥1,620で行ってくれるようです。難しくはないとはいえ、意外に手こずるものなので、(組み立てたものを起こす時が結構危険で注意がいる)このくらいの金額なら、頼んでしまった方が楽かもしれません。多分、この場合は梱包資材も持ち帰ってくれると考えるのが自然ですね。(利用の際はご確認ください)


注文から到着までの流れ
①注文時に配達希望日時を設定する。
  (「指定なし」の選択はありませんでした。)
 注文時点で最短の日時を指定して注文確定

②注文当日、無印良品より注文承りメールが来る

③配送予定日前日、無印良品より発送完了メールが来る

④③のメール受信後、午後に無印良品より、配送日時についての連絡の電話が 来る

⑤配送予定日時当日
 配送直前に配送業者より「今から伺いますが、よろしいですか」と電話が入る。

⑥ほどなく到着。配送は一人でした。
 支払いを済ませ、領収証を受け取り、商品を玄関に置いてもらう。


無印 梱包



・・と、このように、スムーズでした。
配送は、マイナー系の運送会社さんですが、応対も「気を遣っています。」感があり、感じが良い方でした。


梱包状態について
検品した形跡がありました。(梱包のためのテープの様子から推測)
ダンボールの中に、テーブルはシート、プチプチのシートで覆われています。
天板の角はしっかりした資材で保護してあります。
脚部は2本ずつ薄い段ボールに入っています。
その中に部品が入っています。
工具も入っています。
ビスは脚部のねじにセットしてあります。(いったんはずして使います。)
脚部のねじは、透明のチューブのような物で保護してあります。



ホルムアルデヒドの対策について
中に「ホルムアルデヒド吸着シート」と書かれたA4サイズ位の紙が、2枚入っていました。説明の用紙もあり「念のため入れてある」というようなことが書いてありました。無印のHPに詳しく書いてありますが、ざっくり言うと

・ホルムアルデヒドの少ない材料を使用
・梱包資材の中では逃げ場がなく再度材料に吸着するので「ホルムアルデヒド吸着・分解シートを入れてある。
 この「ホルムアルデヒド吸着・分解シートは「アイシン機器(株)と共同開発」

・・とのこと。


つまり、どんなに注意をしても、微量にホルムアルデヒドが材料にくっついてしまうことはありそうなので、自宅で梱包を開けるとき、その直後や、使用して間もない間はなるべくこまめに窓を開けるなど換気をすると万全だと思います。


こんなに、正直にホルムアルデヒドについて記載のあるものは見たことがなかったので、勉強になりました。我が家には空気清浄機もあるので、もちろんフル回転しています。



確かに、開封の直後は、独特のニオイがありましたが、1時間くらい窓を開けましたが、すぐに気にならなくなりました。そういえば、通販の激安家具などは、この手の基準はあるのでしょうか?見えないことだけに、家族に子供やお年寄り、敏感な人がいる場合は、価格重視に偏りすぎず、信頼の置ける購入店から買うことは、大事なことだと思います。



次に、早速テーブルを組み立てました。

あいにく、オットは留守ですが、子供がいましたので、手伝ってもらいました。


無印テーブル3

 
脚をビスで留めるだけです。


30分くらいで完成。

mu てーぶる





天板が、かなり重いです。注意をして設置をします。


実際に設置完了してみると、安定感は全く問題ありません。大きすぎないかと心配していましたが、ちょうど良い大きさで大満足です。逆に、これより狭い天板なら使い勝手が良くなかったと思います。脚の細いのが気になっていましたが、設置してみると不思議に安定感があります。また、脚が細いので圧迫感がなくて良いです。


実際の使い勝手についてのレポは、長くなりましたので次回に書きます。



2014/08/11

「背もたれ」は必要か?丸イス(スツール)購入の理由。

「背もたれ」の必要性
「もたない男」の著者、中崎タツヤ氏は、仕事用に使っていたイスの背もたれを「必要ない」という理由で、のこぎりでカットしたことがあるそうです。そのあとは、はじめから背もたれのない丸イスを購入したようです。


このエピソードを意識していたわけではないのですが、結果として似た結論を一つ出しました。



子供が、リビングでも学習できるように、新たにダイニングテーブルとイスを購入することにしていました。そこで、ひとつ気になったのは「イス」のことです。


室内がイスだらけになってしまう
すでにダイニングスペースには2個の背もたれ付きのダイニングテーブル用のイスがあります。1つはオットが書斎机用のイスとして使っています。もう一つは、私がパソコンを使うときのイスとしています。残る2客分は、イスではなく、ベンチ型のシンプルなコの字型のもので、テレビ台としています。

つまり、すでにダイニング用のイスが2脚、同じ空間にあります。(リビングダイニングのダイニングスペース)そのうえ、あらたに3~4脚のイスを置くと、空間がイスだらけになります。ダイニングテーブルとイスは、3人で使うためには「4人用」を買うことになります。イスとセットのなっているものが、圧倒的に割安です。ところが、今の空間に4脚のイスが増える事を想像すると、ごちゃごちゃ感に頭がクラクラしてきます。


そうだ!背もたれのない丸イスを使えば良い

「何か良い方法はないものか。」


と考えたとき、頭の中に背もたれのない丸イス(スツール)が浮かびました。背もたれがあると、寄りかかってリラックスできますが、そもそも、その必要があるのだろうか?と考えてみました。


そこで、家族全員が、ここで過ごす様子を脳内シミュレーション。



本を読んだり、テレビを観てリラックスするにはソファを使います。そもそも買う目的が子供の勉強なのですから、絶対に必要ではありません。場合によっては子供部屋の机用イスをリビングに持ってくることも検討しています。丸イスにすれば、圧迫感もなく、イスを引かなくても、ひょいと持ち上げて移動したり、重ねて置いたりできそうです。



丸イスは安くても完成品で届き、品質が安定しているようだ
さらに、安い組み立て式の背もたれのあるイスは、強度に不安があることがありそうですが、丸イスは完成品です。値段はピンキリですが、アマゾンで売っている不二貿易のイスに決めました。



(我が家が購入したのは「ナチュラル」です。アマゾンの画像は、トップ画像よりも脇の説明画像内の色味が実際と色に近いです。白っぽい肌色という感じです。)




アマゾンから買った。梱包にちょっと驚く。
テーブルに先駆けて早速届きました。



わかっていましたが、一脚につき1個の梱包で届きました。ちょっとすごいかも・・


丸イス3


予想より、しっかりした品質に嬉しい驚き
出してすぐ使えるので良いですね。


思ったより、座面が広く、物もしっかりしていたので良かったと思います。


丸イス4


ただし、脚の底の傷防止シートは、すぐにはがれそうなので、対策は必要そう。

丸イス5


テーブルが届く前に、リビングに置いて座ってみました。若干、お尻が痛くなりそうなので、薄いクッションがあると良さそうです。応急的にタオルでも強いて使えば良いかなと。



背もたれがないというだけで、メリットが多すぎる
イスを引くことなく、後方からまたぐようにしつつ掛けることができるし、ちょっとした手元用テーブル代わりになりそうだし、踏み台にもできるし、重ねておけるし、なかなか使い回しも効きそうです。




背もたれ付きのイスを買わず、丸イスを選択したことで、メリットがたくさんあります。


見た目にスッキリする
スタッキング可能

丸イス1

イスを引かなくても使えるのでフットワークが良い
予算を抑えられる。(背もたれ付きのイスをこの価格ではとても買えません。)


(楽天はこちらが同じだと思われます。)




2014/08/10

安い通販家具の本当の理由って。

リビングに置くためのダイニングテーブルとイスを買う事にしました。すでに「一生物」と思い買ったダイニングテーブルセットがあります。そのため、今回は、なるべく予算を抑えたいと考えました。「全然ミニマムではないじゃない。」と、お思いかもしれませんね。これには少し前に理由を書いたので、そちらを読んでいただければと思います。


さて、低予算で買うとなるとやはり通販が一番です。


散々、様々なサイトをチェックしました。



その中で、あれこれ見比べたのは、主に次の店舗です。



①楽天内激安系家具店

②大手通販会社ニッセン

③大手通販会社ベルメゾン

④大手通販会社ディノス

⑤ニトリ

⑥無印良品

⑦アマゾン



あれこれ見て感じるのは、全く同じ品でも価格差が大きいことです。安いことが最適なのでしょうか。仮に同じ商品を販売していた場合、低い価格から ①<②③⑤<④  (⑤⑥は除外) の感じです。もっとも、④ははじめから「安い」を売りにしてはおらず高価格帯の家具が多いのですが。


アマゾンについて
はじめに、⑦のアマゾンですが、基本的に大物家具類はアマゾンが直接販売しているものはほとんど見当たりませんでした。小型家具(イス、小さめのオフィス家具)は扱いが多少ありました。①の楽天内ショップと同じショップがアマゾンでも販売しているという感じでした。


イケアは、これまで、何度か店舗に見に行きましたが、気に入る物がないのは分かっていたので、除外していました。


楽天内激安店の特徴
次に、楽天のショップを見ました。
まず、レビューを読まなければ家具の善し悪しがわからないので、ランキング上位と、レビューの記載がある商品をチェックしました。その中で、感じたのは、激安系家具店は当たり外れの差がとても大きいことです。運良く「当たり」であれば、低予算で理想に近い家具を手に入れられます。けれども、「ハズレ」に当たると少々悲惨な様子です。少しの傷であれば、返品が面倒なので泣き寝入りして申告せずに使っている様な方のレビューを多く見かけました。また、写真は最高に良い状態が掲載されていますが、見えにくい部分の作りが雑であるとか、組み立てのビス穴がずれているなども多くありました。同時に、検品することなく、倉庫から直接出荷しているためか、かなり質が良くない物が送られてきたりもするようです。こう言う場合、交換には応じてくれているようですが、何せ大きな買い物なので、気苦労が絶えなさそうです。




ハズレ品に当たったとき、交換を申し出る気力がなければ激安系ショップからは買わない方が良いと思う。
最悪、そのようなハズレ品に当たったとき、そのやりとりをする気力があるかどうか・・ですね。レビューを読んで推測したかのは、安さの理由は、検品をあまりしていないのではないか、という気がしました。普通なら、検品をして、(人件費がかかるし)その段階ではじかれた商品は売り物になりません。ところが、中国あたりから入荷した商品を、検品せずにそのまま送り、以後クレームがあれば交換には応じるというような流れをとっていると見受けられました。中には交換を申し出ずにそのまま買い取ってしまう人もいるので、業者にとっては美味しいのかもしれません。だから、安く販売できるのですね。同じ価格で販売しても、状態の良い物を手に入れられる人と、B級品レベルのものを正規品と同じ価格で買い取ってしまう人がいます。これは賭けのつもりで買い物をしないといけないようでした。激安系の家具店でも、比較的良心的なショップと、対応がかなりひどいショップがあるようです。ショップレビューの「参考になる順」を表示して確認すると良いです。また、若い人のレビューは、甘い事が多いので、できれば40代以上の人のレビューもチェックすると良いと思います。



価格差は何が反映されているか
①は送料込みの価格設定が多いです。組み立て、設置を依頼できるシステムのないところがほとんどです。

②のニッセンは送料が安いです。
③のベルメゾンは2000~3500円くらいが多いです。
どちらもオプションで組み立て、設置を依頼できます。ただし別料金です。



ニトリが楽天内激安店より類似商品が2割前後高い理由
⑤のニトリは税抜き18,953円以上の家具は全国無料指定区域に限り送料無料です。だいたい2万円以上くらいだと配送員の人が部屋に設置と梱包資材持ち帰りもしてくれるようです。この段階で不具合があれば、その場で持ち帰ってもらえそうですから、返品の気力の心配や、組み立ての労力がいらないですね。おそらく、事前の検品もしていると思われます。(HPを見る限り)


組み立てをうまく出来る自信と体力があるか
安い家具は組み立てが必要な事が多いのですが、素人が組み立てると、うまくいかないことがあります。私は数年前にニッセンから食器棚、ベルメゾンからデスクを買ったことがあります。いずれも自力で組み立てましたが、かなり大変でした。物にもよりますが、組み立てはなるべくお任せした方が間違いないと思います。


買った後のフォローが出来ているか
家具は消耗品ではありません。ニトリは、一般家具店より安いですが、楽天内激安家具店と比べると高価に感じてしまうほどです。ところが、両者を良く見比べてみると、ニトリは配送員が設置、組み立て、資材持ち帰りも行い、1~5年の保障があります。14日以内なら返品も可能です。

けれども楽天内激安店は、交換には応じても返品となると、在庫がないなど以外は難しいのではという気がしました。また、配送は委託の運送業者なので、当たり外れが多いようです。商品の傷が当初からか配送段階なのか区別月数困惑することもあるようです。

つまり、価格の差は、客の手元に届くまでと実際に使用して、価格相応の年数が経過するまで適正な状態で使った場合までの責任を持っているか否かが反映されているといえます。



大手通販も多少の違いはあるにせよ、ニトリよりも送料や設置、組み立て料は高いですが、原則似たようなスタンスのようです。




結局、なんとか決めましたよ。



いろいろ迷いましたが、何とか決定しました。

届いたらレポしたいと思います。










2014/08/09

無理なママ友づきあいが物を増やす

小学校から大学の間、学校生活においては その人の成績か、スポーツの出来具合が良い人が、何らかの集まりでリーダー的役割を担う事が多いですよね。

そういう立場にある人は、いつもそういう役割を担う事が多いので、内心「面倒だな。」と思っても、どこかボランティア精神に近い心境と、慣れ(いつもその手の役割をさせられることが多いので)でこなしているのだと思います。


一概に言えませんが、学生の間は、「それなり」の人がリーダー、つまりはボス的存在になることが多い物でした。こういう人は、学校がメインステージですから、優等生的立場のもと、常に公平さと謙虚な態度が必須だと自覚していたように思います。


社会人においても、基本的に似たようなケースだったと思います。その会社の部署で、経験が長く、それなりの成果を出している人がボス的立場を担います。



ところが、これらの「常識」が覆されてしまうのがママ友のグループです。


ここでボス的存在になるためには、本人の強い意志がなくては始まりません。「我こそがこの集団のボス」。そういう本人の強い意志とやる気があってこそのボスなのです。ママ友のボスになるのには学校の成績も、スポーツの出来も、仕事の実績も経験も、一切不要です。


そこにあるのは「私がボス」という自覚のみです。


こういう人は、良い方に考えれば、まとめ役として良いこともあります。複数の人間が集まっているとき、学生ならば、何となく成績の良い○○さんの意見なら最適だろうと言うような、暗黙の了解のもと、決まることが多いのですが、ママ友となれば、そういうことは一切わかりません。だから、半ば強引に「こうしましょう。ああしましょう。」と提案してバッサバッサと決めてくれる人が集団に一人いると効率が良いのは事実です。


ところが、この「バッサバッサと決めてくれる人」が、学生時代の生徒会長タイプとは限りません。生徒会長タイプの人は、自分は二の次というようなボランティア精神があります。それに比べてママ友の時点で発生したボスほやほやのママは、「我の強さ」「押しの強さ」「自分に同調してくれる人」が一番大事です。


生徒会長タイプと大きく違うのは、おそらくどこか劣等感があることでしょう。だから、バッサバッサといろんな事を決めつつも、実は「本当にこれでみんなが満足しているんだろうか。」と、常に不安を抱いているのです。それでたまたまみんなが同調してくれれば良いのです。ところが、たまたま誰かが欠席したとか、ひとりだけ、ボスママが提案したことに同調しなかったとなると、その不安はMAXになるのです。生徒会長タイプであれば、その事実を受け流せますが、ママ友から初めて発生したボスママは、何せリーダー慣れしていません。だから、その不安を自分が反省したり考え直す事に向けず、「相手が悪いのだ。」という方に考えを曲げてしまい、自分の不安を消す努力をはじめます。


自分ひとりでは不安ですから、周りを巻き込みます。これが、ママ友独特の世界のからくりです。つまり、「困ったボスママ」は、実はかなりの小心者なのです。小心者が故に、ちょっと誰かが欠席した、同じ物を注文しなかった、というささいなことで不安になる裏返しで困った行動をとってしまうのです。


小さい魚は、1匹では生きていけません。そこで、実際よりも大きく見せて自分の身を守る工夫をします。集団で行動することで、大きな魚がいると思わせて一緒に身を守るのです。


ママ友集団に「無理して」くっついている集団は、この「本当は限りなく弱いから身を守るために集団で行動する小さい魚」と似ています。ボスママと言っても、せいぜい、その程度です。


本当は、ボスママに関わらないためには、最初が肝心です。はじめからママ友集団には属さないのが一番です。その代わりあいさつなどの基本原則はしっかりします。もし、そんなことはできない。と思うなら、属するしかないでしょう。属してしまえば、自分がボスになるか、ボスに従うかの二択です。「ボスになんてなれない。」と思うなら、徹底して従うしかないかもしれませんね。ママ友グループに属したいけれど、従うのはいやとなれば、自分の立場が難しくなります。



ママ友グループがいやならば、はじめから関わらない。その交わり、「ひとりは寂しい」とか「ひとりはみじめ」という妙な価値観を持たないこと。常にしゃんとして、パキパキと行動して、さばさばと挨拶だけしていれば良いのです。


どれをとってもリスクはあります。選択するのは自分です。どれを選択してもそのリスクは自分が選んだ物だと自覚して割り切ることです。びくびく不安げな様子を見せるのが一番良くありません。


新規オープンしたお店などに多くの女性が来ていることがあります。そういうとき、女性は一人で来る人が本当に少ないですね。買い物は、一人で来た方がじっくり見られるのですが、たいていは2人以上でぺちゃくちゃわいわいとおしゃべりしながら買い物を楽しんでいます。一人より二人、二人より3人、3人より4人・・と、特に女性は人数が増えるほどに力関係がアップしていくような錯覚を覚える事が多いようですね。


つまり、少人数や一人は不利だとわかっているから、無理をしても複数で行動するのです。複数の人たちを一人一人にばらしてしまえば、多分新規オープンの店に買い物に来ることすらないのかもしれません。一人では不安だからです。


もともと、女性は腕力も弱いので、これは本能のなせる技かもしれません。けれども、複数で行動する必要が必ずしもないところでさえ、集団でしか行動しないのでは、「自分」の価値観が定まりません。


自分の価値観が定まらないことは、物の持ち方も定まらないことです。先日も触れましたが、物の持ち方にはその人の交友関係も反映されています。常に、誰かと一緒に行動しないとだめなようなライフスタイルだと、CMで、雑誌で、お店で・・「これが良いですよ。」と言われると「そうですね。」と、安易に同調してしまうので、物もすぐ増えるのです。




(ママ友グループの全てが問題を抱えているとは限りません。場合によっては生徒会長タイプでボランティア精神があり、器の大きい人が運良くおさまってくれている場合もあるでしょう。)



2014/08/08

最適でない友人関係が物を増やす。

女性が物を買うのはストレス解消!の意味合いがあるのは誰しも心当たりがあることでしょう。


かなり前のことです。
学生時代の友人が、当時1歳くらいの子供を連れて遊びに来ました。


その頃はマザーズバッグにリュックを背負うのが流行っていた時代です。
友人は、「夫にプラダのリュックを買いたいんだけど・・といったら『え~あれ、ナイロンなのに7万するよね。』と、YESと言ってくれない。」と嘆いています。確かに、当時若いママがプラダのリュックを背負っているのは珍しい光景ではありませんでした。


でも、友人は、リュックを背負っているんです。「今持っているのじゃだめなの?」と聞くと「これは無印。」と言って黙り込みます。話を聞けば、よく交流をしているママ友グループの多くが「みんな」プラダのリュックを背負ってくるのだそうです。


別に、プラダのリュックだろうが、無印だろうが、機能を満たしてさえいれば、それぞれの勝手だと思います。けれども、友人は、どうしてもプラダのリュックにこだわっているようでした。

その他にも「サークルのママ友はみんな母乳を飲ませているから、紅茶やコーヒーは絶対に飲まない。」というように、何かに付けママ友の価値観にがんじがらめになっていて苦しそうでした。(カフェインは摂取しないというようなことは有益な情報だと思います。)


実際は一緒に過ごすことで有益な情報を得る機会が多かったり、楽しい時も多いのでしょうが、場合によっては、金銭的に無理をしていたり、「みんなが持っているから」という理由で高価なものを「買わなくては」という思いにがんじがらめになっていたり(友人の場合は経済的に買えないのではなく、ダンナ様が「それに7万出す価値が見いだせないということで反対されているのでした)と、物の持ち方に、交友関係が影響することが大いにあるのだと思った出来事でした。


一人で決めるのは自信がない。
みんなが良いと言っているから買う。
みんなに褒められそうだから買う。


こういうジレンマで買った物が家の中にないでしょうか。
もし、あるとしたら、物を増やしているのは自分の交友関係にも原因があるかもしれません。


子供がいると、なかなか避けるわけにも行かないのが難しいところですよね。
でも、今は長く感じても、子供がからんだ交流は、必ず終わりが来ます。


そのときに、無理に合わせていた価値観を自分に残さないようにしたいものです。


女性が複数で行動していてもほほえましく見えるのは、せいぜい20代までです。
たいていは既婚女性が、集団で話していると、いわゆる「かしまし」く写ります。

近所でも、幼稚園の送り迎えの途中に複数が立ち止まって話しをしているときは
何となく誰かのワルクチでも言っているのか無関係の通りすがりの人間にもいや~な空気を発していることがあります。でも、当人は全く気づいていないのですよね。

客観的にこういうのは、本当に品がないので気をつけたいですね。

品というのは、見た目のファッションやヘアスタイルや、持ち物だけで決まるのではありません。年を重ねるほどに、その人の人格のようなものが黙って立っていてもにじみ出ます。日頃の考え方に「品」がでます。

物の持ち方も、選び方もそれが反映されることがあるので今一度、身の回りのものを見直して行きたいと思います。








2014/08/07

「お気に入り」ばかりじゃなくても物は減らせる。

一般に「お気に入り」を持つことで少ない物でも暮らせると言われています。
でも、裏を返せば疑問に思うことはないでしょうか。




「お気に入り」じゃないと少ない物で暮らせないの?・・と。




たとえ、お気に入りではなくても、何となく使い慣れていて使いやすい物ってありますよね。
それを妥協して長く使うことは十分アリだと思っています。



たとえば、過去に大流行したル・クルーゼの鍋を例にあげます。
確かに見た目が良く、じんわりと火が通るので煮物も美味しく仕上がります。


けれども、実際の使い勝手は正直大変でした。
重いからです。


けれども、お値段も高いので、がんばって10年くらい使いました。
そのうち、内側がはげてきたので、処分しました。


代わりに、ちょうどほぼ同じサイズだった(奇跡的)無印の白いホーロー両手鍋を買いました。
軽いし薄いので、焦げ付きなどを心配していましたが、結果は○でした。



「お気に入り」というと、高品質で雑貨の雑誌に掲載されているような高価な物のイメージがあります。
けれども、それらは実際のところ、プロの料理人や達人には使いこなせても一般家庭の女性には扱いにくい物であることが多いようです。


何でもプロや達人が使っているものが自分にとって良い物とは限りません。
デザインもそうです。


有名メーカーの雑貨ばかりがオシャレ雑貨ではありません。
たとえ、妥協して使っていても、オシャレじゃなくても、無名品でも「使いやすい」というだけで、立派な「お気に入り」といえるのではないでしょうか。


最近の私の「お気に入り」の基準は、「軽いこと」です。
本当は、高品質のものは、やたら重い物が多いのです。


家具でもバッグでも小物でも服でも食器でも鍋でも。
けれども、最近は、そういうことに、あまりこだわらなくなりました。



先日、買った腕時計は1000円未満のカシオの時計だし、


(バスや電車の時間を秒単位で確認できるので、デジタルが凄く便利です。ベルト調整は自己責任で自分でやりました。)

実家に用事があって行ったときの手荷物バッグなナイロンのバッグです。
靴も重厚な革ではなく薄手の軽いもの。
よほどの大雨でない限りカサは軽量の折りたたみ傘。
水筒も、以前のものはまだ使えるものでしたが軽量のものに買い換えました。


おかげで外出は肩が凝らず快適です。





最近の、私にとってのミニマム化は、数を減らすことにこだわりません。
同じ用途のものを小型化したり、
軽いものに変えることです。




たとえば腕時計などは、その人の懐具合を示すアイテム代わりの側面もあります。
だから、こういう時計をすることはある種の勇気というか、開き直りの姿勢が必要です。
けれども、思うのですが、高価なブランド品は、日本人なら誰でもほとんどものを買う気になれば買えるんですよね。
だから、高価なブランド品は持ってても現代日本では、たいしたステイタスにはなりません。
たとえば、ヴィトンのバッグなんて田舎のおばちゃんでも持っています。なりふり構わない風の田舎のおばちゃんが実は資産家で、本当の意味でのお金持ちで、見た目セレブ風な女性が実はカツカツしていて、ブランド品をがんばって買っているのは珍しくありません。

思うに、雑誌などでよく見かける「お気に入りの逸品」的なものって、他人に見せるためのもので、ブランド物のバッグと目的は同じであるような気がします。



昔はブランドバッグは経済力のステイタスになったけれど、今はいろんな方法で誰でも買えます。だから、代わりに「お気に入りの雑貨」を選ぶ審美眼という新手のステイタスが登場しているような・・。



つまりはブランドバッグもお気に入りの逸品(の雑貨)も根本にある目的は同じ場合もあるということです。もちろん、そればっかりじゃないかもしれませんが、雑貨はブランドバッグと違って「暮らしに必要なもの」として買いすぎてしまう名分が立つのがやっかいなので気をつけましょう。






2014/08/06

秋冬物の服の計画は今。

秋冬物の通販カタログが続々届いています。
本当は、店頭で試着して現物チェックして買うのが基本なんでしょうが、それでも失敗することってありませんか?しかも、接客してもらったから買わないと悪いなあとか、雰囲気で買ってしまうこともあったり。


今の時代、高品質ばかりがオシャレとはいえない状況もまた、難しい原因のひとつですね。高品質すぎる服は、どうしてもコンサバ感が出てしまうので今風にならなかったりします。それで結局、着るタイミングを逃したり。



結局、通販カタログは、冷静に何度見ても文句を言われない便利なお店です。ただし、注意したいのは人気の品はあっという間に売り切れたり品薄になることです。


なので、たとえば薄手のコートの購入を考えているならば、今が買うタイミングです。セール品は、合えばお得ですが返品、交換ができない事が多いですね。(不良品をのぞく)なので、選べる余地がある今、選んでしまった方が良いですね。


そういえば、今は夏、真っ盛りですが、今年の夏はクロップドパンツなどの半端丈パンツを外では一度もはいていません。そもそも、サンダルも履いていません。

理由は、足の爪の状態が良くなくて、サンダルやオシャレパンプスが履けないからです。必ずソックスを履かないと悪化しそうなので、必然的にサンダル以外です。


その流れで半端丈パンツを自然と履かなくなりました。それで改めて生活してみると、それでも別に困りません。夏は半端丈パンツ!が必要と思っていたのは案外思い込みだったのかもしれません。


それから、以前は帰省や旅行に行くときは何となく新しく服を買わなくては・・という思い込みがありました。でも、それも必要ないですね。以前も書きましたが、実家に行くのにいつも同じ服でも全然かまわないわけですから。


それから、ファッションの参考にする本を買うときはモデルさんとかモデル出身のような人の本を買うと、あんまり参考になりません。理由は、スタイルが違うからです。定番アイテムと紹介されているものは、かなりの長身の人とか、スタイルが抜群に良い人とか、雰囲気がある人にだけ似合うものだったりします。

要注意なのは「白い服」です。


白シャツ、白T、白パンツ、。白パンツは、ちょっとでも似合わないと、給食センターのおばさん風になっちゃいますからね・・。白Tは運動会。白いロング丈のシャツは、下手すると宗教の人みたいだし。白のスクエアカットのスモック風ブラウスは、うっかりすると「丈の短い割烹着」です。もちろん、似合っている人もいるのですが、経験ではそんなこともありました。


白い服は万能と書いてあることが多いけれど、実際には危険アイテムの可能性も大きいと思っています。


いろいろ失敗もある服選びですが、秋冬に向けて早めに計画を練るというのは大事だと思いますよ。








2014/08/05

奥行きのない机の使い勝手。

うちの子供の机は購入当時、散々迷った末、子供部屋のスペースを考慮して奥行き45センチ、幅120センチのサイズを選びました。結果として部屋のバランス的にはパーフェクトでした。



けれども、あれから数年経た今、「やっぱり奥行きが足りない。」と感じるようになりました。子供本人は何も言いませんし、おそらく自覚していないと思います。



けれども、最近はリビングのこたつテーブルに勉強道具を持ち込む事が増えました。場所もありますが、おそらく奥行きが足りなくて使いにくいのです。


最近、省スペースを考慮して、我が家のように奥行きが浅いタイプの机が増えました。見た目のバランスは良いのですが、やっぱり使い勝手は今ひとつだと感じています。


パソコン机などの用途であれば問題ないと思いますが、子供の学習用としては、やっぱりもう少し奥行きがあったほうが使いやすいですね。


我が家の場合は奥行きだけではなく、子供部屋に窓がないということもあり、(マンション中住戸の中心部の和室使用)圧迫感があるということもあるかもしれません。そこで、子供の様子を見てリビングに学習スペースを持ってくること、今の机よりも奥行きのある机もしくはテーブルにすることを検討しています。


(子供部屋の机をリビングで使う・・ことも実行したことがあります。)


「では、ダイニングテーブルを使えば良いのでは?と思いますよね。」以前の住まいではそこで勉強をしていました。ところが現在は(150センチ×80センチサイズのテーブル)オットのスペースになっています。「隣で勉強すれば。」と何度か提案したのですが子供は首を横に振ります。別に父が嫌いとか、そういうのではなく、威圧感があるからというわけでもないらしいのですが、小さい頃と違って、何となくいやなんでしょうね。

というわけで、ダイニングスペースのテーブルとは別にリビングにテーブルか机を設けなくてはいけないなあ・・と思うようになりました。実は2年前くらいから考え始めていたことです。ところが色々考えたのですが、本当に難しいです。最適な配置が思いつきません。


全然ミニマムではなくて大物を増やすことですしね。


本当にその必要があるのか?


と、何度も考えましたよ。



子供部屋は落ち着かず、こたつテーブルもロータイプなので、膝やお尻が痛くなるし、どうしても姿勢も崩れるので何とかしなくてはいけないようです。



以前、ラグのことで散々迷ったのですが、今度は机(もしくはテーブル)です。



更に、このスペースで家族3人が食事をしなくてはいけません。(ダイニングテーブルはオットが使っているので食事はできません。)下手するとごちゃごちゃしてしまうので本当に悩みます。



さて、近いうちに結論を出したいのですが、いったいどうなるんでしょうか。そういえば、ずっとお悩み中のソファの問題もあるのでした・・。


ちなみに机のサイズはできれば幅は最低100センチ、奥行きもできれば60センチくらいはあった方が良いと思います。机にこだわらず、ダイニングテーブルもチェックしていますが、なかなか「これ」と思う物が見つかりません。



見た目としては全然スッキリではなくなります。


けれども、今、我が家で優先するべきことは、見た目スッキリは保ちつつ、家族全員が最適な状態で暮らせることです。そういう視点で様子を見ると、オットはクリアしているけれど子供はクリアできていません。(机のこと)


もうしばらく、考えをまとめて改善していきます。




2014/08/04

予約待ちが多すぎる本は、さっさと買うが得。

先日、図書館の予約待ちを確認したら約300人だったのがこちらの本です。


ええ、買っちゃいました。

本3


本にもよりますが、「読みたいときが旬」だからです。服に流行や旬があるように、本にも旬があるんです。





この予約待ち人数で、順番が回ってくるのはいつでしょう。蔵書数を確認したら、早くて1年後、下手すると3年後くらいかもしれないと判断しました。


「読みたい」と思った今2000円出して読むのと、忘れてしまった頃の1年後~3年後に無料で読むのとでは、いったいどちらが得なのでしょうか。

お金の支出と言うだけで考えれば、後者なのかもしれません。小説は、長く読まれる事を考えてある程度時代反映を控えているかもしれませんが、それでもやっぱり古い作品は何か違うんですね。(古い作品が良くないという意味ではなくて)やっぱり、著者が現時点でその作品を出していることにも意味があります。(時代を超えて内容が良い本も多数あります。)

けれども、どうでもいいTシャツ2枚は平気で買うのに、本1冊にお金を出すことがもったいないと考える人があまりに多い気がしています。(本にもよりますが)



ネットオークションなどを行っている人ならば、新刊で買い、読んだ直後、市場に多く出回らないうちに売ってしまえばきっと高く売れるでしょうしね。


本を読むことは形に残らないので買わない主義の人が割と多いのかもしれません。それが予約待ち人数に現れている気がします。

また、お金を使う基準が、他人に自慢できるものには使う(洋服、小物、アクセサリ-、自宅に来客が多い場合は見せるための食器や家具など)感覚が強いと、どうしても不本意な物が増えやすいのではないかなと思っています。


(楽天はこちら)






前回は、とりあえずこの本のシリーズの前作である「名もなき毒」を図書館から借りて読了しました。そのあと、その前の「誰か」も借りておきました。


久々に宮部みゆき氏の本を読みました。

ちなみに、「名もなき毒」の感想(ネタバレ注意)です。


さくさく読めるのが、この著者の作品の最大の魅力だと思います。
この時点では語り手の主人公の本当の心情がよく分からない、見えない感じです。これが「ペテロの葬列」で何かあるのかどうか、期待したいところです。

土壌汚染問題とか、老人介護とか、高齢同士の再婚問題とか、ニートとか、自己実現にさいなまれる若者とか、昨今、ありそうな問題を絡めたストーリーですが、不思議に暗く重すぎる感じがないので最後まで読むことができます。悪く言えば、山崎豊子氏のような鋭さまでないのですが、このくらいが普通に読むにはちょうど良い感じです。



2014/08/02

乾電池の余分な買い置きをしない理由。

処分予定のアルカリ乾電池を、棚の上に置きっぱなしにしていました。

ある日、見ると、しろい粉が吹いています。
どうやら、液漏れしたようです。

この「しろい粉」の扱いがよくわからないので、ネットで調べてみました。

それによると、このようなことがわかりました。



・しろい粉の正体は電解液が空気中の二酸化炭素と反応して結晶かしたもの。

・しろい粉は強アルカリ性なので扱いには注意する必要がある。

めがねを着用、ビニール手袋などを使って処理。
できるだけ粉の状態で排除する。

 皮膚に付着したまま放置すると化学やけどを起こす
 目に入ると失明の危険がある

 万が一、目に入った場合は、こすらず大量の水で洗い流す。
 皮膚に付いた場合も同様。

・液漏れした乾電池は使えない。

・液漏れする乾電池はアルカリ乾電池



だいぶ前にも、買い置きしていた未使用乾電池がパッケージの中で粉を吹いていたことがありました。でも、そのときは、扱いに注意が必要とはあまりよく考えずにいました。



粉が舞うといけないので、化粧をしているときにマスクをして、長袖の服、ビニール手袋をして処理しました。小心者なので、このとき着ていた服は、別にバケツの水で下洗いしました。


で、そのあとやったことは、使っていない乾電池入りの小型家電の処分とチェックです。


置き時計
冷風扇のリモコン
扇風機のリモコン
ステレオコンポのリモコン

これらの中に入れっぱなしだった乾電池を外しておきました。
リモコンは、念のため乾電池を外して保管しておきますが、置き時計は処分しました。

乾電池を使う小型家電のトリセツには、多分「使用しないときは乾電池を外して下さい。」と書いてあるんですよね。ところが割と軽視してしまいます。場合によっては乾電池の液漏れで小型家電が使えなくなることもあると思います。


使っていない物を、放置しないということは、安全の意味でも大切なことなんですね。


2011年の震災以降、乾電池を買い置いている人も多いと思います。

このような場合もあるので、以下、自分なりに気をつけようと考えたことです。



・定期的に買い置きの乾電池の状態を確認する。

・定期的に乾電池使用の小型家電の電池の状態を確認する

・必要以上に乾電池の買い置きをしない

・不要になった乾電池は住んでいる自治体のゴミ処分の方法に従い、安全を確認したうえで早めにこまめに処分する

と、あらためて実感しました。



余計な物を不必要に持っていると、単純に危険なこともあるんですね。
数が多いとチェックするにしても目が行き届きにくくなるのでなおさらです。




2014/08/01

国内移動の荷物の持ち方。

夏休みシーズンなので、国内外に移動する機会が増えますね。

さて、今回は国内移動の荷物の扱い方についてです。

皆さんは、移動先に滞在中の荷物をどのようにして持って行きますか。

車で移動する場合は、今回の話から除外します。公共の交通機関を利用する場合です。

実行している人も多いと思いますが、我が家の場合は、荷物の9割は宅配で送ってしまいます。

宅配便の料金がもったいない・・と思う考えもあるかもしれません。私の考えとしては、大きな荷物を抱えてフットワークの良くない移動をするよりも、身軽な方が、楽しみも増えると思っています。

日本の宅配便の安全性はピカイチです。荷物が紛失するようなこともありませんし、天災、事故などの例外をのぞけば、ほぼ間違いなく指定した日時にきちんと到着します。

旅行は移動中のフットワークの良さで楽しみ方も増えます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。