--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/02/15

延長コードは、たまに買い替えて安全に使う。

たまに延長コードの買い替えをしています。家電の置き場所が変わったり、使い方が変わったりすることで最適な物、長さも微妙に変化しています。


それだけではありません。最近の延長コードは、使っていないプラグの差しこみ口からホコリが侵入しにくい構造になっています。それから、コンセントが上下に動く作りになっていて、コードの動きに内部の線が影響されにくくなっているようで、より安全性が高くなっています。


つい先日買ったのは、これです。

004_20140215210134da7.jpg

プラグの差しこみ口は3か所です。コンセントに刺したまま、電流の流れのオンオフのスイッチがあります。コンセントの根元は上下に動きます。差し込み口にホコリがはいりにくくなっています。長さは使いたい場所に合わせて2メートルを選びました。

コンセントは100均でも売っていますが、私は必ず家電店等、100均以外から買っています。100均が良くないというわけではありませんが、気分的に、何となくそうしています。

延長コードを買う時も、使う場所と目的を考えて最適な長さと口数を選ぶと無駄がないと思います。たとえば1メートルで事足りる場所で3メートルのコードを使うと、コードが蛇の様に絡みやすくなります。反対に3メートルあれば、もっと便利なのに2メートルしかないのもつかいにくくなります。


延長コードなんて、気が付けば家に何個も古いものがあるかもしれません。けれども、物を見直すように延長コードもライフスタイルに合わせての見直しが安全と暮らしやすさにつながると思います。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。