--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/04

変化を認める

ある程度の年齢以降の女性は、自分が最も輝いていたであろう時期のファッション、メイク、ヘアスタイルを引きずりがちだそうです。


日用品や食品などに関しては、定番物を使い続けることは問題ないと思います。

けれども、己の見た目に関することは例外かと思っています。


自分が思う以上に、実は見た目年齢は上がっていると判断するのが無難です。


若かりし頃は最先端だった事も、今は「懐かしい」ものへと変化しています。


「イタイ人」にならないためには、変化を認める事だと自分に言い聞かせています。


鏡と店員ほど不正確な表現者はいません。


鏡は自分で脳内編集しますから、現実よりよく見えます。


店員の褒め言葉は、基本 売るためのお世辞です。


本当の自分の印象を教えてくれるのは、写真と実母の意見だそうです。






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。