--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/03/19

同じ靴を買い続けるということ





オットのビジネス用の靴は、結婚前から同じメーカー一筋です。


また、デザインは10年程前からは同じものを買い続けています。

カカトは半年に一度のペースで交換しますがソールがダメになったならソール交換はせずに新しい靴を買います。


ソール交換をしても靴本体はどうしてもいたんで来るので、そのくらいが費用としてもはき心地、見た目も買い換えのタイミングのようです。

買い換え時は、同じものを2足買います。古い方は、雨の日用に保管しておくので、ビジネスシューズは4足です。

正直、2足分の購入代は数万円の出費なので大変です。けれども、足元は見られていますから、気を付けています。

その代わり、私の靴はリーズナブルなものばかりです。


どの道、ヒールの高い靴を履けなくなってしまいましたからちょうど良いのかもしれません。

我が家にとって少々、値の張るオットの靴ですが毎日履くので十分元が取れています
ついでに休日用の皮靴も同じメーカーの別デザインです。(この他にスニーカーがあります)


このようにオットの靴に限っては、スニーカー以外は買う店が決まっているので、ある意味 買い物は楽になりました。なかでもビジネスシューズは決まった型を買い続けているので、迷ったり、買って失敗ということもありません。

出来れば、私の靴もそんな買い方が出来るのが理想です。


女性の靴は流行が激しいので、難しいようですね。








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。