--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/13

最近、捨てたものと片付け

先日、捨てたものは

-ファイル5、6冊

-フリース1

-手袋4

-ペン10本くらい

-ダンボール、空き箱

-靴下5、6足



子供の進級に伴い、前年度以前の不要プリント類を子供に選択してもらい、ダンボールに入れました。大量にあるので、これは後日、再確認、選別して処分します。


上記のペンも子供部屋から出たものです。

衣類は小さくなった子供のフリースとオッとのソックスを処分。ソックスは新しいものを買って入れ替えました。


最近はそれほど捨てるものは見当たりません。


このあと図書館に行ってこれを借りてきました。



本当の億万長者は実は高額な消費をしていないそう。高価なスーツ、時計、などは5万ドルから20万ドルの年収があるのに億万長者ではない人たちだそう。職業で見ると中間管理職、弁護士、営業・マーケティングの管理職、医者に多く事業家には少ないそう。高級スーツを買う人はそれがいい投資と信じているという記事がフォーブス誌に掲載されていたとか。

庶民からすれば医師、弁護士などは高収入のイメージがありますが、億万長者からすれば庶民範疇です。高額な買い物は実は億万長者ではなく庶民だったということは、何を意味していると思いますか?

改めて物の持ち方の価値基準についておおいに考えさせられる本です。









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。