--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/30

ポケットの数が多いバッグは使いにくい

滅多に使わないカバンを持って出かけた子供が、慌てて戻ってきました。


ところが玄関で「あーあった」と言います。


何事かと思えば、「スイカを忘れた!」と思い家に戻るとカバンの中に入っていたそうです。


そして一言。


「これ、ポケットが多すぎ!」


なんでも、ポケットがあちこちにあるので、どこにしまったかわからなくなるとか。


結局、いつものカバンに入れ替えて出直しました。



これ、私も覚えがあります。



以前もブログに書いたかもしれません。バッグにポケットや仕切りが多いと使いやすそうと思いますが実際に使うとかなり混乱します。


ポケットの数は、1つか2つまで。仕切りは一箇所位ベストだと思います。


これはカバンに限らず家具や収納グッズも同じです。


あまりに細かく分類しすぎると、引き出しの開け閉めも面倒になるし何がどこにあるか忘れてしまいます。


もし既に持っているものが、引き出しの数が多すぎる場合は、思い切って使わない引き出しがあることで分類を減らすことができます。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。