--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/06

収納の衣替えは必要。

シーズンごとに、衣類を入れ替える作業も、最近では「衣替え不要の収納術」のような方が多いようですね。



とはいえ、個人的には衣替えの作業は必要だと思っています。


その理由として衣替えの作業には、それなりの利点があるからです。とはいえ、数がそんなにないので手間はさほどではありません。以前は、一日がかりでしたが、それほど余分な服が多かったのだと思います。今はじっくりゆっくり取り組んで掃除と整理もいれれば2,3時間もかかるかかからないかくらいです。



①収納の配置を換えることで、使いやすくなる



やはり収納場所には「使いやすい場所」と「そうでない場所」があります。オンシーズンモノは「使いやすい場所」にあったほうがつかいやすいです。反対にオフシーズンモノは「使いにくい場所」に移動したほうが「使いやすい場所」を広々と使うことができます。



②整理整頓、清掃する機会になるので衣類を清潔に保てる

衣替えの作業をすることで、必然的に整理されたり掃除することにもつながります。




③衣類の見直しにつながる

同時に、インナーやソックスの過剰、不足をチェックする機会にもなります。



服を買うことは楽しいですが、着心地の良いインナーやソックスがきちんとそろっていないと、プチストレスになるし、その場になって慌てます。なので、私の場合はシーズン始めに家族のインナーとソックスを衣替えのときにチェックします。そのときに足りないモノを確認して不足分を買い足しておきます。


穴の開いた靴下や、よれよれのインナーではテンションが下がりますしね。


最近、気に入っているのはセブンアンドワイのボディクーラーです。

003_20140506062123033.jpg


004_2014050606212183a.jpg




ユニクロのインナーの夏物インナーはコットンが含まれていないので、あせもになりやすいプチアトピー体質のうちの子供(と言っても身長はオットを超えそうですが)には、セブンアンドワイのボディクーラーのインナーTが良いみたいです。こちらのメンズモノは綿が65%で、今シーズン買った物は横に細い溝になっています。この細かい凹凸が通気性が良さそうです。


私の場合も、やはり夏はあせもになりやすいので、昨シーズンから以前はユニクロのサラファインだったのをやめて(山歩きにはユニクロを使っています)セブンアンドワイのボディクーラーに変えました。レディースモノは綿は35%ですが、オール化繊より良いみたいです。


余談ですが、ちょっとだけ困るのは、子供が成長してオットと子供のインナーTが全くサイズも同じなので区別しにくくなってしまったことです。

現在は、タグなどに、どちらか1人分だけマジックペンで「、」と書いています。






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。