--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/05/09

そうだ、包丁を研ごう!

台所の作業で、包丁の切れ味って、フットワークに大きく影響します。でも、段々、切れなくなっても、それが「普通」になって気がつきません。



野菜を切る

肉を切る

魚を切る


料理って、実は下ごしらえの「切る」作業が一番手間だと思います。裏を返せば切る作業を楽できれば、後は簡単。最近「カット野菜」が人気だそうです。私も、買いたいと思うモノの、何かの薬品に浸されているような気がするのでどうしても買う気になれません。



ならばと、思い出したのは包丁の切れ味が悪くなっていることでした。




これまで包丁のシャープナーを何度か買ったことがありますが、結局効果なし。それで普段は茶碗の底でシャカシャカこすってごまかしていました。



「そうだ。包丁研ぎを買おう。」と思い、じっくりと調べることにしました。レビューを読んでいて気がついたのは、包丁には片刃と両刃があるということです。市販のシャープナーの多くは(溝に入れてこするもの)両刃用だったのですね。我が家の包丁は実は菜切り包丁と、100均で昔買った子供用包丁と、パン切りナイフと果物ナイフだけなのです。それとキッチンばさみです。つまりメインは菜切り包丁だけです。この包丁は片刃なんですね。どうりでうまくいかないはずでした。変かもしれませんが出刃包丁はなんだか怖いので結婚当初から買ったことがありません。魚をおろすときは果物ナイフとキッチンばさみです。信じられないかもしれませんがこれでも大丈夫なんです。



いろいろ調べて片刃でもOKなのはオーソドックスな砥石だという結論に至りました。アマゾンのレビューを読んでこれに決めました。



010_201405090759552bb.jpg


011_201405090759566e2.jpg


014_20140509075957d80.jpg


レビューによると砥石を1時間くらい水に浸すのがこつだそうです。水に浸したら細かい泡が出てきました。

007_20140509075954632.jpg

この後、適当に箱の裏面の説明を読んで包丁を研ぎました。結構、簡単なモノですね。難しく考えてシャープナー形式のモノよりこっちの方がいろんなモノにも使えるので効果的だと思います。

一気に包丁の切れ味が良くなったので、急にいろんなモノを切りたくなり調理のモチベーションもアップしてきましたよ。切れない包丁が知らず知らず、料理のモチベーションをうばっていたのですね。(自分のずぼら精神もですが)


使っている最中も、台座が付いているので水で周辺が濡れにくいです。使った後も台座において乾かせるのですごく便利です。どうして今までこういうモノを敬遠していたのか不思議です。


以前、住んでいたところでは大手スーパーに時々、包丁研ぎやさんが来ていました。今の住まいで3年前くらいに一度駅の近くで見たことがあるのですが・・包丁を持って駅前に来るのって・・微妙ですよね。どうしようかなあと思っているうちに、いなくなってしまい、その後見かけたことがありません。


難しく考えずに自分でやってみれば、案外どうってことないのだと気がつきました。もちろん、高価な包丁をプロが使う研ぎ方には及びませんが家庭用なら十分だと思います。たぶん、動画などを検索するとやりかたなども見ることができそうですし。

そうそう、ついでにキッチンばさみのぎざぎざでない方の刃も研ぎましたよ。










関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。