--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/06/22

食品添加物のハッカ油で虫除けスプレーを作ってみた。

今年は、虫除け対策にハッカ油を使っています。

一般的な虫除けと違い、毒性がないので安心なのです。
(人によってあわないこともあるので体調似合わせてお使いください)


最初に買ったのは、こちらですが、
シュッシュッと使っていたら、あっという間になくなってしまいました。


最近、山に何度か行きましたが
北見ハッカ油をスプレーしていて
虫に刺されていません。

ただ、もっとコスパが良いとされる
別のハッカ油を買ってみました。

そこで、
もっと安価な食品添加物用のハッカ油を水で薄めて使うという
方法を試みてみました。


2014062201


左の、赤で囲んだ方がそれです。
右は、北見ハッカ油です。



茶色いビンが、
食品添加物のハッカ油で、その左のスプレーボトルは
100均で買った20ml容量のスプレー容器です。


このスプレー容器に、
食品添加物ハッカ油を10滴ほど入れ、
東レの浄水器を経由した水を入れました。


この状態で、
シュッとしてにおいをかいでみました。


「ちょっとにおいが薄いかな?」

と、思いましたので、
さらに5滴ほど足して、15滴程度を入れてみました。


それでも、まだにおいが薄いような?



ネット通販の口コミレビューを読むと
このようにして虫除けスプレーを作る場合
「1CCのハッカ油に水(精製水など)を150ml(-1CC)」
と、記載してあるのを見かけます。

たぶん、それより濃度が高いと思うのですが
それでも北見ハッカに比べると今回の方法では
かなりにおいが薄いです。

それでも、とりあえずベランダの床、手すり、網戸に
スプレーしておきました。

もしかすると、原液で使用して北見ハッカの
においと同じくらいになるのかもしれません。

様子を見ながら、試してみようと思います。



ちなみに、パッケージの箱の記載では

・ストレス解消に ハッカ水・・精製水100mlにハッカ油6滴

・おしぼり、はんかちに、すすぎ時に2~3滴落としていやなにおいを防ぐ

・お風呂に3~5滴入れてミントバス(たぶんこれは、かなり冷え冷え~なのでご注意ください)

・ティーカップ芳香浴・・温湯に1~2滴落として鼻からゆっくりと香りを吸い込む





・・とあります。

虫除けスプレーとしての説明が内ので、工夫するしかないようです。


ビンの原液のまま、においをかいでみた感じでは、
やはり、そうかな?と言う気がします。


口コミレビューでは
「あまり効果がなかった。」
とする記述を見かけるのですが、
もしかすると、薄めてしまうとかなり濃度が低くなってしまうせいかも
しれないとも思いました。


どのくらい薄めて良いのか、
これは自分で試してみるしかありません。

食品添加物のハッカ油と、これに類似のハッカ油は
北見ハッカ油よりかなり安いですが、この加減がよくわかりにくい
ことが低価格なりのデメリットではないかという気がします。


ただ、原液の状態だと、価格は容量あたりの価格は半分くらいなので
適切に使いこなすことができさえすれば、いわゆる「コスパが良い。」
ということになるのでしょう。


適切な量が、今ひとつ不明瞭なので、ある意味 賭とも言えます。
よくわからない場合は、はじめから届いた商品を薄めたりせずに使えば
効果が確実で、ハーブティーとしても使える北見ハッカ油を買った方が
迷いがなく確実で結果としてお得なのではないかという気もしました。


(北見ハッカと私は何の関係もないですよ~^^)



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。