--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/13

服の断捨離

要らない物は、まめに処分しているので、「余分はない。」と思っていました。


でも、なんだかクローゼットの中身がモヤモヤしているのです。



そこで、「モヤモヤ」する服を、とりあえず全部出してみました。



結果、モヤモヤ服の8割は、着ていないのです。
1割は、着ているけれど、着て落ちつかないもの。
1割は、着ているけれど、見た目に腑に落ちないもの。


・・でした。



モヤモヤの理由を羅列してみました。




処分を迷うのは、まず「着ていない8割です。」


・全然、ほとんど着ていないのに、捨てるなんて罪悪感。
 


・昨年は、着ていたけれど、今年は着る気になれない。


・丈が短いので気を遣う。
 胸元の開きが広いので、インナーに工夫がいる。


・ブラックのテーラージャケットは万能だと思っていたけれど、娘の就活スーツを借りたみたいに見える。


・速乾性があるパンツと思ったけれど、汗を吸わないので暑くて仕方がないから履かなくなった。


・デザインが若すぎる気がする。



・・と、まあ結構疲れますね。



で、なくても困らないと判断した服は処分することにしました。
今回は、ジャケット以外は半端な安っぽい普段着・・が多くありました。

普段着とはいえ、カットソー素材の霜降りグレー系は危険アイテムだと思います。
それから、シンプルな白いカットソーというのも同様。


洋服の指南書にはシンプル白のカットソー、Tシャツ、襟付きシャツを勧めるのですが、あれは人を選びますね。


よほど雰囲気のある人でないと、私のように体型もしまりのない体型の者が着ると、えらくチープ感が倍増します。自分で着ても気づきません。

以前、たまたま街でそういう同年代の人を見かけてハッとしたのです。


それから、仮にスリムでも、パンツスタイルはお尻部分の見せ方は鏡でチェックしないといけないと痛感したことがあります。

というのはある程度の年齢になると、パンツスタイルのスリムな女性のお尻と足の形に注意がいるんだと思いました。


というのはスリムな50歳くらいの女性はファッションもオシャレだったのですが、お尻のラインというか、骨の形が年齢を表しているんです。もっと年齢が上になると、膝が曲がった人も見かけます。

逆に、ふくよかな女性の方が、お尻のラインの崩れが気にならない事が多いと思います。


日本では、スリムであることが最高のように思われますが、年齢がある程度以上の場合は、骨ベースのラインが崩れている人を見かけます。そのことが、かえってふくよかな人よりも年齢を感じさせてしまうこともあるんだなあと感じたのでした。


洋服を着たら、後ろ姿や膝が曲がっていないかなども考慮して似合う服を選ばないと行けないのだと感じた次第です。


20140713001





今回は10枚前後、処分しました。ウエスにできるものはそうしました。









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。