--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/11

「背もたれ」は必要か?丸イス(スツール)購入の理由。

「背もたれ」の必要性
「もたない男」の著者、中崎タツヤ氏は、仕事用に使っていたイスの背もたれを「必要ない」という理由で、のこぎりでカットしたことがあるそうです。そのあとは、はじめから背もたれのない丸イスを購入したようです。


このエピソードを意識していたわけではないのですが、結果として似た結論を一つ出しました。



子供が、リビングでも学習できるように、新たにダイニングテーブルとイスを購入することにしていました。そこで、ひとつ気になったのは「イス」のことです。


室内がイスだらけになってしまう
すでにダイニングスペースには2個の背もたれ付きのダイニングテーブル用のイスがあります。1つはオットが書斎机用のイスとして使っています。もう一つは、私がパソコンを使うときのイスとしています。残る2客分は、イスではなく、ベンチ型のシンプルなコの字型のもので、テレビ台としています。

つまり、すでにダイニング用のイスが2脚、同じ空間にあります。(リビングダイニングのダイニングスペース)そのうえ、あらたに3~4脚のイスを置くと、空間がイスだらけになります。ダイニングテーブルとイスは、3人で使うためには「4人用」を買うことになります。イスとセットのなっているものが、圧倒的に割安です。ところが、今の空間に4脚のイスが増える事を想像すると、ごちゃごちゃ感に頭がクラクラしてきます。


そうだ!背もたれのない丸イスを使えば良い

「何か良い方法はないものか。」


と考えたとき、頭の中に背もたれのない丸イス(スツール)が浮かびました。背もたれがあると、寄りかかってリラックスできますが、そもそも、その必要があるのだろうか?と考えてみました。


そこで、家族全員が、ここで過ごす様子を脳内シミュレーション。



本を読んだり、テレビを観てリラックスするにはソファを使います。そもそも買う目的が子供の勉強なのですから、絶対に必要ではありません。場合によっては子供部屋の机用イスをリビングに持ってくることも検討しています。丸イスにすれば、圧迫感もなく、イスを引かなくても、ひょいと持ち上げて移動したり、重ねて置いたりできそうです。



丸イスは安くても完成品で届き、品質が安定しているようだ
さらに、安い組み立て式の背もたれのあるイスは、強度に不安があることがありそうですが、丸イスは完成品です。値段はピンキリですが、アマゾンで売っている不二貿易のイスに決めました。



(我が家が購入したのは「ナチュラル」です。アマゾンの画像は、トップ画像よりも脇の説明画像内の色味が実際と色に近いです。白っぽい肌色という感じです。)




アマゾンから買った。梱包にちょっと驚く。
テーブルに先駆けて早速届きました。



わかっていましたが、一脚につき1個の梱包で届きました。ちょっとすごいかも・・


丸イス3


予想より、しっかりした品質に嬉しい驚き
出してすぐ使えるので良いですね。


思ったより、座面が広く、物もしっかりしていたので良かったと思います。


丸イス4


ただし、脚の底の傷防止シートは、すぐにはがれそうなので、対策は必要そう。

丸イス5


テーブルが届く前に、リビングに置いて座ってみました。若干、お尻が痛くなりそうなので、薄いクッションがあると良さそうです。応急的にタオルでも強いて使えば良いかなと。



背もたれがないというだけで、メリットが多すぎる
イスを引くことなく、後方からまたぐようにしつつ掛けることができるし、ちょっとした手元用テーブル代わりになりそうだし、踏み台にもできるし、重ねておけるし、なかなか使い回しも効きそうです。




背もたれ付きのイスを買わず、丸イスを選択したことで、メリットがたくさんあります。


見た目にスッキリする
スタッキング可能

丸イス1

イスを引かなくても使えるのでフットワークが良い
予算を抑えられる。(背もたれ付きのイスをこの価格ではとても買えません。)


(楽天はこちらが同じだと思われます。)




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。