--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/14

リビング学習しても散らからない、食事の支度もしやすい工夫。

ようやく、リビングダイニングのテーブルの問題が解決しました。



先日、リビングに2つめのダイニングテーブルを買いました。


むじるし タモダイニングテーブル・・


それ以前は、ローテーブルの利用です。元のダイニングテーブルはオットが書斎机として占領(?)しているため、食事も、子供がリビングで勉強するのも、ここです。


これまでの様子は、こんな風でした。




ビフォー

子供がリビングのローテーブルで勉強中。

テーブルは110センチ×70センチほど。そのため、面積の3分の2ほどにノートや問題集、筆記具が乗っています。そこに食事を持ってくると、いったん、それらをどかす必要があります。テーブルに料理を並べるにも、ここで中断。

テーブルの図2


食事を並べると、3人分ではぎりぎりの広さなのです。



テーブルの図3


         ↓



アフター


そこに、今回、無印のダイニングテーブル(140センチ×80センチ)を購入して置き換えをしました。(写真、奥が無印テーブル)


りびんぐだいにんぐ

すると・・

(奥の方がリビング側で、無印のダイニングテーブルを置いてあります。)


テーブルの図1


このように、勉強道具を出している状態でも、空いたスペースに余裕で料理を並べることができます。子供は、ざっくり片付けて、隣の席に移るだけです。


ちなみに、無印のダイニングテーブルの周囲のイ4脚の内訳は

3個 アマゾンから購入の不二貿易のスツール
1個 数年前に買った、子供部屋、机用のワークチェア(無印良品)

です。



背もたれのないスツールにした理由とメリット、実感

子供は、必ずしも無印のワークチェアに座っておらず、気分次第で場所を変えています。


このスタイルを実際に行ってみると、背もたれのないスツールのメリットもヒシ・・と感じます。というのは、掃除の時に移動するのがとってもラクだからです。片手でひょいと引きずることなく持ち上げられます。


テーブルの上にひっくり返して置いてから一気に掃除をすることもあります。




従来のテーブルより高さのあるテーブルは意外にも子供に好評だった。その理由とは。

それから、元のダイニング側のテーブルは、当時、高さを65センチでに作ってもらいました。そのほうが部屋が広く見えるし、床に座っている人との違和感が少ないからです。それに対して無印のテーブルは高さが72センチと普通の高さです。実際に到着して使ってみると子供は開口一番に「ちょうど良い」と言いました。実のところ、元の高さ65センチのテーブルは低くて使いにくいと思っていたそうです。




リビング学習の散らかり問題とその対策

オットは特に支障がないようです。実は、これには思い当たる理由があります。それは足の長さの違いなんです。オットと子供の身長差は約2センチで、まだオットがわずかに背が高いのです。ところが、足の長さは子供の方が圧倒的に長いのです。それが、机の使い勝手に影響していたようです。結果として偶然ですが、オットにはオットに、子供には子供に最適なサイズのテーブルとなりました。


一つの空間にダイニングテーブルが二つあるという状態は、滅多にないのかもしれませんが我が家のライフスタイルを考慮した結果、このような選択肢となりました。



基本的に、子供の持ち物は、子供部屋ですが、それでは散らかってしまいます。そこで、写真に写っているキャビネットのテーブルのすぐ隣のものを子供用にしました。それで、就寝前には必ずその中に自分のものを収納するルールを設けています。中身の4分の一は学習関連ですが、4分の3は趣味のものです。ゲームソフトとか。寝る前にリセットするルールさえ守れば扉を閉めてしまえばスッキリするので、中身の整理にまでは口を出さないことにしています。


片付けなさい。



と言う前に、子供の片付けのハードルを低くする事も大事だと思っています。さすがのずぼら息子も、テーブルのすぐ隣のキャビネットに就寝前に戻す・・ルールは現在のところ守られています。



リビング学習の机(テーブル)の配置と心理

ちなみに、「リビングで勉強したいなら、壁際にテーブルを置けば良いのでは?」と思わないでしょうか。実は少し以前に子供部屋から机をリビングのキャビネットがある箇所に置いたことがあります。結果として落ち着かなかったようで、だめでした。理由は「背後に空間があるところに背中を向けるのは本能的に落ち着かない。」ということなのだと思います。オットも「壁に向かうのは好きではない。」と言い、子供も「落ち着かない。」と言っていました。


はじめから、そのつもりであれば壁に対して横向きに机を配置する方法もありました。けれども、子供の机は幅が120センチもあるので(奥行きは45センチしかありません)どうしても無理があったという次第です。



学習に必要なテーブル(机)のサイズとは

もし、今後、お子さんの学習机をリビングに置く事を検討しているならば・・スペース、間取りにもよりますが、背後に空間があり壁に向かう配置は落ち着かないので避けた方が無難です。そうすると、おのずと机の天板のサイズも考慮が必要です。それから、以前も書きましたが、やはり今はやりの奥行きの浅い机はせいぜい大人用のパソコンデスク程度が許容範囲だと思います。奥行きが45センチでは使い勝手が良くないです。



さいごに

無印良品のダイニングテーブルを買った・・という現象だけを見ると、なんということのないことです。けれども、これが最適かどうかは各家庭によって違います。



家具を買う時に考えるべきことは


・何のために必要なのか

・代替えできるものはないか

・予算

・配置

・サイズ

・使った場合のシミュレーション

・それを使うことによって家族全員にメリットがあるか



などを色々考慮して考えて考え抜かなくてはいけないと思います。
なぜなら、家具は不要だからとすぐに処分できるものではないからです。

家族全員にとって最適な条件に合いつつも、過剰な物がない状態・・が本当の意味でのファミリーのミニマムライフだと考えます。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。