--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/17

大きい炊飯器は要らない

我が家の炊飯器は3合炊きを使い始めて1年くらいになります。3人家族ですが食べ盛りの息子がいます。それでもこの容量で十分間に合うのです。


すいはんき
(サイズ感の比較をしやすいようにボールペンを置きました。)






なぜ、小さめの炊飯器を使うのか?そのメリット
はっきり言って、3合炊きの炊飯器と5合炊きの炊飯器は、それほど価格差がなかったりします。物によっては5合炊きの法が安い物が見つかることもあります。それは、5合炊きの方が売れ筋だからでしょう。(炊飯器そのものの構造は、製造コスト的にそれほど差がないという理由もあるでしょう。)小さい炊飯器をあえて選んだのには理由があります。それは少しでも家事の手間を楽にするためです。大きいということは、場所を取るし、重さもあります。洗う面積も使う水の量も多く必要です。けれども、小さく軽い物であれば、それらが軽減すると考えたのです。実際に使ってみると予想通りでした。



ご飯は炊きたてが一番美味しいから「その都度炊く」派
それから、もう一点理由があります。第一、ご飯は炊きたてが一番美味しいのです。ですから、朝に一日分をまとめて炊くよりも、なるべく食べる直前にその都度炊く方が良いのです。となると、一日分をまとめて炊く必要がありません。となれば小さい容量でも十分間に合うと言う結論がでます。


学校があるときは、弁当を持たせています。




炊飯器を使う流れをざっくり書いてみました。


(弁当が必要な日)

・朝 2~2.5合

  子供の弁当
  3人分の朝食のごはん


・夜 2~2.5合
   3人分の夕飯

・レジャー、その他で、おにぎりを多めに作ったり、稲荷寿司、手巻き寿司の時は3合


以前は、5合炊きの炊飯器を使っていました。けれども、

・ご飯は炊きたてが一番美味しい
・冷凍して解凍したご飯は好みではない
・一回の食事で3合以上食べることはない
 (弁当が必要な日を含む)

・少量だけ炊きたいとき5合炊きでは無駄
・小さい方が扱いが楽(内釜や内蓋を洗う手間など)



ということを考えて、我が家の場合は3合炊きでも大丈夫!と判断しました。




ファミリーが3合炊きで、間に合うのか
家族の人数や、食欲によって全ても家庭が同じように出来るとは限りません。けれども、特にたくさん食べる家族がいるということがなければ、「その都度炊き派」であれば4人家族くらいまでなら3合炊きでも間に合う家庭が多いのではないかと思います。



何も考えずに大きい容量の炊飯器を選んでいないだろうか
思えば、結婚したときに結婚祝いに親類からいただいたのが5合炊きの炊飯器でした。当時は二人暮らしのスタートです。子供がいても食べる量が少ないのですから、本当は当時から3合炊きで間に合っていたはずなのでした。当時、その親類から「5合炊きが良いか、1升炊きが良いか?」と聞かれた記憶があります。考えてみれば3合炊きという選択肢もあったはずですが、当時の私はそれすら思いつきませんでした。


当初、3人家族とはいえ、「食べ盛りの息子がいるファミリー世帯で3合炊きの炊飯器だけで暮らしていけるものだろうか?」と少し不安がありました。けれども、結果として「足りない」と感じたことは今まで一度もありません。


少数派ゆえ?のデメリット

ただし、実際に3合炊きを使う際に、少しだけ妥協しなくてはいけない点があります。3合炊きの炊飯器を買うにあたり、気がついたことがあります。それは3合炊きの炊飯器に、購入当時は本格的な仕様の商品が見当たらなかったことです。そもそも、本格的な高価な炊飯器を買うつもりはなかったのですが、それにしても3合炊きはあくまで「間に合わせ」の仕様になっている物が多いと感じます。


3合炊きは単身者限定?
それは、3合炊きの炊飯器を買うのは単身者と想定されているからでしょう。けれども、単身者でも、ファミリー世帯の人でも「美味しいご飯を食べたい」と思う気持ちは同じです。ですから、3合炊きの炊飯器でも5合炊きや一升炊きと同じような整った仕様の商品が増えて欲しいと願っています。


価格上のお得感というハードル
どういう点が違うかというと、内釜に取っ手がついていないとか、内釜にごはんがくっつきにくい加工の程度とか、そういうところです。つまり、3合炊きは5合炊きに比べて割高に感じる事が多いのです。結局、5合炊きを買ってしまう人が多いのは、その点にも理由がありそうです。「本当は3合炊きでも間に合うけれど、細かい仕様を比較すると5合炊きの方が安定している」という点ですね。


結局、メリットがデメリットを上回っていた
私も、購入時はちょっと迷いました。けれども、内釜に取っ手がついていなくて、熱い炊飯器を取り出す必要があるときには鍋つかみを使えば解決することです。そんな調子で「絶対的に使いにくい」というわけでもありません。慣れてしまえばコンパクトで軽く扱いやすいので、やはりそちらの方が上回っています。

(楽天はこちら)








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。