--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/19

荷物を減らしたい日の極小財布

少しでも荷物を減らしたいときに、この極小財布を使っています。



小さいですが、必要なものは全部入ります。
サイズの比較にスイカを並べてみました。


赤い数字はカード入れの数です。


ミニ財布2


この位置は、小銭入れです。


ミニ財布4

大量に収納するのは無理ですが、そこそこ枚数が入ります。


その他の仕様はこんな風。


ミニ財布1

カードは全部で5枚収納できます。

お札も結構入ります。



この財布のデメリットがあるとすれば

・小銭が「大量には」入らない。通常の量程度は大丈夫ですが、 うっかり大量に小銭が増えてしまったときに備えて、この 財布を使うときには、ジッパー袋を持参します。こんな風に一時 的に小銭を移します。

 ミニ財布3


・お札が三つ折りになる(折り目は緩いカーブです)。

 レジに出すとき、軽くお札が丸まった感じになるので、手で広げて出しています。
 

の2点です。



財布は、何でもいろんな物を入れっぱなしにしがちです。けれども、この財布は容量が限られています。そのため、今日の行動を考えて必要な物だけを入れるようになります。



小銭がたくさん必要な場所には、予備の小銭を上記のジッパー袋に入れておきます。


似たようなサイズ感の極小財布は、ピンからキリまであります。その中で、この品を選んだポイント

・牛革なのに価格が手ごろ
・色を気に入った
・カード入れの数が十分にある
・小銭がほどほど入る
・お札がきちんと収まる


という点です。

ちなみに、レビューを読んで知ったのですが、この手の財布はブラックを持っていれば、フォーマルバッグに入れることもできるので重宝するみたいです。フォーマル用のバッグって思いの外容量が少なくて困ることがありますからね。


(この品です。現在、同じ色は販売していないみたいです。)



金運アップには「長財布」が良いらしいけど、どうなの?

少し前に「長財布ブーム」の風潮がありましたよね。いえ、実は私もその考えを取り入れてメインの財布は長財布を使っています。それ以前はずっと二つ折り財布でした。その結果、お金の出入りはどうなったか・・。私だけかもしれませんが、長財布に変えたところ、かえって支出が増えた気がしています。



理由として「お札を出しやすい。」事が挙げられると感じています。何となくスッとお札の出し入れをしやすいので、使いすぎてしまうような・・。それから、長財布は良くも悪くもお札がたくさん入ります。良い方に考えれば、「お金が入る」と思えます。でも・・


財布にお金を入れる=お金を使う準備
財布にお金を入れる行為とは、現実的には「お金を使う準備」であるわけです。ということは「たくさんお札が入る」ってことは「これからお金をたくさん使う」と同じことなんですよね。はじめから余計なお札を入れなければ良いのですが、つい、「万が一のため。」とか「念のため」のつもりで入れてしまうのです。なので、容量が多すぎる財布は、適当に何でも入れてしまいやすく、計画性がなくなりますので注意が必要だと思っています。









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。