--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/18

書類の断捨離・処分の目安。

紙物&書類の断捨離をしました。



①まず、取りかかったのは、家電のトリセツからです。





処分したもの

確認すると、トリセツのなかでも必要なページは一部だけということがあります。一枚だけ切り取って他のページは処分したり、気になる個所だけマホのスキャナーアプリでスキャンして他は処分しました。






扇風機

アイロン

電気カミソリ

処分したアイロン

自転車

掃除機

充電式掃除機

ホットカーペット

自転車の空気詰め

保証書いろいろ



残したもの



今、トリセツを見ながら使っているものは、ほとんどありません。なので、本当は「全捨て」したいのですが、勇気がありません。メーカーのHPからトリセツを見られる事が多いですが、古い、製造停止になったものが公開されていない場合がよくあるので、念のため。。でも、実際には古い家電=使い慣れている家電なのでトリセツが必要になることはまれなんですけどね


そこで、操作が複雑なものだけ、残すことにしました。




残したもの


テレビ

電話&FAX

洗濯機

エアコン

パソコン

プリンター

ステレオコンポ

空気清浄機


これらのトリセツは冊子になっています。かさばるのですが、たま~に使い方を確認するために見ることがあります。これらは保管することにしました。






②学校関連のプリント


前の学年の時のプリントを9割くらい処分しました。残したのは、日程が記されたものです。本来、過去の日程は不要ですが、たまに「あれは、いつだっけ?」ということがあります。なので念のために保管しておきました。



③生活関連のプリント


郵送されてきた書類関連


B4~A4サイズ位の茶封筒で郵送された書類が、封を切った状態で、保管してあるものが5,6点ありました。中身を確認すると、これがまあびっくり。単にパンフレットだけだったり、期限切れの書類だったり、保存の必要があるものは1割程度の「中身」だけでした。


同様に、一般封筒サイズの封筒のまま保管してあるものも10点くらいありました。これも中身を確認するとパンフレットや説明書き、定期的に郵送されるものについては毎回同じ内容の添付書類などが9割でした。保管の必要があるものもまた1割程度でした。



念のため保管してある書類


実際には必要になることはないけれど、念のため保管してあるものがありました。こういう微妙なものこそ「スマホのスキャナーアプリ」の出番です。ただし、広い画面を撮影すると、読めないので、小さい範囲でスキャンする必要がありますが・・複合機にスキャン機能もありますが、手軽で良いです。






このような調子で、ざっと書類を確認したところ、全体の2割くらい減らせたと思います。




今回は、部分的にスマホアプリで簡易的にスキャンしましたが、B5やA4のサイズ全体を納めるには一般のスキャナーの方が良いみたいです。


我が家で使っているのはこの複合機です。プリンターとして、家庭用には十分な仕上がりです。(完璧さを求めるなら別のものを・・)インクの減りがゆっくりなのでランニングコストが少なくて済むのがうれしいです。先日は喪中のはがき印刷も一気に終えることができました。


 ブラザー PRIVIO D...

 ブラザー PRIVIO D...
価格:9,980円(税込、送料別)







関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。