--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/01

布団を干すのをやめた

「干す」作業を減らすと、家事は格段にラクできます。


ベランダに布団を干すのをやめた
そもそも、ベランダの手すりって汚いですよね。そのため、以前は手すりを拭いてから干していました。手前は良いですが外側はクイックルワイパーにぞうきんをセットして拭いてました。この手間も大変ですが、途中、布団をひっくり返したり、干すために部屋から持ってきたり、取り込むのも大変。以前は苦にならなかったのですが、なんだか最近はダメです。今は全て布団乾燥機だけで乾燥しています。


洗濯物の半端な天気の日の外干しをやめた

考えてみれば、半端な天気の日でも、とりあえず外に干して、「あ~やっぱり生乾き」と取り込んで浴室乾燥機に移動して・・とせっかく干した手間も二度手間になり無駄と気づきました。


今は、当日、外で乾ききらなそうなら、外に干すのをやめました。

もともと、干す作業を洗面所付近に鴨居フック&突っ張り棒で簡易的な小さい物干しをセットしてあります。室内でセットしてから、外に持って行くのですが、半端な天気の日は、スタンバイしたら、換気扇を回し、扇風機の風を当てます。すると1時間ほどで半端な天気の日に外干ししたのと同じくらいに乾きます。その状態で浴室乾燥機で仕上げます。

このようにしたら、ベランダと洗面所と浴室を何度も行ったり来たりする手間が省けました。



外干しをしない、と急な天気の変化や、帰宅が遅くなっても気にならない

外に干したまま外出すると、急に天気が変わってあせることもあります。急に用事が出来たり、忘れて帰宅が遅くなり、しけってしまうこともあります。その点、室内干しならそういう心配も無用なのです。


虫が付く心配や、干すために出入りで虫に刺されることがない。

以前、毛布を外(ベランダ)に干していたら、変な虫がついていてギョッとしました。気づかずに取り込んでいたら・・と思うとおそろしいです。それ以来、洗濯物を取り込むときは虫がついていないか入念にチェックするようになりました。干したり取り込んだりするときにも、この夏で何度か虫に刺されました。気をつけても刺される時は刺されますね。いっそのこと、晴天の日以外は、外干ししなければ、こんなリスクも減らせます。


pm2.5、放射性物質、花粉・・鳥の糞・・ホコリ・・そもそも外干しはアリなんだろうか?
もともと、花粉症対策のため、私は2月から5月くらいの間は外干しを一切していません。それだけでなく、いろんなものが飛んでいるのではないでしょうか。今の時代、外干しってアリなのかなあ・・と疑問を抱きつつ晴天で杉花粉が飛ばない季節は外干ししています。


室内干しの頻度が増えると必然的に生地選びも重要になる
我が家は室内干しの割合が多いので、乾きやすい生地を選ぶようになりました。厚手の綿100%は御法度です。タオルは綿100%でも、薄手のものにしています。インナーは生地が薄いので綿でもOKですが、それ以外は買う時に必ず素材を確認しています。






電気代、ガス代が気になりますか?


布団乾燥機の電気代
毎日使うわけではないので、そんなに気にするほどでもないかなと思っています。



浴室乾燥機のガス代
我が家の浴室乾燥機はガスを使います。我が家の住まいは、割とガス代は安いような気がします。以前住んでいたところはガス代が高かったのです。以前の住まいより浴槽も大きく、浴室乾燥機を使っても、以前の浴室乾燥機なしだった頃より安いのです。もちろん、使いすぎを控えるために、ダイレクトに乾かさず、事前に扇風機の風で大半を乾燥させるなどして節約しています。




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。