--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/09

真夏でも肌トラブルなしだったシンプルな方法。

お金をかけず、新たに買うものも必要のない、簡単なスキンケア方法があります。以来、とっても肌の調子がよいので紹介します。



「何も付けない」のではないですよ。
以前、試したのですが私には合いませんでした。(その時期を乗り越えると・・っていう話らしいですが中止しました。)化粧水などは普通に使っています。


方法は2つのポイントがあります。

1:湯の温度を限りなく低くする
まず、一つ目はお湯の温度設定です。


身体を洗う。
顔を洗う。
髪の毛を洗う。


これらは普通、湯で洗いますよね。


入浴時には湯船にも浸かります。



このときの湯の温度が大事です。私は、いつもの温度よりかなり低くすることにしました。まず、湯船は限界がありますので真夏はいつもは38度だったところを(真夏でも毎日、湯船に浸かります。)37度にしました。


次に、シャワーの温度です。身体を洗うときの温度です。これも自分が可能な限り低い温度に設定しました。レバーで微調整しますので、「冷たい」と感じず、「温かい、ちょうどよい」よりも低い温度まで下げます。このように、限りなく低い温度設定で身体を洗い、髪の毛を洗い、顔を洗います。



2:石けん(ボディシャンプー)を毎日使わない。
これは、時折芸能人の方が実行している話を聞くことがあります。常在菌を生かすということらしいです。あまり深く考えず「要は洗いすぎると潤いがなくなるので肌のバリヤがなくなるんだろうな。」ということなんでしょうね。毎日、石けんで洗うのをやめて、3日に一回~5日に一回だけ石けんで洗います。(私は、夜の入浴の他に、朝も真冬でも「朝シャワー」も浴びています。)石けんを使い場合はボディタオルを使わずに手で洗います。湯の温度を低くすることによって、洗浄力がマイルドになります。




ボディ用に唯一使っているローション
ちなみに、シャワーと入浴のあとに、朝晩2回、汗をかきやすいところ、つまり肌トラブルかおきやすいところにこれを塗ります。身体のスキンケアは、これだけです。もとは、肌が弱い子供用でした。今は、子供は成長でトラブらなくなり、私だけ使っています。



(リンク先は楽天)
薬用 桃の葉ローション★税抜1900円以上で送料無料★薬用 桃の葉ローション(180mL) 【HLS_DU】 /



ニオイや汚れは全く気にならない。
石けんを使い頻度を減らし、湯の温度を下げることでニオイや汚れは?と、気になると思います。これは、全く問題なしです。むしろ、肌トラブルが今年の夏は全くありませんでした。


こんな感じで一夏経過しました。結果、いつもの年は夏は肌が敏感になり、ときには皮膚科のお世話になっていました。けれども、今年はほとんどトラブルなしだったのです。


嬉しいおまけ
こんな感じで無事に暑い夏を乗り越えたのですが、嬉しいおまけがありました。ガス使用量のお知らせが入っていました。なんと、もしかして今の住まいに来ての最低金額!でした。もちろん、ガスはシャワーだけではありませんが、湯の温度設定を低くしたことが要因の可能性は大きいと思います。



入浴の時間が減った
毎日、石けんを使わないことで入浴の時間も減りました。もともと、「清潔にしないとイヤだけど、長湯は苦手」な私にはぴったりのようです。その代わり、相変わらず、朝もシャワーを浴びています。




肌を良い状態に保つのにお金も手間もいらない
肌を良い状態にするには、特別な方法は要らないのだと実感しました。今、やっている方法を、ちょっと変えてみるだけで好転するものですね。湯の温度設定などは、つい盲点になります。いつも「当たり前にやっていること」に注目するのは良い方法のようです。


最後に注意点

この方法は、全ての方に合うというわけではないと思います。私の場合は、肌が乾燥しやすい性質なのだと思います。そのため、「洗いすぎない」方法が効果が高いのだと思われます。違う肌質のかたには合わないことも考えられますので、十分、吟味して下さい。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。