--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/20

カップ一杯のお湯を沸かすのに便利なもの。

ぬいぐるみのツリー




コーヒーを飲むために、一人分や二人分の少量の沸かしたてのお湯が欲しいときがあります。その時にお湯を沸かすのは、この小さいミルクパンです。





コーヒーと砂糖


コーヒー用には、先が細いもので注ぐのが本来の方法ですが、我が家ではレギュラーもインスタントも、このミルクパンでお湯を注ぎます。






一応、保温ポットに沸かしたお湯をスタンバイさせていますが、タイミングによってはぬるくなっていたり量が足りない時があります。そんな場面で、少しのお湯を手早く沸かすのには小さいミルクパンが最高です。


やかんと違い、フタがないので、サッと水を入れてサッと火にかけられます。フタがなくお湯が沸く様子が目に見えるのでタイミングもはかりやすいです。ひとり分のお湯なら、水を入れて火にかけて、その辺のシンク周りなどをササッと拭いたりしているうちに、あっという間に沸騰します。(ただし、ガスの五徳に対して小さめなので、傾かないように注意が若干必要です。)


最近は、「カップ一杯のお湯が○○秒で沸く」といううたい文句の電気ポットが人気のようですが、一人分のお湯ならば、先ほどの話のように小さめのミルクパンなどで沸かしても同じくらいだと思います。電気ポットはコードがあるし、フタの開け閉めが必要です。さらに、手入れも、ミルクパンのようにササ~ッと洗う・・というわけにはいかないのではないでしょうか。



このミルクパンは、基本的にお湯を沸かす専用にしているので、手入れもラクです。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。