--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/12/21

デジタルスケール(はかり)の買い替えで省スペース化。

家にあるものを少しずつ、段階的に小型&軽量化しています旧ブログ記事でも話題にしました。その少し後には、ル・クルーゼの鍋を同等サイズの無印の鍋に換えた話も書きました。



次の見直しは、キッチンスケールです。省スペースを目的に買い替えをしました。



これまで使っていたのは、大きめのレトロな「はかり」です。10年くらい使いました。以前、レトロなものが好きな時期があり中古で買ったものです。



はかり2



以前のものは収納場所から取り出すには下の方を両手でもって出し入れしなくてはなりませんでした。


また、結構かさばるので困るなあと思うようになっていました。


さっそく、新しい方を収納場所にしまいましたが、これはかなりの省スペースになります。



立ててもOKなので、どんな場所にも隙間にしまうことができます。




これまでの「はかり」とは、サイズだけではなく、使い勝手も全然違います。今更ですが、文明の進化を実感します。昭和から一気に平成25年にタイムスリップしたみたいな気分です。



裏面はフックにかけられるようになっています。



はかり1
(写真は横向きです。縦長につるす仕様です。)



まず、器の重さをボタンひとつでゼロにできるし、これまでは目盛りを目視していたので、誤差がかなりありました。なので、レシピ通りに作ってもお菓子などより正確さが必要なものは、その時で仕上がりが微妙に違っていました。思えば、正確に分量を量っていなかったことが原因だったのでしょう。でも、何年も使っているので気が付かないんですよね。



思えば、よくぞこれまで、こんなにアナログな「はかり」で通してきたなあと、あきれるような・・。きっと、多くの方にとっては全然珍しくないと思いますが私にとっては「すごい。」「便利。」と今更ながらびっくり、喜んで使い始めました。




私は近くの店から1200円くらいで買いましたがネット通販では、もっと安く買えるみたいです。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。