--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/26

ミニマムな化粧ポーチはコレ!


化粧ポーチって、重いです。かさばります。なので、メインの化粧ポーチはこれです。

ぽーち2

結局、こういうのが軽くてかさばらず、どこに何が入っているか一目瞭然。ジッパー付きタイプだとフットワークも良いです。もちろん、オフィスにお勤めの方が他の女性同僚の前でこれをポーチにしたら引かれる事でしょう。私もそういう状況であれば使いませんよ。

この手のポーチ(?)が威力を発揮するのはアウトドアに出かけたときです。少しでも荷物を軽くするためには色々使ってみましたが、こういうのが一番良いです。薬、虫除けスプレーなど用途別に分類するのにも便利。お菓子(行動食)を事前にパッケージから全部出してこの中に入れておきます。するとゴミも出ませんし、必要な時にすぐ食べられます。


せーりよーひんは「見えたら困るのでは?」と思われたと思います。持参の必要があるときにはさすがに中身が見えない薄手の軽いポーチに入れていきます。



以前は、こういうのを使っていました。

ぽーち3

これも中身が見えます。けれどもわずかの差に思えるかも知れませんが、次第にこれすら余分な重量だと思うようになりました。さらに「かさばる」とも。たいした違いがないと思うかも知れませんが、やっぱり違うんです。ましてや普通の化粧ポーチは普通は中身が見えませんし、重いしかさばります。軽いものもあるのでしょうが、ジッパー袋に比べるとやっぱり重いです。中身が見えないとどこに何が入っているか忘れて慌てます。いつも同じ物を入れておけばと思うかも知れませんが、行き先によって持ち物を変える習慣があるのでやっぱり不便です。




上記のポーチなどが不足したときはコレを使います。

ぽーち1



最後に
一番良いのはポーチそのものを使わないことです。けれども、やっぱりそれでは使いにくいんですよね。そこでいろいろ試した結果、今回の記事のように落ち着きました。化粧品は「ちょっとそこまで」の外出の場合は持っていかないこともあります。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。