--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/09

クローゼットを開いてテンション上がるために一番簡単な事。


やっぱり、クローゼットの中も、物が少なくてスッキリしているのが一番テンションあがります。


先日、衣類の整理をしていましがた、とりあえず捨てる物はないし、決して数が多くないのにどうもスッキリ見えないのでした。そこで、試行錯誤の上に出た最善の結論は、「秋冬に喜んで着たいと思わない服を別にする」ことでした。


具体的には、クローゼットにハンガーにかけてある服は、「ないと困る」服のみにしました。服って微妙な物で、本当は夏物なんだけど、組み合わせによってはオールシーズン着られる服っていうのがありますよね。たとえば薄手のトップスは下に長袖のカットソーを組み合わせれば秋冬にも着られます。どういう微妙な服は思いきって春夏物と一緒にたたんでしまってしまいました。

我が家の場合、シーズンオフ衣類は100均の大きめレジャーバッグに入れています。だいたい一人分に付き一個くらいになります。これを押し入れの天袋に収納しています。レジャーバッグを使うメリットはプラスチックのように不要になっても粗大ゴミにならず、軽いことです。プラの衣装ケースを天袋にしまうのは、ちょっと大変ですがレジャーバッグなら何とか入れられます。(ただし、上に積むことはできませんので、物の量が少なくなってからでないと逆に収納しにくくなるので注意)

「やっぱり着たい」と思えば捨てたわけではないので、ここから取り出せばOKです。


そのようにして「正直に」今のシーズンに必要な服だけを残したらクローゼットの中がスッキリしました。処分を迷っている服も、同じようにとりあえず別にしまってみると良いです。一定期間、なくても困らなかったのであれば処分する決心もつきます。


実は、一時、クローゼットの整理に「やっぱり無印のプラケースでも買ってしまおうかな」と何度もシミュレーションしてみたのです。けれども、「絶対にこの場所(クローゼット)に収納するしかないもの」を別にしたら、残ったものはわずかでした。結果としてやっぱり新たにプラケースを買う必要などなかったのです。ただし、クローゼット上の棚については、「やっぱり買った方がいいかな」と検討しているものもあります。


とにかくは、こんな風にして整理し直したところ、クローゼットの下に置いてあるものはわずかになり、ほとんど8割の床が見える状態になりました。クローゼット上の棚も整理前より2割程度置いてあるモノを減らすことが出来ました。



(リンク先楽天)
大きい荷物を持ち運べます♪レジャーバッグ チェック柄




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。