--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/28

冷え性だけど、冬専用あったか服は買わない。その理由。




寒くなりました。ユ○クロの広告や通販カタログには「あたたかい」「裏ボア」「裏フリース」などの文字が躍っています。確かに暖かいのでしょうが、私はこのように冬専用の暖かくて裏地がぷっくりしているような服は基本的に買いません。


理由その1
着膨れする。

服を着て太って見えるなんて損です。「それより防寒でしょ!」と思うかも知れませんが、防寒は分厚い服を着なくてもできます。それは後ほど。


理由その2
そのうち暖かくなると汗をかく。温度調整できない。


朝夕は冷えているのでちょうど良くても、日中は暖かくなったり、動いているうちに暑くなることがあります。暖かい程度なら良いですが、そのうち汗をかきます。汗は冬には禁物です。室内ならセーフですが外の場合、汗をかくと急に身体が冷えます。ニオイも気になるので良いことがひとつもありません。過剰な保温衣類は不要ではじめは「少し寒いかな?」くらいがちょうど良いと思います。



理由その3
寒さに弱い身体になる。
一度アップした生活レベルを下げられないように、一度暖かい服に身体が慣れてしまうと、常にその暖かさでないと耐えられない身体になってしまいます。ますます厚着になります。



でも、寒いんだけど、どうすればいいのよ!

その日、どんな風に過ごすかで変わってきますが・・・



要は

ボトムスの温度調節は服で行わず

①80デニールのレギンス


②ホッカイロ



で、調整します。


ちなみに80デニールのレギンスとは、少し透け感があるかな~位のタイツくらいの厚みです。ストッキング程度では心許ないし、それより厚いと重ね履きに違和感が出ます。80デニールくらいが一番ちょうど良いみたいです。それからタイツではなくレギンスを選ぶのも理由があります。タイツは足先が蒸れるからです。足が出ているレギンスタイプがよいですね。



80デニールのレギンスってタイツ程度の厚みしかありません。でも、保温力はあなどれませんよ。暖かすぎない適度な保温力です。下手に裏ボアとか裏フリースで着ぶくれするより手軽だし服を増やさずに済むしお勧めです。






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。