--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/29

厚手のコートは要らない。寒い日はこうする。


厚手のコートは必要ありません。もちろん、住んでいる地域が極寒地の場合、当てはまらないこともあると思います。私が住む地域では、本当に寒い日は限られています。一応、ダウン、カシミヤのコートなどを持っています。実際はカシミヤは冠婚葬祭用の保管してあるだけですし、ダウンはショートはアウトドアのみ。ロングはあまり着ないけれどアウトドア用にショートでは対応できない時のために保管してあります。


私の秋冬の基本アウターはコットンとポリエステル混のステンカラーコートです。目が詰まっているので風を通しませんし、コットン100%ではないのでシワになりにくく、雨の日にも対応できています。


このコートには、もともとダウンのライナーが付いていました。が、使うことはないので処分して今はありません。寒い日にはカーディガンをインにします。


最近、ユニクロでコートにイン出来るタイプのより薄手のダウンが販売されています。あれすら必要ありません。カーディガンは普通の丈でも良いし、ロングカーディガンを着ても良いです。ロングカーデであれば腰の冷えも予防できます。


私は、とにかくコートのライナー(とファーも)が苦手です。他にも昨年、ユニクロから買ったモッズコートも分厚いモコモコのライナーとフードのフワフワのファーは外して捨てました。おかげで、着ぶくれせず、スッキリ着られる、軽いし、かさばりません。温度調節は重ね着で調整できますので全く問題ありません。


あとは手袋とストールかマフラーで首周りを保温することです。




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。