2014/12/19

節約するよりトクすること。


平凡な日常生活の中でも割と簡単にワクワクしたり、トクするためのコツがあります。


「な~んだ。」


と言われるのを覚悟ですが、「早く起きること」です。



平日の起床時間は、だいたい5時です。弁当と朝食を作り真冬でも朝シャン&シャワーを浴びます。スッキリしたところで着替えて6時くらい。再び台所に戻り、家族が起き出すので朝食を出します。ただ、これだとたいして「自分の時間」はありません。


そこで休日は4時半くらいに起きるとかなり違います。「今日は、ゆっくりしたい。」と思うときには4時半に起きると朝に30分のゆとりと自分の時間ができます。普段、土曜日はオットは休みですが子供は学校です。子供を送り出した直後に軽くウォーキングにでると気分爽快です。夏であれば日の出が早いので日の出と共にウォーキングをしてから弁当と朝食作りをすることができます。今は日の出の時間が遅いので、子供が家を出た直後くらいがちょうど良いようです。


真冬の朝はとても寒いですが、その代わり空気が澄んでいてとてもすがすがしいのです。一日のスタートがすがすがしいと、その日一日気分良く過ごせます。


ここ数年というもの、朝は休日でも暗いうちに起きるのが習慣になっています。朝の雰囲気が好きなのです。夜遅く起きているよりも朝早い時間に過ごす方が好きです。


日常生活では、ワクワクするためにお金をかけたり、わざわざどこかに出かけたりしなくてはと思いがちです。でも朝、起きる時間を早くするとか、たった、そんなことで簡単にワクワクを生み出すことができます。


関連記事