--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/18

鍋、フライパンの持ち数と内訳

鍋、フライパンの現在の持ち数です。



フライパン 直径30センチ

フライパン 直径24センチ


フライパン 卵焼き器普通サイズ

フライパン 卵焼き器ミニサイズ


フライパン 楕円型 溝あり


ホーロー両手鍋大 8L

ホーロー両手鍋中  


ホーロー片手鍋  中サイズ

ホーロー片手鍋  小サイズ

ステンレス片手鍋 4L


やかん 



数だけを見ると全部で11個もあります。
決して少ないとは言えませんね。

多いかもと思います。





これまで、何とか減らせないかと時々検討をしてきましたが
今のところ、どうしてもこれ以上減らすことができません。


それぞれ、必要なものです。
ただし、普通サイズとミニサイズサイズの両方あるものもあります。
卵焼き器、フライパンなどです。

これらは、一見、どちらかを減らせそうに思えますが・・
どうしても減らせません。

たとえば家族3人分の目玉焼きを焼くには小さい方のフライパンで済みます。
けれども、焼きそばをいためるとなると小さいフライパンでは無理です。
かといって、大は小を兼ねるとして、大きい方を残すと、目玉焼きを焼くのにも
いちいち大きいフライパンを出さなくてはいけなくなります。

ダブっている物は全てが同じような理由です。



最近は、子供が食べる量が多いので、ギョーザ、焼きそばなどは
大きい方でもサイズが足りません。

そういうときは大小2つを使います。焼きそばでは大で麺をいためて
小で野菜と肉をいためる。・・そんな使い方もするので2つ必要です。


ただし、改めて書きだしてみると
一応それなりに用途に応じたものが
ほぼ大小2個ずつという法則に乗っているようです。





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。