--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/21

ブログのおかげです!

最近、ブログから得た情報が実際に役に立つ事が多くあります。




よく「ブログの情報はあてにならない。」って言われています。でも、私はそうは思いません。確かに、中にはそういうものもありますが、それはどの世界にも言えることです。人と同じでいろいろです。





匿名か本名かはそれほど関係ありません。ブログは他の記事や全体の画面の作り等をざっと見れば、だいたいその方の人柄やどういう目的でそのブログが作られているのか見当くらいは尽きますよね。





私の場合、いつも更新記事を確認してまで読んでいるブログは、そんなに多くありません。だいたい多い時で10、少ない時で5くらいです。





ブログが、雑誌やテレビ広告等の情報と違うのは、「この人が勧めているのなら間違いないだろう。」という「信頼」です。





特に、今、一番気に入って必ず読ませていただいているブログで紹介されていた物を真似して買ってきて試したら、長年の悩みが改善したんです。本当に嬉しくて。





また、あるときはこんなこともありました。これは常時チェックしていたブログではありませんでした。たまたまブログ村の、あるカテゴリに並ぶ記事タイトルを眺めていたんです。そこで教育関連の情報を発見し、気になったので開いて読んでみたのです。





すると「え?知らなかった。そうなの?これ、今気付かなかったら困ってたよ。助かった!」なことが書いてありました。念のため、関連の正規の情報を確認すると、やはり書いてあることはその通りでした。





そして、何気なく書いてある方のハンドルネームを見ると、見おぼえがありました。以前、定期的に読ませていただいている方が書いている別カテゴリーのブログだったのです。「あ!この人か!」と。





やはりピンとくるブログは、星の数ほどあるブログでも、何か引き寄せられるような縁があるのだなあと痛感しました。その話をオットに話すと「所詮ブログの情報」な言い方をします。





その教育関連の話をしたら「そんなことあるかなあ~、適当に書いてんじゃないの?」な風に言うのです。そこで、情報の大元のHPを開き間違いがないことを見せるとようやく納得していました。





本来、こうした情報は自分から取り寄せるのが基本です。けれども、気付かないこともあるんです。なので、感性、年代、子供の年齢などでピンとくる方のブログを読ませていただくことは大変参考になって即、役に立っています。





「こんなこと、今更書くまでもないよね。みんな知って居るよね。」と思っていても私は知らない事がたくさんあります。なので、そういう話も多くのブロガーさんにどんどん書いていただきたいです。





たまにすでに知っているような内容があっても、人によって微妙に使い方、とらえ方の違いがあります。全く同じということはありません。なので本当に日常の些細なことほど有意義なものであることが多いと思っています。





ブログは、個人の生の感性が反映された情報です。これほど楽しい物はないなあと思います^^







関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。