--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/23

酸素系漂白剤で、洗濯槽を洗う

常備している酸素系漂白剤で洗濯槽の手入れをしました。






使用中1、ストック1で常備している粉末の酸素系漂白剤で簡単に手入れできます。

せんたくそう1


家族の最後の人がお風呂からあがったら(お湯を捨てないでねと声をかけておきます。)バケツで洗濯槽に、残り湯を入れます。入浴直後なので、お湯の温度は40度くらいです。本当は50~60度が良いらしいですふが、我が家ではいつも、風呂の残り湯を使っています。


せんたくそう2




洗濯槽いっぱいに、お湯を注いだら、この酸素系漂白剤を一袋~8割入れます。この製品は一袋750グラムです。このパッケージ裏には300~600グラムとありますので、半分以上であれば、よいみたいです。ただし、以前読んだ赤星たみこさんの本だったかな?には一袋を書いてありました。私も以前は一袋を使っていましたが、冬なので少なめでも良いと思い、今回は一袋の7割位を使いました。



3分ほど洗いモードで撹拌し、そのまま一晩放置します。汚れがどのくらい出るかヒヤヒヤしましたが、今回は思ったよりひどくありませんでした。と言っても、少し汚れのカビのようなものは浮いていました。後は、これを水がきれいになるまですすぎをして完了です。


写真は、一晩おいてから1分ほど撹拌した後の状態です。



この後、もう一度3分ほど撹拌したら、透明に少し色がついたくらいの色だった水がグレーになりました。でも、止めると水の色はそれほどでもないような。


2回流水すすぎで流した後、洗濯槽の底に少しカビ汚れのはがれたものが残っていました。これをティッシュで拭きとってから、もう一度流水すすぎをして終了にしました。


今回は、それほどひどくなかったのですが、やはり、たまに手入れをしないと多少汚れているようです。







関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。