--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/27

冬用のフリースパジャマがいらなくなった理由

衣類が増える原因の一つに、四季があります。温度や湿度の変化が激しいので衣類も種類が増えやすいのです。私の場合、元々、相当な寒がりで冷え症です。そのため、真冬にはフリースのパジャマ以外考えられないと思ってきました。



今シーズンも、昨年持っていたフリースのパジャマを処分したあとでした。今シーズンには新しく買うつもりだったのです。




ところが、ユニクロに買いに行くもデザイン、形でどうしても妥協できず、さんざん迷った挙句何も買わずに帰りました。とりあえず、春秋用のコットンのパジャマを着ることにしました。



寒い時にはフリースを羽織ります。布団に入るとズボンの裾がまくりあがり、足首が冷えるので3COINSから315円のレッグウォーマーを買って間に合わせました。



ところがです。



冬もまっただ中の現在、その春秋用のコットンのパジャマで十分過ごすことができています。もちろん、布団に入る時にはフリースはぬぎます。パジャマだけです。(レッグウォーマーはつけたまま)



もう一つ付け加えるとすれば、インナーは無印のぬくもりインナーを着ていることくらいですが、それで寒いと感じることはありません。



これまで何年もの間、冬にはフリースのパジャマでなければ寒くて耐えられないと思いこんできました。体質が少し変化したのか、それとも、もともとコットンのパジャマで十分だったのか・・無印のぬくもりインナーが温かいからか・・理由はよくわかりませんが、とにかく冬用として春秋物と別のパジャマを用意しなくても支障がなかったということです。





意外と、思いこみで余分に持っている服ってあるものだなあと痛感しました。これからは、フリースのパジャマを買わなくても良さそうです。




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。